人事労務の基礎知識

給与計算の方法や社会保険、健康保険、雇用保険等の各種保険、年末調整について説明します。

新着記事

# 人事管理

お詫び状とは?テンプレートを基に書き方や例文、メール・電話のコツを紹介

お詫び状とは、ビジネスシーンでお客様や取引先に不快な思いをさせたり不手際があったりした際に、謝罪の気持ちを伝える書状です。お詫び状を送付する機会が少ない方は、送るタイミングや送り方、記載すべき内容や書き方がわからず苦慮することも多いかもしれ…

詳しくみる
# 人事管理

注意書き・注意事項の書き方は?テンプレートを基に例文、違反時の対応を紹介

注意書きや注意事項を書く場合は、具体的かつ明確に書くことが重要です。例えば、商品の取扱説明書などには、利用にあたっての注意事項を明示する必要があります。注意喚起が足りずにトラブルが発生した場合は、法的責任を負う恐れもあるため注意しましょう。…

詳しくみる
# 人事管理

不採用通知の書き方、郵送・メール電話のコツや例文を紹介(テンプレート付き)

不採用通知は、採用を見送ったことを伝えるものです。不採用通知の連絡方法は、メールや電話、書類の郵送といったものが挙げられます。応募者は、連絡が遅いと「返信はいつ来るのか」と心理的負担にもつながるため、誠意を持った対応が必要です。 本記事では…

詳しくみる
# 人事管理

勤労証明書(在職・在籍証明書)とは?書き方や発行手順・記載項目を解説!

勤労証明書とは、会社に在籍していることや、在籍していたことを証明するための書類のことです。在籍証明書や就業証明書、雇用証明書など、さまざまな名称で呼ばれています。本記事では、勤労証明書の概要や必要となるケース、記載項目や作成時の注意点などを…

詳しくみる
# 人事管理

インナーブランディングとは?進め方や社内に浸透させるコツ、成功事例を解説

インナーブランディングとは、企業理念やビジョン、価値観などを社内で共有する取り組みです。企業が内側から行う変革であり、一貫性のあるアウターブランディングを行うためにも大切な施策といえるでしょう。 本記事では、インナーブランディングの概要や実…

詳しくみる
# 給与計算

【2024年6月開始】定額減税とは?給与計算の方法と具体例をわかりやすく解説(令和6年6月開始)

政府の経済政策の一環として、定額減税が導入されることになりました。この制度は、従業員の税負担を軽減し、経済活性化を図るための取り組みです。給与計算の現場では、この定額減税の適用に際し、さまざまな対応が求められることになります。 本稿では、定…

詳しくみる
# 社会保険業務

アルバイトも雇用保険に加入する?学生は?条件と手続き、未加入の罰則を解説

失業手当や育児休業に伴う給付等が受けられる雇用保険には、加入条件を満たす場合はアルバイトであっても加入させなければなりません。雇用保険の加入条件は労働者の種類に関わらず同じであるためです。 この記事で解説する雇用保険の加入条件、加入手続き等…

詳しくみる
# 人事管理

目標管理とは?目標管理シートの無料テンプレートを基に例文、書き方を解説

目標管理とは、社員それぞれが設定した目標について、目標達成までのプロセスや達成度について分析や管理をすることです。企業が目標管理を導入して社員一人ひとりが目標達成のために努力をすることで、企業の目標達成につながっていきます。本記事では、目標…

詳しくみる
# 人事管理

再雇用制度とは?導入メリットや定年後の契約の流れ、注意点や助成金を解説!

働き手の確保が企業にとって大きな課題となっています。そこで注目されているのが「再雇用制度」です。定年後も引き続き優秀な人材を活用できるだけでなく、技術やノウハウの継承にも役立つ制度です。 この記事では、導入メリットから運用上の注意点、関連す…

詳しくみる
# 人事管理

異文化コミュニケーションとは?企業における課題や成功のポイントを解説!

グローバル化が進展する中、企業においても異文化コミュニケーションの重要性が高まっています。しかし、異文化コミュニケーションには多くの課題があり、ステレオタイプや偏見から生まれる誤解や軋轢が避けられません。そこで本記事では、異文化コミュニケー…

詳しくみる
# 人事管理

マネジメント経験とは?求められる基準や役職経験がない場合のアピール方法を解説!

企業が求める人材の中で、マネジメント能力は重要な要素の一つです。しかし、「マネジメント経験」という言葉の意味は必ずしも明確ではありません。単に管理職を経験したことだけでなく、プロジェクトの統括や部下の育成なども含まれます。本記事では、マネジ…

詳しくみる
# 人事管理

ペーシングとは?効果やラポール形成、実践するときのポイントなどを解説!

ペーシングは相手とペースを合わせてコミュニケーションを取るスキルです。これにより相手の警戒心を解き、安心感や親近感を与えることができ、良好な人間関係を保つラポール形成に役立ちます。仕草・表情、声、言葉において、バックトラッキングやミラーリン…

詳しくみる
# 人事管理

キャリア教育とは?定義や背景、習得できる能力、具体的な施策について解説!

