1. マネーフォワード クラウド
  2. クラウド会計ソフト
  3. 会計の基礎知識

会計の基礎知識

会計業務における最新情報と基礎知識が分かる

カテゴリ別記事

業務効率化

「マネーフォワード クラウド会計」が会計業務の効率化について説明します。基礎知識から知らないと損する情報まで信頼できる情報をお届けします。

記事一覧へ

経理業務

「マネーフォワード クラウド会計」が経理業務について説明します。基礎知識から知らないと損する情報まで信頼できる情報をお届けします。

記事一覧へ

財務管理

「マネーフォワード クラウド会計」が財務管理について説明します。基礎知識から知らないと損する情報まで信頼できる情報をお届けします。

記事一覧へ

会計業務の流れ

新着記事

飲食業の会計・経理業務とは?

飲食業の会計・経理業務とは?

経理業務
飲食業の会計は、レジで現金を預かる形式のほか電子マネーなど複数の決済方法があり、複雑になりがちです。しかし会計を適切に仕訳して分析することで、経理を経営判断に活かせます。 この記事では飲食業界の抱える課題や売上の計上タイミング、決算などにおける経理上の注意点に…
教育・学習支援業の会計・経理業務とは?

教育・学習支援業の会計・経理業務とは?

経理業務
学習塾などの教育・学習支援事業においては、質の高い教育サービスの提供と経営の両立が必要不可欠です。そのためにも、講師などを雇う人件費などの原価と、その原資となる月謝などのバランスを上手に取り、効率的な会計管理で経営を安定させる必要があります。 そこでこの記事で…
製造業の会計・経理業務とは?

製造業の会計・経理業務とは?

経理業務
製造業とは、モノを製造し卸売を行う業務全体を指す言葉です。製造業の経理を初めて担当する場合、製造業ならではの考え方や仕組みがあり、戸惑っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、製造業の定義、製造業の経理業務で押さえておきたいポイントをご紹介します。 …
建設業の経理にはクラウド会計ソフトがおすすめ!機能から選び方まで徹底解説!

建設業の経理にはクラウド会計ソフトがおすすめ!機能から選び方まで徹底解説!

経理業務
建設業は、商品やサービスを提供する一般的な業種と異なり、特殊な受注形態を持っています。そのため、会計処理にも特殊な処理や判断が求められ、複数の工事を請け負っているとさらに処理が煩雑になってしまいます。複雑な処理に時間がかかりやすいからこそ、建設業の経理にはクラ…
会計ソフトで領収書を電子保存するメリットとやり方

会計ソフトで領収書を電子保存するメリットとやり方

業務効率化
領収書を整理してファイルに綴じる紙ベースでの保存を行っている法人、あるいは個人事業主も多いかと思います。紙ベースでの保存は原則的な方法ではありますが、必要な領収書を取り出す際、保管する際に少々不便です。 特に個人においては、青色申告特別控除の額が令和2年分の申…
会計ソフトのセキュリティが心配…安全性を徹底解説!

会計ソフトのセキュリティが心配…安全性を徹底解説!

業務効率化
ほとんどの企業では、利便性の高さなどから会計ソフトを導入していることと思います。これまでは、パソコンにインストールして使用するインストール型、あるいは表計算ソフト(Excel)を使った会計管理が主流でした。しかし、クラウド型に移行する企業も増えています。インス…
クラウド型会計ソフトは安いのか? 年間費用をシミュレーション

クラウド型会計ソフトは安いのか? 年間費用をシミュレーション

業務効率化
確定申告にて「税理士には頼んだ方がいいの?」「会計ソフトは必要?」といった疑問がある方に向けて、「なるべくコスパの良い方法」を解説していきます。 結論から言うと、かかる時間も考慮してコスパが良いのは、クラウド型会計ソフトを使う方法です。その理由について、税理士…
美容室の会計業務を解説!おすすめの会計ソフトは?

美容室の会計業務を解説!おすすめの会計ソフトは?

