「4月5月6月の給料で税金が決まる」は間違い!社会保険料と標準報酬月額を正しく理解

「4月5月6月の給料で税金が決まる」は間違い!社会保険料と標準報酬月額を正しく理解

先日電車に乗っていたら、会社の先輩後輩らしき二人組の会話が聞こえてきました。 先輩「私、5月にいっぱい残業したんだけど、このままじゃ多分今年の税金が高くなっちゃうんだ〜」 後輩「え…
社会保険に加入できる人が増える!平成28年10月施行の制度改正内容を解説

社会保険に加入できる人が増える!平成28年10月施行の制度改正内容を解説

平成28年10月に改正社会保険制度が施行され、加入対象者が拡大されます。ここではこの改正によってどのような基準で加入対象者が拡大されるのか、その目的は何なのかについて解説します。 …
社会保険には加入義務がある!手続き書類の書き方を解説

社会保険には加入義務がある!手続き書類の書き方を解説

社会保険は事業所に勤めている人たちが安心して働くために全国健康保険協会(協会けんぽ)や日本年金機構が整備している保険です。 保険料の一部は事業所が負担しなければならないため、経営者…
企業年金制度は3種類!それぞれの特徴を解説

企業年金制度は3種類!それぞれの特徴を解説

企業年金制度は、年金制度の一つです。年金制度は大きく1階部分の「基礎年金」、2階部分の「被用者年金」、そして3階部分の「企業年金」に分けられます。 さらに、企業年金には「厚生年金基…
介護保険サービスを受けるための手続き

介護保険サービスを受けるための手続き

介護保険は、要介護状態になった場合に介護サービスを受けることができる制度ですが、被保険者になる年齢は第1号被保険者と第2号被保険者では異なります。 今回は、介護保険サービスを受ける…
介護保険の要介護認定

介護保険の要介護認定

介護保険のサービスを受けるには「要介護認定」を受け「要介護」又は「要支援」の判定をもらう必要があります。 要介護認定とは、介護保険サービスの利用希望者に対して「どのような介護が、ど…
介護保険における予防給付とは

介護保険における予防給付とは

介護保険では、介護給付のほかに「要支援」認定を受けた方に対して予防給付を行います。介護給付は日常生活に必要な介護を行いますが、予防給付は、要支援者が日常生活をできるだけ自力で行うよ…
介護保険サービスの医療費控除について

介護保険サービスの医療費控除について

介護保険サービスを利用した場合、一定の居宅でのサービスまたは施設サービスを受けたことによって支払った自己負担額、交通費、おむつ代については、確定申告の際に所得税の医療費控除を受ける…
介護保険における特定疾病とは

介護保険における特定疾病とは

介護保険のサービスは主に、65歳以上のお年寄り(第1号被保険者)が利用しており、65歳未満の人が病気やケガなどの理由で介護が必要となった場合には、障がい者福祉制度が適用されています…
介護保険の利用限度額と負担軽減措置

介護保険の利用限度額と負担軽減措置

介護サービスを利用した時の介護保険の自己負担額(注1)は、原則として1割(注2)となりますが、居宅サービスについては要介護度に応じた「支給限度基準額」が定められており、居宅サービス…
介護保険制度の概要

介護保険制度の概要

日本では急速な高齢化が進み、「介護保険制度」への関心が高まりつつあります。 総務省統計局の資料によれば、2017年9月15日時点で、65歳以上と定義される高齢者の人口は3,514万…
厚生年金保険の加入条件

厚生年金保険の加入条件

厚生年金保険は、年金額が国民年金に上乗せされ、保険料も労使折半で支払うため、労働者にとって魅力的な年金制度ですが、アルバイトやパートでも加入できるのでしょうか。 加入条件にはどのよ…
厚生年金保険料の計算方法

厚生年金保険料の計算方法

所得税や雇用保険料ほか、給料からはさまざまな税金や保険料が天引きされていることと思います。 そのなかのひとつ、厚生年金保険料の計算方法をご存じですか? 保険料は、毎月の給料とボーナ…
65歳以上の従業員の社会保険手続き

65歳以上の従業員の社会保険手続き

昨今の高年齢者の増加に伴い、60歳を過ぎた方々が就業を続けるケースが増えてきました。 これは、社会保険の「高年齢者雇用安定法の改正」や「厚生年金の受給開始年齢の65歳への段階的引上…
2カ所以上の会社で雇用されるようになった場合の社会保険の取り扱いについて

2カ所以上の会社で雇用されるようになった場合の社会保険の取り扱いについて

一般に、会社勤めの方は勤め先の会社(適用事業所)で社会保険に加入します(※1)。 社会保険には「健康保険」(※2)と「厚生年金保険」があり、従業員のみならず会社の社長や役員の方でも…
社会保険と雇用の延長による在職老齢年金

社会保険と雇用の延長による在職老齢年金

年金制度は、国民が老後を迎えたとき、病気や怪我、家族が亡くなった場合などの生活保障のためにつくられています。 一般的には働いている間に社会保険に加入し、退職後、年金を受け取るという…
社会保険料(国民年金保険料)の免除制度とは

社会保険料(国民年金保険料)の免除制度とは

国民年金保険料は、世代・所得問わず定額です。 しかし、国民年金保険料の納付義務期間に職を失った場合や給料をカットされた場合など、保険料を納めることが厳しくなった場合に備え、「免除制…
労働保険と社会保険の違い

労働保険と社会保険の違い

社会保険とは、国民が生活するうえで直面するさまざまなリスクに備えて事前に保険に加入し、いざというときに生活を保障する制度です。 社会保険には労働者災害補償保険(労災保険)、雇用保険…
転職する従業員の社会保険手続き

転職する従業員の社会保険手続き

従業員が転職をするときの社会保険手続きは、現在勤めている会社での社会保険喪失手続き後、転職先の会社での取得手続きの順で行われます。 転職者から回収する書類 転職のために現在の会社を…
社会保険の算定基礎届とは

社会保険の算定基礎届とは

社会保険料は、会社と従業員である被保険者が必要な金額を折半して負担します。 そして、被保険者が負担する保険料は、毎月支払われる給与や賞与などの報酬に比例した金額です。 しかし、実際…