キャリア教育は子供や若者の成長過程で行われる、キャリア形成にまつわる教育です。人間関係形成・社会形成能力、自己理解・自己管理能力、課題対応能力、キャリアプランニング能力が習得できます。技術発展・グローバル化・多様化・長寿命化を背景に注目され…

詳しくみる
# 人事管理

オーナーシップとは? 意味や従業員が持つメリット、リーダーシップとの違いを解説

オーナーシップとは、仕事に対して当事者意識を持ち、主体的に​​取り組む姿勢やマインドのことです。従業員がオーナーシップを持つことで組織の力を強化し、生産性向上や会社の成長につながります。 本記事では、オーナーシップの意味や求められている理由…

詳しくみる
# 人事管理

譴責(けん責)とは?懲戒処分の意味や流れ、通知書のテンプレートを紹介!

譴責(けん責)とは懲戒処分の一つで、比較的軽い処分にあたります。この記事では譴責の定義、譴責以外の懲戒処分の種類、譴責処分の流れや注意点等について解説します。比較的軽い譴責処分についても処分の無効を争う訴訟が提起されています。実際に処分を行…

詳しくみる
# 人事管理

アルムナイとは?採用で注目される背景やメリット・デメリット、事例を解説!

アルムナイとは退職した人材の集まりのことで、外資系企業では以前から導入されていました。最近では、労働市場の流動化や少子高齢化に伴う人材確保の難しさなどから注目されています。 この記事ではアルムナイ導入のメリット、デメリットや、アルムナイ採用…

詳しくみる
# 人事管理

管理監督者とは?労働基準法における定義やトラブル、取り扱いについて解説!

管理監督者とは、監督、管理の地位にあって経営者と一体的な立場にある労働者のことをいいます。また、管理監督者は、労働基準法で定義された労働時間や休日などが適用対象外であることが特徴です。本記事では、管理監督者の労働基準法における定義、トラブル…

詳しくみる
# 人事管理

募集要項とは?書き方や注意点、必要項目が記載されたテンプレートを紹介!

募集要項とは、応募条件、給与、勤務時間といった求人票に掲載する情報のことです。必ず記載しなければならない項目や、禁止されている表現もあるため注意しましょう。この記事では、募集要項の概要や記載事項、ポイント、注意点について解説しています。ダウ…

詳しくみる
# 人事管理

ジェンダーフリーとは?ジェンダーレスとの違いや行き過ぎなどの課題を解説!

ここ数年、「ジェンダーフリー」という言葉をメディアで見聞きする機会が増えてきました。では、改めて「ジェンダーフリー」とは何かと聞かれると、即答できない方が多いのではないでしょうか。欧米では、すでに社会的に認知され、企業においても「ジェンダー…

詳しくみる
# 人事管理

ピーターの法則とは?創造的無能、組織への影響や回避方法をわかりやすく解説!

ピーターの法則とは、人材は昇進を重ねることで無能化し、最終的には組織全体が無能な集団になるという法則です。無能化が起こる原因には、降格のない昇進・昇格制度があげられます。 今回はピーターの法則の意味や生じる理由、組織への影響などをわかりやす…

詳しくみる
# 人事管理

ハッカソンとは?意味や目的、アイデアソンとの違い、イベント事例などを解説!

ハッカソンとは、エンジニアやデザイナーがチームを組み、制限時間内にアプリケーションなどを開発し、成果を競うイベントです。アメリカで発祥したハッカソンは、その後日本にも広がり、現在ではさまざまな目的の多様なハッカソンが開かれています。本記事で…

詳しくみる
# 勤怠管理

リモートワークとは?テレワークとの違いやメリット、導入のポイントを紹介

リモートワークは、会社に通勤することなく、自宅やサテライトオフィスなど、会社以外の場所で働くことです。コロナ禍の影響によって、リモートワークを導入する会社が急激に増えました。本記事では、リモートワークとテレワークの違いやリモートワークのメリ…

詳しくみる
# 社会保険業務

自己都合退職で失業保険はもらえる?いつから、いくらもらえるかを解説

自己都合退職でも失業保険を受給できます。自己都合退職は会社都合退職に比べて、最終的に受け取れる金額の総額や、必要な雇用保険加入期間(被保険者期間)などの点で差がある点が特長です。そのため、退職を検討している方は、自己都合退職のデメリットや失…

詳しくみる
# 人事管理

ファーストペンギンとは?メリット・デメリットやセカンドペンギンとの違い

ファーストペンギンとは、リスクを恐れず果敢に行動する人や企業に対する呼称で、ビジネスシーンでは、「先行者利益」の意味で用いられることも多いです。魚を捕るために最初に海に飛び込むペンギンが由来で、ドラマでの台詞がきっかけで広がりました。ファー…

詳しくみる
# 人事管理

キャリアカウンセラーとは?仕事内容や資格、キャリアコンサルタントとの違い

キャリアカウンセラーとは、相談者のスキルや知識、興味などのさまざまな特性から、最適なキャリアを目指すヒントを探し、キャリアデザインを支援する専門家です。この記事では、キャリアカウンセラーの役割や仕事内容、活躍の場、年収、必要な資格やスキルに…

詳しくみる
# 人事管理

プレイングマネージャーとは?管理職とどう違う?メリット・デメリットを解説

プレイングマネージャーとは、プレイヤーとして現場の業務を行うとともに、チームのマネジメント業務を行う人のことです。最近は人材不足の影響で、企業において重宝される傾向にあります。 この記事ではプレイングマネージャーの意味、求められる役割やスキ…

詳しくみる
# 人事管理

タレントマネジメントとは?導入のメリットや方法、システム利用について解説!