経理業務
「本業が忙しく会計業務に時間をかけたくない」「毎月の仕訳入力が面倒くさい」という方向けに、この記事はクラウド型会計ソフトで会計業務を効率化するための方法を解説しています。 結論からお伝えすると、クラウド型会計ソフトの自動連携機能でほとんどの仕訳入力が無くなる可…
税理士とのやりとりを効率化!クラウド型会計ソフトでスッキリ解決

税理士とのやりとりを効率化!クラウド型会計ソフトでスッキリ解決

業務効率化
この記事では、顧問税理士とのやりとりを少しでも効率化したい、面倒なやりとりを無くしたいという方に向けて、現状の問題点とクラウド型会計ソフトで解消できることを説明していきます。 インストール型会計ソフトや表計算ソフトを使っている方は、ぜひ検討してみてはいかがでし…
不動産業の会計・経理業務

不動産業の会計・経理業務

経理業務
不動産の経理業務は、言葉にすると非常にハードルが高そうに思えます。賃料はまだ良いとしても敷金や礼金、滞納や前納の仕訳のタイミング、さらには消費税が課税されるかどうかの基準など、分からないことが多数あるでしょう。 今回は不動産業の経理業務を担当することになった方…
小売業の会計・経理業務

小売業の会計・経理業務

経理業務
小売業の経理は、店舗によって決算における棚卸処理や仕訳などが異なります。また、契約によっても売上額や費用への計上時期が異なり、簿記を理解していても経理方法に戸惑う場合が少なくありません。 この記事では、小売業の概要や売上時期の考え方、決算棚卸処理方法などを小売…
情報通信業の会計・経理業務

情報通信業の会計・経理業務

経理業務
初めて情報通信業の経理を担当する方の中には、「簿記の基本は理解しているが、情報通信業の経理はよくわからない」という方もいるでしょう。 しかし、簿記の基本に立ち返り、自社の人や物の流れに沿って正しいタイミングで仕訳を行えば問題ありません。 そこで、この記事では情…
会計ソフトを導入すれば、税理士は不要になる?

会計ソフトを導入すれば、税理士は不要になる?

業務効率化
この記事では「確定申告が不安で税理士に依頼するかどうか悩んでいる方」、「税理士費用が高いと感じている方」に向け、会計ソフトを使えば税理士は不要になるかどうかを説明していきます。 帳簿から申告までの業務 日本国内で事業を行っている個人事業主または法人であれば、簿…
クラウド型の会計ソフトで利用すべき機能とは?

クラウド型の会計ソフトで利用すべき機能とは?

業務効率化
この記事は会計ソフトについて、メリット・デメリットを比較しながら会計ソフトの基本から効率的な使い方を説明しています。 自分に合った使い方を見つけて経理にかかる時間を削減しましょう。 そもそも会計ソフトとは? 会計ソフトとは、仕訳から決算書作成を行うソフトウェア…
簿記知識がなくても大丈夫?会計ソフトで作業効率アップするコツ

簿記知識がなくても大丈夫?会計ソフトで作業効率アップするコツ

業務効率化
会計業務というのは、面倒で時間もかかるものです。ずっと手書きの帳簿やExcelの帳簿をつけている方は、「会計ソフトを導入した方が時間を節約できるのではないか?」と考えることも多いのではないでしょうか? 本記事では、会計ソフトを導入するなら知っておきたい最低限の…
会計ソフトは毎年バージョンアップが必要?クラウド型とインストール型を解説!

会計ソフトは毎年バージョンアップが必要?クラウド型とインストール型を解説!

業務効率化
会計ソフトは、仕訳データを入力することで帳簿類など、必要な書類の多くを自動で作成してくれるので便利です。企業や個人事業主で、会計ソフトを利用されている方も多いでしょう。 それでは、導入後、必要なメンテナンスはできているでしょうか?バージョンアップの案内が来たに…
まだエクセルを使って会計業務?会計ソフトで簡単に経理業務を終わらせよう

まだエクセルを使って会計業務?会計ソフトで簡単に経理業務を終わらせよう

業務効率化
マイクロソフト社のエクセル(Excel)は、表計算ソフトのスタンダードとしてすっかりおなじみです。会計帳簿にもエクセルを使っているという方も少なくないと思います。 エクセルは便利なソフトではありますが、日々の会計業務をこなしていて、使いにくいと思ったり、リスク…
クラウド化とは?経理担当が知っておくべき基礎知識

クラウド化とは?経理担当が知っておくべき基礎知識

業務効率化
経理業務はクラウド会計化がすすみ、今までの入力作業から自動記帳された仕訳の確認作業にシフトしつつあります。日本の各省庁も同様で、今後はあらゆる業務のクラウド化が予測されます。しかし、なかには大切な情報をインターネット上で取り扱うことに抵抗がある方もいるでしょう…
会計・経理担当者の勉強法とスキルアップ

