役員退職慰労金

Pocket

役員退職慰労金とは、取締役や監査役へ退任時に支払われる退職慰労金のことを指す。

支給の可否、支給方法、支給金額などは株主総会で決議される決まりとなっている。しかし、実際には株主総会において取締役会に一任する旨の決議が行われることが多い。

税法における処理では、役員退職慰労金のうち、適正な額が支給されているものは損金へ算入することができる。適正かどうかの判断基準として、功績倍率方式などがある。

功績倍率方式による計算方法は、以下の式であらわすことができる。

退職金=最終報酬月額×勤続年数×功績倍率

一方で、役員退職慰労金を会計処理において負債として計上する場合には、退職給付引当金にはせず、役員退職慰労引当金等の勘定科目として処理する必要がある。

なお、従業員に対する退職一時金と同様に、所得税などの課税対象となる。

【関連用語】
退職一時金
勘定科目



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。