タレントマネジメントとは、社員が持つ個々の経歴やスキル、経験などを一元管理し、人材戦略に活用する手法をいいます。 個々の社員の情報をシステムなどを用いて可視化することができれば、採用、人材育成計画の作成、配属などに役立てることが可能です。こ…

詳しくみる
# 人事管理

非言語コミュニケーションとは?メリットデメリットやビジネスの活用例を解説

ビジネスでは、言語によるコミュニケーションが重要であることは、今さら言うまでもありません。しかし、身振り手振り、表情、姿勢、そして環境などの非言語コミュニケーションも、それ以上に大きな影響力があることを知っておく必要があります。 この記事で…

詳しくみる
# 社会保険業務

借り上げ社宅制度とは?社有社宅との違いや税制面のメリット、家賃相場を解説

借り上げ社宅制度とは、企業が契約した賃貸物件を従業員に貸し出す制度のことです。従業員が負担する家賃が相場よりも低い傾向にあることや、企業によっては従業員が物件を選べる場合があるため、人気の福利厚生制度の1つです。本記事では、借り上げ社宅制度…

詳しくみる
# 人事管理

中途採用とは?新卒採用やキャリア採用との違い – メリット・デメリットも解説

中途採用とは、会社が以前に就業経験のある人を採用することをいいます。今回は、中途採用とは何か、また、その目的は何か、中途採用と新卒採用やキャリア採用などとの違いについて解説します。 また、中途採用におけるメリット・デメリット、中途採用を成功…

詳しくみる
# 人事管理

ノマドワーカーとは?働き方の新しいスタイル!メリット・デメリットを紹介!

ノマドワーカーとは最近注目されている新しいの一つ働き方です。そんなノマドワーカーの意味はご存じでしょうか。「カフェなどでパソコン作業をしている人」というイメージの方も多いと思います。そこで本記事では、ノマドワーカーの概要と向いている人・仕事…

詳しくみる
# 人事管理

パーソナルスペースとは?男女による違いや職場や商談での活用について解説

「パーソナルスペース」という言葉は、プライベートスペースの親密な関係について語られることも多いです。しかし、今回はビジネスパーソンに向けて、職場や商談といったビジネスシーンでのパーソナルスペースに焦点を当てます。本記事で紹介するのは、パーソ…

詳しくみる
# 人事管理

「ジョハリの窓」とは?意味や企業で活用するメリット・デメリットについて解説

ジョハリの窓とは、自己分析に用いる心理学モデルのひとつです。「自分から見た自分」と「他人から見た自分」との認識の違いを分析し、自己理解を深めるツールとして活用されます。本記事ではジョハリの窓の概要や、就活や企業で活用するメリット、社内研修に…

詳しくみる
# 人事管理

始末書の書き方は?社内や社長宛はどう書く?例文をもとに解説【テンプレート付き】

いざ始末書の提出が必要なシーンになっても、その書き方が分からないという方は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、始末書を書く目的から始末書と顛末書・反省文の違い、始末書のテンプレート、社内向け・社長宛などさまざまなシチュエーション毎の…

詳しくみる
# 人事管理

レジリエンスとは?なぜビジネスで重要か?意味や使い方、高めるコツを解説

レジリエンスとはストレスを受けた際の精神的回復力を意味する言葉です。職場のレジリエンスを高められれば、社員のストレスが軽減されるだけでなく生産性アップも期待できます。この記事ではレジリエンスの概要や注目されている背景、レジリエンスを高めるこ…

詳しくみる
# 人事管理

ポテンシャルとは?意味や使い方、高い人の特徴、高めるコツをわかりやすく解説

「ポテンシャル」という言葉は、社員の自己実現と人事労務を起点とする企業利益拡大にチャンスをもたらすキーワードです。本記事ではポテンシャルの正確な意味とポテンシャル人材の特徴、採用・育成のコツをわかりやすく解説します。 ポテンシャルとは? 「…

詳しくみる
# 人事管理

エニアグラムとは?性格診断をタイ プ別に解説、ビジネスへの応用や導入企業の事例

エニアグラムとは、人の思考や行動パターンを診断し9つのタイプに分類する性格類型です。従来、哲学・人間学・心理学などで研究が行われてきましたが、近年ではビジネスシーンでも積極的に活用されています。採用活動・人材配置・組織運営などの場面で役に立…

詳しくみる
# 人事管理

ワーケーションとは?メリット・デメリット、事例や導入へのポイントについて解説

ワーケーションは、テレワークなどを活用して観光地やリゾート地など、場所を選ばずに仕事をしながら余暇も楽しむ、新しい働き方です。本記事ではワーケーションの概要や導入事例、メリット・デメリットなどを解説します。 ワーケーションとは? 新たな働き…

詳しくみる
# 人事管理

コミュニケーションとは?意味や能力を鍛える方法、コミュ不足による失敗例を解説

コミュニケーションは、人々が感情や思考を伝える手法です。同じ企業で働く従業員の間の情報共有だけではなく、働きやすい職場作りや、信頼できる関係性の基盤ともなります。 ここでは、コミュニケーションの意味について解説するとともに、職場でのコミュニ…