会計・経理担当者の勉強法とスキルアップ

業務効率化
経理担当者に必要とされるスキルは種々存在します。そして、日々の業務の効率化やキャリアアップを目指すのであれば、スキルアップは必須と言えるでしょう。そこで今回は、経理担当者に必要なスキルとともに、日常業務と資格取得2つの視点からスキルアップの手法について解説いた…
一人で決算を行うための基礎知識と注意点

一人で決算を行うための基礎知識と注意点

財務管理
小さな企業に経理担当として勤めている場合、一人で決算を行うこともあるでしょう。小規模とはいえ企業であり、法人であるため、確実に決算を進めなくてはなりません。しかし、決算を初めて行う場合、どうしてよいか見当が付かないこともあるでしょう。今回は、一人で法人決算を行…
はじめての会計ソフト!初心者でも分かる手順を紹介

はじめての会計ソフト!初心者でも分かる手順を紹介

業務効率化
法人はもちろん、個人で事業を営む場合も、所得税等の申告(確定申告)や融資を受けるために、事業で発生した収支の内訳等といった、財務状況を明らかにしておく必要があります。最終的に作成するのは貸借対照表や損益計算書といった財務諸表ですが、すべてを紙ベースで作成しよう…
会計ソフトの補助科目設定で経理作業がもっと便利に!

会計ソフトの補助科目設定で経理作業がもっと便利に!

業務効率化
使用している会計ソフトで、「もっと細かな項目で集計できたらいいのに」と感じたことはありませんか。勘定科目は業種間比較などである程度固定していた方が便利ですが、勘定科目を変更する以外にも方法があります。それは、補助科目の追加です。この記事では、補助科目の概要と利…
会計ソフトの乗り換えはいつがベスト?

会計ソフトの乗り換えはいつがベスト?

業務効率化
使用している会計ソフトの使用感、機能に限界を感じ、会計ソフトを乗り換えたいと感じている個人事業主、また経理担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。乗り換えの壁となるのが、互換性などの問題が残る他社ソフトへの乗り換えかと思います。この記事では、会計ソフトの…
個人事業主も会計ソフトが必要?事業規模・場合別の選び方

個人事業主も会計ソフトが必要?事業規模・場合別の選び方

業務効率化
個人事業主は、確定申告の会計業務で必ずしも会計ソフトを必要としません。しかし、昨今では個人事業主でも会計ソフトを使って会計帳簿を作る方が増えています。 そこで、この記事では個人事業主に会計ソフトが必要なケースと必要ではないケースについて解説。また、個人事業主向…
ビジネスに合った会計ソフトを探そう!会計ソフトの種類と比較方法

ビジネスに合った会計ソフトを探そう!会計ソフトの種類と比較方法

業務効率化
新たに会計システムの導入を検討する際は、会計ソフトに求める具体的な機能を絞り込み、規模に合ったソフトウェアの候補から自社に合ったものを選定します。会計ソフトに求められる機能は、個人事業主と法人、中小企業と大企業とで異なります。この記事では会計ソフトの比較方法や…
会計とファイナンスの違い

会計とファイナンスの違い

財務管理
「会計」と「ファイナンス」は会社経営を行う上で極めて重要な要素ですが、両者の違いを明確にわかっていない人も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では会計とファイナンスの違いについて詳しく解説。加えて、会社の経営を左右するファイナンスで重要なポイントについ…
株主の帳簿閲覧は可能?会計帳簿閲覧謄写請求権

株主の帳簿閲覧は可能?会計帳簿閲覧謄写請求権

財務管理
会計帳簿は経営状況を把握したり経営戦略を検討したりする際に活用され、会社にとって非常に重要な書類です。しかし、一定の条件を満たした株主は、会社のオーナーとして会社に会計帳簿の閲覧や謄写(コピー)を求めることができます。この記事では株主の会計帳簿閲覧謄写請求権の…
エクセルでの会計管理 予実管理表を作る!

エクセルでの会計管理 予実管理表を作る!

財務管理
予実管理は、企業が経営上の課題を早めに発見・対策するために重要な仕事です。今回は、予実管理の意義、エクセルでの予実管理表作成方法を紹介し、実際にデータを活かす業務改善手法についても解説します。ぜひ本記事の内容を活用して、予実管理を始めてみましょう。 予実管理表…
勘定残高の確認方法と決算締めの流れ

勘定残高の確認方法と決算締めの流れ

経理業務
期末になると資産の棚卸が必要だといわれますが、棚卸の方法は複数あり、どのように評価するのが適当なのかよくわからない場合も多いでしょう。 この記事では勘定残高の締め処理が必要となる背景や具体的な勘定残高の評価方法などについてご紹介します。締め処理の全体像や各残高…
決算修正のやり方と注意点

決算修正のやり方と注意点

経理業務
当年度の決算書を作成する際、すでに確定している過年度の決算書に誤りが見つかる場合があります。この記事では、決算修正の具体的なやり方と、決算修正の結果によって生じる可能性のある税務上の問題点と対処方法について解説します。過年度の決算書に誤りを見つけお困りの方は、…
支払調書とは?支払調書の目的と記載内容

支払調書とは?支払調書の目的と記載内容

経理業務
年末になると企業では支払調書を作成します。支払調書の作成手順自体はそれほど難しいものではありませんが、なぜ年末の繁忙期にこの調書を提出する必要があるのかわからない方も多いでしょう。 この記事では支払調書の概要、記載項目や計算方法についてご紹介します。支払調書の…
ステークホルダーにとっての決算書

ステークホルダーにとっての決算書

財務管理
決算書にはステークホルダー(利害関係者)と自社との関係がよく表れています。そのため、取引の状況と紐づけて考えることでステークホルダーとの関係強化を図ることが将来の利益につながるかもしれません。この記事では、決算書をステークホルダーへの働きかけの強力なツールとし…
複式簿記を成り立ちから理解しよう

複式簿記を成り立ちから理解しよう

経理業務
簿記の技術は何世紀にもわたって世界中で普及してきました。 一見すると複雑なようにも思えるこの技術が会計に役立つのはなぜなのでしょうか。 この記事では複式簿記と単式簿記の違いをはじめ、簿記の歴史、そして複式簿記と会計との関係について解説します。財務諸表の全体像を…
管理会計における意思決定プロセス

管理会計における意思決定プロセス

財務管理
経営上の意思決定採決を進めるには、管理会計によって作成されたデータが必要です。管理会計のデータに基づく意思決定は、根拠が明確なため結果分析も容易です。 本記事では、意思決定のプロセスについて詳しく解説し、そのプロセスにおいて、管理会計がどのように関わるのかを説…
連結損益計算書の作り方

連結損益計算書の作り方

経理業務
グループ企業全体の経営状況を知るためには連結損益計算書が必要です。 しかし個別の損益計算書なら作成できたとしても、連結損益計算書となると記載方法がわかりにくいという人も多いのではないでしょうか? この記事では日々の連結取引が管理できるよう、連結損益計算書の概要…
中小企業における経理の流れと業務の効率化

中小企業における経理の流れと業務の効率化

業務効率化
中小企業の経理業務は、人手不足の場合が少なくありません。 クラウド会計や経理代行は解決手段のひとつですが、自社の業務にマッチしているかどうかを検証せずいきなり導入すると、問題が起こるリスクがあります。 本記事では、中小企業の経理の流れと業務の効率化、中小企業の…
「ROE」「ROA」からわかる決算書の読み方と分析方法

「ROE」「ROA」からわかる決算書の読み方と分析方法

財務管理
ROEとROAは、企業の投資効率を示す経営指標の一種です。これらの経営指標は、自社の収益性分析を行うためには欠かせません。 今回は、ROEとROAの概念と計算方法について説明した後、収益性分析に必要な他の重要指標の計算方法や他社情報の入手方法などについて解説し…
会計業務におけるエクセルの位置づけ

会計業務におけるエクセルの位置づけ

経理業務
エクセルは非常に操作しやすい表計算ソフトであるため、会計業務に最適だと思う経理担当者も多いでしょう。しかし、真にエクセルの良さを活かすためには、実はエクセルが高いリスクを持つソフトであることも理解する必要があります。 そこで今回は、会計業務にエクセルを使う時の…
現金主義と発生主義の違いを理解しよう