詳しくみる
# 人事管理

離職票は必要?離職証明書との違い、再発行の方法、退職時・失業保険の手続きを解説

離職票は、従業員が退職した際、企業がハローワークで退職手続きをすると発行される書類です。退職した従業員が雇用保険の求職者給付、いわゆる失業保険を受給するためには、離職票が必要となります。 離職票の発行はどのようにして申請し、いつ従業員に交付…

詳しくみる
# 人事管理

フィードバックとは?意味や効果的なコツ、企業の実践例についてわかりやすく解説

ビジネスにおいて、フィードバックはとても重要です。実際、さまざまな場面でフィードバックが行われています。しかし、フィードバックを行う方法やメリットを理解して利用されているでしょうか。 今回は、ビジネスにおけるフィードバックの目的、フィードバ…

詳しくみる
# 社会保険業務

一人親方(個人事業主)の労災保険は経費にできる?勘定科目や節税について解説

一人親方(個人事業主)は労災保険に特別加入できますが、保険料を経費に計上することはできません。労災保険は労働者を対象にしたもので、一人親方の加入はあくまで特例であるためです。ただし、確定申告で所得控除の対象になり、節税が可能です。 本記事で…

詳しくみる
# 勤怠管理

36協定に関する協定書の記載例や協定届との違い、法的義務を解説(テンプレート付き)

「36協定に関する協定書」とは、労働者に時間外労働や休日労働を課す際に、労使間で締結しなければならない協定書です。36協定に関わる書類には「36協定に関する協定届」というものもあります。名称は似ていますが、作成の目的は全く異なります。当記事…

詳しくみる
# 人事管理

【テンプレート付き】キャリアデザインシートとは?書き方や活用方法を解説

キャリアデザインシートとは、仕事を中心に希望する将来像やそれを実現するための方法を考えて、図や表にまとめたもののことです。キャリアデザインシートを作成すると希望や夢が明確になるため、それらを叶えるためには、今何をすべきかがわかるようになりま…

詳しくみる
# 年末調整業務

学資保険は生命保険料控除の対象になる?年末調整における書類の書き方

年末調整では、保険料控除などの所得控除を受けて節税するのが一般的です。一方、将来の教育費用に備えて学資保険を契約している方も多いことでしょう。学資保険は控除対象として税控除を受けられるのでしょうか。当記事では、学資保険を年末調整で控除する方…

詳しくみる
# 社会保険業務

厚生年金・健康保険の被保険者資格喪失届とは?手続きや関連書類を解説!

被保険者資格喪失届は、従業員の退職や死亡により健康保険・厚生年金保険の被保険者資格を喪失する場合の他、転勤や雇用形態変更で同日得喪と呼ばれる処理を行う場合に提出が必要になる書類です。提出期限は事実があった日から5日以内で、退職の場合は退職日…

詳しくみる
# 給与計算

役員退職慰労金とは?計算方法と功労加算・税金面の注意点や支給手続きを解説

取締役や監査役などの役員が退職した場合に、会社は役員退職慰労金を対価として支給することができます。 この役員退職慰労金については、支給する側にもされる側にも様々なメリット・デメリットがあります。また、役員退職慰労金を損金算入することで、節税…

詳しくみる
# 社会保険業務

雇用保険被保険者資格喪失確認通知書とは?使い道やもらうタイミングを紹介

退職した時や雇用保険の加入要件を満たさない労働契約に変更になった際に「雇用保険被保険者資格喪失確認通知書」という書類を受け取りますが、この書類は何に使うか知っていますか。 名称からわかるかもしれませんが、雇用保険の加入者がその資格を喪失した…

詳しくみる
# 社会保険業務

社会保険(健康保険・厚生年金保険)加入者の死亡時の手続きは?一時金はもらえる?

被保険者が死亡した場合は、各保険者に届け出る必要があります。社会保険(健康保険・厚生年金保険)加入者が死亡した場合は健康保険・厚生年金被保険者資格喪失届、国民健康保険加入者が死亡した場合は国民健康保険資格喪失届、後期高齢者医療保険加入者が死…

詳しくみる
# 社会保険業務

入社手続き中の従業員が退職したら社会保険はどうなる?退職後の手続きも解説!

従業員は、入社日に社会保険の被保険者資格を取得します。そのため、すぐに退職した場合でも被保険者資格取得日・被保険者資格喪失日に応じて必要な社会保険料を納めなければなりません。従業員負担分を給与から控除できない場合は、別に徴収する必要がありま…

詳しくみる
# 社会保険業務

会社の代表者変更で必要な社会保険手続きは?事業所関係変更届の書き方も解説

会社の代表者や名称の変更、所在地の移転などが発生した際は、社会保険の変更手続きを行う必要があります。特に年金事務所の管轄が変わる都道府県をまたぐような移転の場合には、保険料率が変更となる可能性があるため、すみやかに手続きを行うことが重要です…

詳しくみる
# 社会保険業務

一日で辞めた社員も社会保険料が発生する?退職日と保険料の関係を解説!