現金主義と発生主義の違いを理解しよう

財務管理
企業の基本的な会計ルールである企業会計原則には、「すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上し、その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない」と示されており、大原則として適正な期間損益計算が求められます。そのために理解しておきた…
摘要欄の有効利用と科目登録のすすめ

摘要欄の有効利用と科目登録のすすめ

経理業務
新しいIT関連サービスの利用料など、これまでにない経費を会計仕訳する際、勘定科目の選択に迷うことはありませんか? 今回は、通信費を例として取り上げ、今までになかった支出があったときの勘定科目の考え方を解説します。必要に応じて補助科目を新規追加するなど、仕訳のし…
電子的に保存する「電子帳簿保存法」と「e-文書法」とは?

電子的に保存する「電子帳簿保存法」と「e-文書法」とは?

経理業務
経理担当として扱う書類は非常に多く、管理の仕方について不安に感じる方も多いでしょう。電子帳簿保存法やe-文書法により一部の文書は電子的に保存することも可能で、紙保管に比べると簡便に取り扱えます。この記事では法人税法や消費税法において保存が義務付けられている帳簿…
資金繰り表は必要?資金ショートを未然に防ごう

資金繰り表は必要?資金ショートを未然に防ごう

財務管理
事業の売上があっても手持ちの資金がなくなると倒産リスクが一気に高まります。資金ショートを未然に防ぐ手法として、資金繰り表で現預金を管理すると便利です。この記事では資金繰り表が果たす役割やキャッシュフロー計算書との違い、資金繰り表の具体的な活用法について解説しま…
貸借対照表の書き方を具体例とともに解説

貸借対照表の書き方を具体例とともに解説

経理業務
会社は確定申告の際に「貸借対照表」を税務署に提出します。 この「貸借対照表」にはその時点での会社の財政状態が表されており、記載事項には会社の純資産(資本)、そして、それを導き出すための資産や負債などがあります。一見すると、書き方が分からない人には煩雑に思えます…
キャッシュフロー計算書は、直説法と間接法どちらが良いか?

キャッシュフロー計算書は、直説法と間接法どちらが良いか?

経理業務
会社の財務において重要な「資金の流れ」のことを「キャッシュフロー」といいます。そのキャッシュフローを把握することが、健全な会社経営には欠かせません。そこで必要になるのが「キャッシュフロー計算書」です。 キャッシュフロー計算書の営業活動によるキャッシュフローの表…
減価償却を正しく理解するための3つのポイント

減価償却を正しく理解するための3つのポイント

経理業務
企業経営者の方や個人事業主の方が、会計処理をする際に大切となることのひとつに減価償却があります。減価償却に関して、ルールが多く、理解するのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか? 今回は、減価償却を正しく理解するために重要となるポイントを3つに絞って解説…
減価償却費の計算方法と償却方法の選び方

減価償却費の計算方法と償却方法の選び方

経理業務
法人税を計算する場合、「減価償却費」は「支出」、つまり損金となります。そのため、減価償却の仕組みを理解してうまく利用することにより、節税につなげることができます。 ここでは、定率法や定額法などの償却方法や、節税できる償却方法の選び方、償却資産の耐用年数を考慮し…
現金出納帳の書き方の基礎知識

現金出納帳の書き方の基礎知識

経理業務
現金出納帳は、現金取引の収入と支出の金額とその内容を記録するものです。事業上、現金の管理において、重要な帳簿になります。今回は現金出納帳の書き方について解説していきます。 現金出納帳とは 現金出納帳は、帳簿の分類では補助簿に該当します。補助簿とは、仕訳帳や総勘…
出納簿ってどんなもの?帳簿の役割と書き方まとめ

出納簿ってどんなもの?帳簿の役割と書き方まとめ

経理業務
出納簿とは事業活動で発生した取引について、勘定科目ごとに記録した帳簿のことです。科目ごとに帳簿が異なり、「現金出納帳」「預金出納帳」「売掛帳」「買掛帳」などがあります。 それぞれの帳簿の役割と書き方をご説明しましょう。 帳簿の重要性 たくさんの帳簿記入は、慣れ…
会計ソフトの導入はどう決める?自社に最適な決め方とは