健康保険や厚生年金保険などの社会保険料は月単位で計算されます。また、月の途中で従業員が退職した場合には、原則として資格喪失月の保険料は発生しません。では、入社してすぐに従業員が退職するようなケースでは、社会保険料は徴収されるのでしょうか。 …

詳しくみる
# 社会保険業務

社会保険の任意加入とは?メリットや任意適用事業所の申請手続きを解説!

厚生年金と健康保険からなる社会保険は、適用事業所に所属し、条件を満たした全従業員が加入しなければならない強制保険制度です。適用事業所には、強制適用事業所と任意適用事業所があります。適用されない事業所であっても、任意適用を受けることで社会保険…

詳しくみる
# 社会保険業務

医療費が高額になったらどうする?社会保険の使用や自己負担割合を解説!

社会保険の医療費は3割負担です。入院や手術などの高額な医療費は、自己負担限度額を超えると高額療養費として返金を受けることができます。さらに、特定の疾病に罹患した場合は、自己負担額の一部または全額を助成する医療費助成制度を利用することも可能で…

詳しくみる
# 社会保険業務

厚生年金の報酬比例部分とは?定額部分との違いや計算方法、支給開始年齢を解説

公的年金制度には厚生年金と国民年金がありますが、その仕組みは複雑です。 支給開始年齢が65歳であることは知っていても、年金を構成する報酬比例部分や定額部分がどのようなものなのか、理解している人は少ないのではないでしょうか。 本稿では年金制度…

詳しくみる
# 社会保険業務

社会保険の入り方・加入手続きは?事業所・従業員の条件や必要書類も解説!

人事労務の担当者になったり、起業して人を雇用したりする場合は、社会保険の手続きが必要です。 しかし、社会保険にはさまざまな種類があり、手続きは煩雑で管轄も1つではありません。 本稿では社会保険の加入手続きの他、事業所や適用対象となる従業員の…

詳しくみる
# 社会保険業務

退職時に会社側が行う社会保険手続きは?離職票と離職証明書の違いも解説!

従業員が退職する際には、決められた期限までに健康保険や雇用保険の喪失届を提出する必要があります。また、従業員が退職後にハローワークに基本手当など失業時に受け取れる給付を申請することを踏まえ、離職証明書も作成しなければなりません。 ここでは、…

詳しくみる
# 社会保険業務

産前産後休業期間中は厚生年金保険料は免除される?育児休業等期間中も解説

経済的な理由で従業員が休業取得をためらうようなことがないように、産前産後休業期間中や育児休業期間中にはさまざまな経済的支援制度が用意されています。 産前産後休業や育児休業期間中に健康保険、厚生年金保険の保険料の免除を受けるには、企業からの申…

詳しくみる
# 社会保険業務

労災保険の保険料は全額事業主負担?計算方法や休業補償の負担割合も解説!

健康保険や厚生年金保険などの社会保険は、原則として労使折半という形式で、事業主と労働者がそれぞれ保険料を負担します。一方、労働者の業務災害や通勤災害による怪我や病気に対して給付を行う労災保険は、全額事業主負担となります。 ここでは、労災保険…

詳しくみる
# 社会保険業務

生命保険への加入は必要?社会保険をはじめとする社会保障制度との違いも解説!

日本では、9割近い世帯が生命保険に加入しているといわれています。テレビでも、生命保険のCMを見ない日はありません。 これほど普及している生命保険ですが、本当に加入する必要があるのでしょうか。 本稿では生命保険の概要、社会保険との違い、一部で…

詳しくみる
# 社会保険業務

社会保険において扶養が外れる条件とは?外れるタイミングや手続きも解説!

会社員の配偶者がパートタイマーで働いている場合、収入によって扶養から外れて所得税の控除を受けられなくなったり、社会保険の加入義務が生じて新たに保険料負担をしなければならなくなったりすることがあります。 いわゆる「〇〇円の壁」です。 本稿では…

詳しくみる
# 社会保険業務

社会保険の証明書発行手続きについて解説!健康保険被保険者資格証明書など

日本では国民皆保険・国民皆年金が実現しており、すべての国民は何らかの公的医療保険と公的年金に加入しています。 適切に加入手続きがなされていれば、各種の社会保険の被保険者資格が与えられますが、所得・喪失の現況について、証明書によって確認を求め…

詳しくみる
# 社会保険業務

雇用期間が1ヵ月だけなら社会保険に加入しなくてよい?入りたくない人必見!

日常生活で身近な健康保険は知っていても、他にどのような社会保険があるのか、会社で人事労務などを担当していなければ、意外と知らないものです。 短期間の有期雇用のパートやアルバイトであれば、「加入して社会保険料を支払うのは嫌だ」という人もいるで…

詳しくみる
# 社会保険業務

同月得喪における社会保険料を解説!厚生年金や健康保険の保険料はどうなる?

会社は、要件を満たした人を社会保険に加入させます。会社は社員に長く働いてもらいたいのですが、実際は1ヵ月未満など、短期間で退職する人も出てきます。その際に社会保険の同月得喪が生じる場合があります。 今回は、社会保険の同月得喪の定義や概要と、…

詳しくみる
# 社会保険業務

労災保険と他の保険の二重取りは可能?自賠責・医療保険・傷害保険の観点から

労災保険と他の保険の給付を両方受けることが可能なのか気になる人も多いのではないでしょうか。結論として、重複受給(請求)できる保険とできない保険があります。いざというときに適切に保険を利用できるように正しい知識を身につけておきましょう。この記…

詳しくみる
# 社会保険業務

飲食店も労災保険・雇用保険の加入義務がある?手続きもわかりやすく解説!

飲食店を開業し、従業員を雇用する場合は労災保険・雇用保険に必ず加入しましょう。労災保険・雇用保険への加入手続きを怠ると、のちに多額の徴収が行われる可能性があるので注意が必要です。この記事では、飲食店の労災保険・雇用保険の加入義務や、飲食店に…

詳しくみる
# 社会保険業務

老齢基礎年金・老齢厚生年金とは?受給要件・支給開始年齢・年金額の違いを解説!

老齢年金には国民年金から支払われる老齢基礎年金と、厚生年金から支払われる老齢厚生年金があります。法改正によって老齢厚生年金の支給開始年齢は引き上げられましたが、大きな影響を受ける受給者には経過的加算などの措置があります。国民年金基金や確定拠…

詳しくみる
# 社会保険業務

厚生年金加入者は結婚祝い金をもらえる?申請方法や結婚後の年金について解説!

厚生年金保険に結婚を対象とする給付はありませんが、企業による厚生年金基金には被保険者が結婚した際に支給する祝い金制度が設けられていることがあり、定められた方法で申請すると給付を受けられます。厚生年金被保険者が結婚後も働き続ける場合は、そのま…

詳しくみる
# 社会保険業務

転職における厚生年金・国民年金の手続き – 空白期間があったらどうなる?

公的年金である厚生年金や国民年金は、現役時代に保険料を負担し、老後は負担に応じた年金を受給できる制度です。 保険料の納付期間に空白がなければ相応の年金額になりますが、途中で退職して空白期間があれば年金額が少なくなる可能性があります。 本稿で…

詳しくみる
# 社会保険業務

高額療養費(高額医療費支給制度)とは?社会保険の観点から仕組みを解説!

「高額療養費制度」とは、高額な医療費負担を軽減するための制度で、医療機関で支払った自己負担額のうち限度額を超えた額が手続きによって還付されたり、事前申請によって支払わずに済んだりします。申請方法は加入している医療保険によって異なり、申請しな…

詳しくみる
# 社会保険業務

75歳以上の社会保険手続きは?後期高齢者医療制度や被扶養者についても解説!

定年年齢の引き上げの流れが象徴するように、生活費の確保や社会とのつながりなど、定年年齢を超えても働き続ける方が増えています。 高齢の従業員を雇用する場合には、職場環境の配慮はもちろんのこと、通常の社会保険加入とは手続きが異なることに注意しな…

詳しくみる
# 社会保険業務

厚生年金における加給年金とは?もらえる条件や振替加算についても解説!

厚生年金保険加入者が年金を受給できることになったときに、条件により年金額が加算されることを知っていますか?年金に加算される額のことを「加給年金」「振替加算」といいます。これらは家族の構成や家族の年齢によって受給できる条件が決まっています。こ…

詳しくみる
# 給与計算

給与計算業務の流れは?一般的な手順とクラウド給与計算ソフトを活用した方法をわかりやすく解説!

経理業務の中でも、給与計算はミスが発生しやすい煩雑な業務です。特に、はじめて給与計算を行う場合は、「何から手をつけていいかわからない…」といったお悩みも多いのではないでしょうか。 この記事では、給与計算の概要や一般的な業務の流れと、クラウド…

詳しくみる
# 勤怠管理

2024年最新 – 勤怠管理システムおすすめ比較!機能・料金・クラウド対応など

勤怠管理システムを導入すると、タイムカード(打刻)機能により従業員の労働時間を正確に把握することができます。シフト管理機能など、その他にも多くの機能が備わっているため、勤怠管理業務の大幅な効率化に役立ちます。さまざまな勤怠管理システムがあり…

詳しくみる
# 勤怠管理

企画業務型裁量労働制とは?導入要件や手続きの流れ、残業代についても解説!

企画業務型裁量労働制は、労働者が自分の裁量で仕事のやり方を決めることができる、裁量労働時間制の1つです。専門性の高い職種を対象に、労使委員会の設置・決議・労働基準監督署への届出を要件が要件として導入することはできます。実際に働いた時間にかか…

詳しくみる
# マイナンバー管理

日雇いアルバイトでもマイナンバーの提出が必要?取得する側の注意点も解説!

日雇いアルバイトや派遣労働者であっても、扶養控除等を受ける際にはマイナンバーカードが必要です。マイナンバーは勤務先の企業に提出が義務付けられているほか、副業で納税義務が発生した場合には税務署へ提出しなければなりません。今回は日雇いアルバイト…

詳しくみる
# 社会保険業務

健康保険の被扶養者とは?加入条件や被扶養者(異動)届の書き方も解説!

健康保険に加入する被保険者の親族のうち一定の要件を満たす者は、被扶養者となることができ、収入や同居の条件を満たしている親族が、被扶養者として認められます。被扶養者には、被保険者と同じように健康保険証が交付されます。被扶養者となるには被扶養者…

詳しくみる
# 社会保険業務

副業すると社会保険料が増える?社会保険加入時に注意すべきポイントを解説!