会計ソフトの導入はどう決める?自社に最適な決め方とは

業務効率化
初めて会計ソフトを導入する場合や、今まで使用していた会計ソフトを更改したい場合、どの会計ソフトを選べばいいのかについて悩んでいませんか? パッケージ製品やクラウドサービスなど選択肢が多く、どれが自社に向いているのかを検討する必要があります。本記事では、会計ソフ…
法定調書とは?知っておきたい法定調書の基礎知識

法定調書とは?知っておきたい法定調書の基礎知識

経理業務
「法定調書」と聞いてどのようなものをイメージするでしょうか。 法律に定められた書面だということは言葉からわかると思いますが、どのような書面なのかといわれるとピンとこない方も多いはず。 しかし、実は意外と目にしている書類です。今回は、法定調書とは何かについて解説…
貸借対照表でよく使われる勘定科目まとめ

貸借対照表でよく使われる勘定科目まとめ

経理業務
貸借対照表は財務三表の一つで、決済日現在の自社の財産や負債が分かる表です。その基本的な構造は、以下の3部で成り立っています。 資産の部:決算日現在の財産 負債の部:決算日現在の負債 純資産の部:決算日現在の資産と負債の差額(正味財産) 本記事では上記の3部ごと…
総勘定元帳を正しく理解していますか?理解しておきたい総勘定元帳の基礎と作り方

総勘定元帳を正しく理解していますか?理解しておきたい総勘定元帳の基礎と作り方

経理業務
仕訳帳とならんで主要簿である総勘定元帳とは、すべての取引を勘定科目ごとに記録するための帳簿です。 総勘定元帳とは何のためにあるのか、勘定ごとに記帳することで何がわかるのかなどを明らかにした上で、仕訳帳から転記して、総勘定元帳を作成する手順について説明します。 …
法人の決算準備のためにしておくべきことまとめ

法人の決算準備のためにしておくべきことまとめ

経理業務
年度末が近づいてくると、やはり気になる決算処理。ただでさえ忙しい年度末に、決算手続きをして確定申告に納税…と毎年頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。 法人決算のために準備しておくべきことについて、今回は会計処理的側面を中心にまとめてご説明します。 そ…
決算月はいつにする?決算月の決め方とポイント

決算月はいつにする?決算月の決め方とポイント

経理業務
日本では決算月を3月と定めている会社が多いですが、これは国や市区町村の会計年度が4月から3月までであることにならったものです。会社の決算月について、何月にしなければならないという決まりがあるわけではありません。 決算月は、会社の実情に応じて無理のないように決め…
財務分析に必要な3つの指標とそれぞれの計算方法

財務分析に必要な3つの指標とそれぞれの計算方法

財務管理
財務分析とは、経営者や投資家、取引先などが、企業の現状と問題点を把握し、それに基づき意思決定をするために、財務諸表を分析、比較、解釈することを言います。財務諸表分析と呼ばれることもあります。 財務分析は以下の4つの目的によって分類されるのが一般的です。 ・収益…
決算報告書の書き方をわかりやすく解説

決算報告書の書き方をわかりやすく解説

経理業務
1年間の事業年度が終わると決算を行います。決算の結果は決算報告書にまとめますが、決算報告書は用途に応じてさまざまな種類があります。 ここでは、中小企業が決算報告書を作成するとき、どのようなものを作成すればよいかをご紹介します。 決算報告書の種類はさまざま 決算…
貸借対照表と損益計算書の関係まとめ

貸借対照表と損益計算書の関係まとめ

経理業務
貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)は 、期末決算において作成を求められる決算書です。B/Sはストック情報、P/Lはフロー情報を示します。両者は完全に独立したものではなく一定の関連性があり、双方を正しく作成することで財務分析の精度も向上します。 本記事で…
財務分析のやり方を4つの手法で解説

財務分析のやり方を4つの手法で解説

財務管理
決算とは、その1年間の会社の業績を計算し決算書などの書類を作成することです。この決算書を使って、自社の財務分析を行うと、より正確に自社の経営成績について把握することができます。 社長自身が財務分析を行い、数字を把握することはとても大切なことです。そこで、今回は…
損益分岐点の分析と管理会計

損益分岐点の分析と管理会計

財務管理
損益分岐点は、数ある財務分析の中でも基本的な指標の1つです。経済活動を行う上で、損益分岐点の考え方を知り、損益分岐点を分析する力を付けることは非常に重要です。 今回は、損益分岐点の基本的な考え方から、実際に分析する方法と得られる情報について解説します。さらに、…
経理マンの業務効率化〜ミスをしない・させないための「失敗学会」のアプローチ

経理マンの業務効率化〜ミスをしない・させないための「失敗学会」のアプローチ

業務効率化
言うまでもなく、経理マンの仕事にとって「ミス」は大敵です。 自分のミスはもちろん、例えば経費精算の書類を上げてくる人たちのミスも、あなたの時間を奪う要素になり得ます。その対策として編集部が注目したのは、アカデミックなアプローチ。『失敗学』で高名な畑村洋太郎氏と…
損益計算書(P/L)を分かりやすく解説

損益計算書(P/L)を分かりやすく解説

財務管理
損益計算書(P/L)は、1年間の経営成績を示す決算書であり、構成要素を財務分析に利用するなど、経営戦略を立てる上で重要な書類です。損益計算書は、会社の経営状況を把握する決算書の中でも、一定期間における会社の収益を把握するためには欠かせません。本記事では、損益計…
経理の仕事内容とは?経理業務のスケジュールまとめ

経理の仕事内容とは?経理業務のスケジュールまとめ

経理業務
会社の中には営業部、総務部、法務部、経理部、人事部といった部署がありますが、みなさんはどの部署に属していますか? 中には人事部と総務部が合体していたり、総務部と経理部が合体していたりする会社もあるかと思います。 しかし、そのように経理部と他の部をひとくくりにし…
予実管理の目的と経営改善のための流れ

予実管理の目的と経営改善のための流れ

財務管理
企業経営にぜひ役立てたいプロセスの一つに予実管理があげられます。 予実管理とは、あらかじめ設定した業績の予測と実際の業績を比べて原因を分析し、改善につなげるプロセスです。予実管理を今後の経営改善に役立てる意識が大切です。 予実管理はなぜ必要か 大企業であれば予…
キャッシュフロー計算書の分析方法

キャッシュフロー計算書の分析方法

財務管理
手元にキャッシュがなければ黒字でも倒産する可能性があるため、会社にとってキャッシュの状況を把握することは非常に重要です。この記事ではキャッシュフロー計算書の概念や見方、キャッシュフローの分析方法についてわかりやすくご紹介します。適切なキャッシュフロー計算書の活…
キャッシュフローとは? 財務三表それぞれの役割

キャッシュフローとは? 財務三表それぞれの役割

財務管理
企業にとって資金の状況を把握するのは非常に重要です。適切に資金の状況が把握できていなければ、場合によっては経営が困難になる可能性もあります。 この記事では、資金状況の把握に役立つキャッシュフローの概要をはじめキャッシュフロー経営の目的、実施のポイントについて解…
仕訳帳の書き方の基礎知識

仕訳帳の書き方の基礎知識

経理業務
複式簿記を利用する場合、取引の正確な記録として、まず「仕訳」を行い、仕訳帳に記載していきます。 ここでは、勘定科目を使う仕訳とはどのようにして行うか、そして、それぞれの勘定科目が他の財務諸表上で分類されるどのグループに属するのか(例えば「資産」や「収益」など)…
複式簿記の書き方を正しく理解していますか?複式簿記の基礎知識と書き方まとめ

複式簿記の書き方を正しく理解していますか?複式簿記の基礎知識と書き方まとめ

経理業務
複式簿記の書き方、ご存知ですか? 個人事業主はもちろん、たとえ小規模にしても経営者であれば、また、社会人であれば、複式簿記の書き方の基本は知っておきたいものです。 ここでは、複式簿記の大原則と書き方について、最小限の基本をわかりやすく説明します。 複式簿記の「…
財務会計と管理会計の違い、ちゃんと説明できますか?基礎から学ぶ企業会計

財務会計と管理会計の違い、ちゃんと説明できますか?基礎から学ぶ企業会計

財務管理
企業が決算報告を行ったというニュースを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。その決算報告は、普段から企業が行っている会計活動(企業会計)をもとにして行われています。企業会計は、目的に応じて、財務会計と管理会計という2つにわかれるということをご存知でしょ…
経営には避けられない会計帳簿!経営初心者必見の基本知識