働き方改革が推進されるなか、多様な働き方の一つとして、副業・兼業のダブルワークを認める企業が増えています。自身の能力を一つの企業にとらわれず幅広く発揮したい、という想いから前向きに検討している方もいるのではないでしょうか。 今回は、副業・兼…

詳しくみる
# マイナンバー管理

マイナンバーカードと住基カードの違いは?有効期限後の使用可否も解説

身分証明書として利用することができるマイナンバーカードは、政府が積極的に普及を進めていることもあり、国民の取得率は急速に上がっています。 一方、身分証明書としては、住民基本台帳カード(住基カード)がありましたが、発行はすでに終了しています。…

詳しくみる
# マイナンバー管理

マイナンバー制度で必要な個人情報漏洩対策とは?罰則についても解説!

マイナンバー制度は、マイナンバー法に基づく個人番号(マイナンバー)によって行政手続における特定の個人を識別するための仕組みです。マイナンバー法では、マイナンバーや特定個人情報の情報漏洩を防止するために厳格な規定が設けられています。この記事で…

詳しくみる
# 社会保険業務

被保険者資格喪失届とは?提出先や記入例、雇用保険の喪失届との違いも解説!

健康保険・厚生年金保険の被保険者が資格を喪失する際は、被保険者資格喪失届を提出する必要があります。被保険者資格喪失届の提出期限は、資格を喪失した日の翌日から5日以内に、会社を管轄する年金事務所に持参するなどして提出します。インターネットでp…

詳しくみる
# 社会保険業務

厚生年金保険料の計算方法 – 標準報酬月額・標準賞与額など保険料額表をもとに解説!

厚生年金とは、会社員などが加入する公的年金制度のことです。厚生年金の保険料は、標準報酬月額と標準賞与額に決められた保険料率を掛けて計算します。保険料率は平成29年9月から18.300%のまま変わっていません。今回は厚生年金保険料の計算方法や…

詳しくみる
# 社会保険業務

転職で空白期間がある場合の健康保険や年金の手続きは?保険証切り替えについても解説!

退職してから転職まで期間が空く場合、任意継続や家族の扶養に入ることを選択しない場合は、一度国民健康保険に切り替える必要があります。国民健康保険加入の手続きは14日を過ぎても行えますが、退職日翌日までさかのぼって保険料を徴収されます。今回は、…

詳しくみる
# 社会保険業務

労災保険とは?補償の種類や加入条件、労災保険料の計算方法、申請手続きまで解説

労災保険とは、労災事故にあった労働者に国が治療に必要な費用を補助し、休業した際の生活費を補償するなど、被災した労働者に必要な給付を行う社会保険制度です。業務上の事故、通勤中の事故のほか、仕事が原因で発症する病気も適用されます。給付を受けるに…

詳しくみる
# 勤怠管理

生活残業が多い会社の特徴は?生活残業させないためにおすすめの対策も解説

生活残業とは、生活費や小遣いなどを稼ぐために必要以上の残業を行うことです。生活残業は会社全体に悪影響を及ぼす可能性があるため、生活残業が発生しやすい条件を把握して早急に対策を施す必要があります。この記事では生活残業が発生しやすい会社・従業員…

詳しくみる
# 年末調整業務

年末調整で税金が戻ってくる!年末調整をしないと国税から罰則を受ける可能性も?

年末調整は、組織全体をまきこむ年末に向けた一大イベントです。ここでは「年末調整で税金が返ってくるのか」「確定申告と何が違うのか」「年末調整をしないと罰則はあるのか」といった疑問や、年末調整を効率よく行う方法、個人が忘れていた場合の対処法、所…

詳しくみる
# 勤怠管理

雇用契約とは?労働契約との違いや雇用契約書・労働条件通知書の必要性も解説!

会社と雇用契約を結んで仕事に従事する人は、労働者として定義されています。そして、労働者はパート・アルバイトなどの雇用形態に依らず、労使間で雇用契約を結ぶことが法律で義務付けられています。この雇用契約は労働条件を明確にする重要な契約ですが、業…

詳しくみる
# 給与計算

給与計算ソフトを買う?社労士に依頼する?手段別にメリット・デメリットを解説!

給与計算業務は、給与計算ソフトを導入するほか、社労士に依頼する、もしくはエクセルで行うといった方法があります。今回は、エクセル・社労士への依頼・給与計算ソフトの導入と3種類に分けてメリット・デメリットを比較。どの手法が自社に適しているか、給…

詳しくみる
# 勤怠管理

労働者派遣法とは?法律の概要や派遣契約の流れ、直近の改正内容を徹底解説

企業に人材を派遣する派遣会社と派遣社員を受け入れる派遣先企業は「労働者派遣法」に則って契約を締結し、それに従って派遣社員に業務を任せなければなりません。契約を結ばずに派遣社員を受け入れたり、契約内容を無視して仕事をさせたりすると、派遣会社や…

詳しくみる
# 年末調整業務

年末調整の手続きが期限に間に合わないときはどうする?対応方法を解説

年末調整に間に合わないと、所得税を多く徴収されていた場合でも還付を受けることができません。個人で確定申告を行うか勤務先に連絡するかのどちらかの対応方法をとることで、払い過ぎ分を取り戻すことができます。納付額が不足している場合に年末調整も確定…

詳しくみる
# 年末調整業務

年末調整でふるさと納税の控除ができない理由とは?正しい申告方法を解説

「ふるさと納税」では、税金が還付されることは多くの方がご存じでしょう。しかし、毎年、勤務先で手続きしている年末調整では、ふるさと納税の控除はできません。ふるさと納税の控除手続きは、確定申告やワンストップ特例制度で行います。今回は「ふるさと納…

詳しくみる
# 年末調整業務

年末調整で養老保険料は控除できる?申告書の書き方や控除額を分かりやすく解説!

養老保険は貯蓄型の保険なので生命保険料控除が受けられないと思っていませんか。養老保険も生命保険の一種であり、生命保険料控除の対象になります。会社員なら年末調整で手続きをすれば所得控除により税金が安くなるため、手続きを忘れないようにしましょう…

詳しくみる
# 給与計算

削除不可【2023年最新】給与計算ソフトとは?選び方や購入のポイントを種類別に比較!

給与計算ソフトとは、従業員の勤怠情報をもとに自動で給与計算を行うシステムのことを指します。近年さまざまな給与計算ソフトが登場しており、給与計算に特化したものから、会計業務までをカバーするものまで、その機能は個々のシステムによって異なります。…

詳しくみる
# 年末調整業務

年末調整の書類はボールペンで書く?特定の色や鉛筆ではダメな理由を解説!

年末調整の書類を記入する際、鉛筆でいいのかボールペンを使用するべきか迷う方がいるでしょう。正しくは、ボールペンで記載します。さらに間違いを修正する場合は修正テープではなく、国税庁のサイトに記された方法を参考に修正するのが正しいやり方です。ま…

詳しくみる
# 年末調整業務

年末調整で必要な書類の再発行はどうする?保険料控除証明書や源泉徴収票など

年末調整では控除を受けるため、保険料控除などの証明書の提出が求められます。年の途中で転職し、新しい会社に入社した場合は前職での源泉徴収票の提出も必要です。もしこれらの必要書類を紛失してしまった場合、再発行はしてもらえるのでしょうか。ここでは…

詳しくみる
# 給与計算

給与計算代行・アウトソーシングの基本!代行業務の内容・相場やメリット・デメリットを解説

企業の毎月の給与計算、年末調整などの業務の委託を受けて処理するサービスを、給与計算代行・給与計算アウトソーシングといいます。収益に直結しない、こうした間接業務に人員を割く余裕がないという理由で、委託を検討されている方も多いのではないでしょう…

詳しくみる
# 年末調整業務

年末調整手続きの電子化とは?方法やメリットについてわかりやすく解説!

年末調整といえば、従業員から紙で書類や控除証明書を受け取る必要があるなど、多くの労力がかかるものでした。しかし、今は、年末調整も電子化がされており、年末調整にかかる手間が削減できます。 ここでは、年末調整の電子化や「そのメリットとは何か?」…

詳しくみる
# マイナンバー管理

そもそも個人情報とは何か?マイナンバー導入後の今だから知っておきたいこと

2016年度から本格的な導入が始まったマイナンバー制度。このマイナンバーを含む氏名住所等の個人情報は「特別個人情報」と呼ばれます。 マイナンバー制度導入に伴い、企業には改めて個人情報の管理体制が問われていますが、そもそもこの個人情報とはどう…

詳しくみる
# 勤怠管理

ストレスは溜めない!集中力アップで業務効率最大化するテレワークのやり方とは

従業員に対してテレワークを指示ないし推奨する企業が増えています。 その一方で、テレワークを導入すると集中できなくなるのではないか、コミュニケーションが滞るのではないかなど、デメリットが気になる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、テレ…

詳しくみる
# 社会保険業務

「4月5月6月の給料で税金が決まる」は間違い!社会保険料と標準報酬月額を正しく理解

先日電車に乗っていたら、会社の先輩後輩らしき二人組の会話が聞こえてきました。 先輩「私、5月にいっぱい残業したんだけど、このままじゃ多分今年の税金が高くなっちゃうんだ〜」 後輩「え、残業が増えると税金高くなるんですか?」 先輩「1年間の税金…

詳しくみる
# 給与計算

新入社員でもわかる「給与明細の見方」 保険料は何のためにいくら引かれる?

この4月から働き始めた新入社員のみなさんにとって、待ちに待った初任給を受け取る時期が近づいてきました。期待に胸を膨らませながら給与明細を見てみると……総支給額からいろいろと差し引かれた手取り額に落胆するかもしれません。どの項目が、何のために…

詳しくみる
# 勤怠管理

育児休業の対象は?男性も取れる育児休業を解説!育児・介護休業法の改正ポイントも

そもそも育児休業ってなに? 育児休業とは「労働者が原則としてその1歳に満たない子を養育するためにする休業」を指します。関連する法律は「育児・介護休業法」です。育児や家族の介護をしながら働き続けることができるように育児・介護休業法は随時見直し…

詳しくみる
# 勤怠管理

フレックスタイム制とは?メリット・デメリットや導入の注意点をわかりやすく解説!

フレックスタイム制は、従業員が自由に始業と就業の時刻を決められます。柔軟な働き方をサポートする労働時間制度ですが、「完全自由」「残業代がつかない」など様々な誤解があるのも事実です。 ここでは制度の基本を説明すると共に、メリット・デメリットを…

詳しくみる