経営には避けられない会計帳簿!経営初心者必見の基本知識

経理業務
会計帳簿は決算書作成の基礎になる! 経営者であればご存知かもしれませんが、会社経営にはたくさんの義務やルールがあります。日本国内で会社を経営するからには、会社法の規定をしっかりと守らなければいけません。 そんなルールのひとつが、「会計帳簿」の記帳です。「会計帳…
簿記の基本をおさえよう!複式簿記と単式簿記の違い

簿記の基本をおさえよう!複式簿記と単式簿記の違い

経理業務
今回は簿記について説明します。簿記には「単式簿記」と「複式簿記」があります。 会計や簿記は難しいところもありますが、知っておくと業績を把握する力や決算書を読み取る力が上がります。ぜひ、これを機に正しい知識を身に付けましょう。 会計と簿記の違い 「会計」という言…
損益分岐点とは?具体例でわかる計算方法

損益分岐点とは?具体例でわかる計算方法

財務管理
経営をするうえで、利益を出すためにはたくさん販売することが基本になりますが、どれくらい販売すれば黒字になるのか、その数値目標を持つことはとても重要なことです。今回は、黒字化のために達成すべき売上高である損益分岐点と、それを求める算式などについて解説していきます…
経営の必須科目「資金繰り」の考え方と改善方法

経営の必須科目「資金繰り」の考え方と改善方法

財務管理
経営にかかわる数字のうち、経営者はどうしても売上高や利益に目が向きますが、資金繰りに目を向けることも重要です。資金繰りがおろそかになると、利益は出ているのに資金が不足して、事業の存続が危ぶまれることもあります。 これから、なぜ利益は出ているのに資金が足りなくな…
予算管理の基本的なやり方とポイントを解説

予算管理の基本的なやり方とポイントを解説

財務管理
「経営管理」は経営資源の調達及び再配分を適正化するために必要な手法です。この経営管理の1つが「予算管理」です。 これを活用すれば予算を通じて組織を観察し、どのような対策を講じれば良いかを考えることで、組織の課題を浮き彫りすることができます。 ここでは予算管理の…
帳簿の種類とそのつけ方

帳簿の種類とそのつけ方

経理業務
帳簿には、主要簿と補助簿という区分があります。ここでは、それぞれの主な帳簿の紹介と、記入のポイントについて解説します。 主要簿と補助簿について 帳簿とは、取引の内容を記録するためのものです。その帳簿は、主要簿と補助簿とに区分されます。主要簿とは、どの会社におい…
試算表の種類と作成方法

試算表の種類と作成方法

経理業務
仕訳や転記などの間違いを見つけるのに役立つのが試算表です。3種類ある試算表について、それぞれの作成方法やメリットを解説します。 試算表とは 試算表は総勘定元帳から数字を転記して作るもので、仕訳や転記、計算上のミスなどがないかを確かめるために使われます。試算表に…
消耗品費と雑費はどうやって仕訳する?

消耗品費と雑費はどうやって仕訳する?

経理業務
消耗品費と雑費の違いについてご存知でしょうか。 消耗品費と雑費は使い分けを迷う方が多い科目です。 それぞれの科目の特徴、実務上の注意点をお伝えします。 消耗品費として経理処理する場合 消耗品費は文字通り様々な消耗性の費用の総称になります。 その厳密な定義は税法…
税効果会計のための法定実効税率の計算方法

税効果会計のための法定実効税率の計算方法

経理業務
税効果会計とは、会計上の費用・収益と税務上の費用(借金)・収益(益金)の額に相違がある場合に、法人税やその他の所得にかかる税金(法人住民税、所得を課税標準とする法人事業税および地方法人特別税)を期間配分することにより、税引前当期純利益と法人税等の税金費用を合理…
国際会計基準の概要と導入のメリット・デメリット

国際会計基準の概要と導入のメリット・デメリット

経理業務
現在、EU(欧州連合)では、連結財務諸表におけるIFRS(International Financial Reporting Standards)の適用を上場企業に義務付けています。また、EU域内ではなくても、EU企業と取引をするかぎりはIFRSやこれに類する…
損益分岐点の分析と管理会計

損益分岐点の分析と管理会計

財務管理
損益分岐点は、数ある財務分析の中でも基本的な指標の1つです。経済活動を行う上で、損益分岐点の考え方を知り、損益分岐点を分析する力を付けることは非常に重要です。 今回は、損益分岐点の基本的な考え方から、実際に分析する方法と得られる情報について解説します。さらに、…