• 更新日 : 2024年6月7日

時間外労働の上限規制とは?働き方改革法施行後の変化を読み解く

そもそも時間外労働とは?残業時間との違い

時間外労働の上限規制について解説するうえで、ここではまず時間外労働がどういったものなのか考えていきましょう。
そもそも労働基準法第32条において、「法定労働時間(1日8時間、1週40時間)」が定められています。この時間を超えると「法定時間外労働」、つまり今回のテーマである「時間外労働」となります。一方で、各企業が就業規則等で定めている「所定労働時間」を超えた時間については、「所定時間外労働時間」といわれます。そして、この「法定時間外労働」と「所定時間外労働」の合計時間を総称して「残業時間」と呼ばれています。
なお、就業規則等で定められた所定労働時間が「8時間(=法定労働時間)」であれば、所定時間外労働時間=法定時間外労働時間となります。

現行の時間外労働の上限規制と今回の改正点

現行の制度では、原則の時間外労働の上限時間は月45時間かつ年360時間(1年単位の変形労働時間制を適用する場合は、月42時間かつ年320時間)とされており、これを超える残業は違法となります。しかし、「時間外労働・休日労働に関する労使協定書(いわゆる36協定)」で、臨時的な特別な事情があって労使が合意する(「特別条項付き36協定」を締結する)場合には、この原則の上限時間を超過することができるようになり、この場合、各社の特別条項で定める時間内であれば上限なく時間外労働を行わせることが可能になっていました。

しかし今回の法改正により、罰則付きの上限が法律に規定され、さらに特別条項を締結する場合も、「年720時間」という上限規制が設けられることとなりました。
さらに年720時間以内であっても、一時的な繁忙期などにより単月で大幅な時間外労働が発生するリスクを見越して、大きく3つの上限規制が設けられています。

・単月で月100時間未満とする(休日労働を含む)
・連続する2カ月から6カ月平均で月80時間以内とする(休日労働を含む)
・原則で定められている月45時間(変則労働時間制の場合42時間)を上回るのは年間で6回までとする

現行の制度では、単月・年間の時間外労働時間のみの規制でしたが、今回の改正で、さらに2ヶ月平均、3ヶ月平均、4ヶ月平均、5ヶ月平均、6カ月平均がすべて1ヶ月あたり80時間以内、月45時間超は年6回までとするなど、年間を通して守るべき上限が追加されたことも漏れなくチェックすべき点です。
また、万が一上限を超えた場合には罰則が設けられており、事業主に対して6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。

時間外労働の上限規制の施行日は2019年?2020年?

これまで働き方改革におけるさまざまな議論のもと、2018年にようやく審議に入り、施行される運びとなりました。実際の施行日については企業の規模や業種によって異なる点に注意が必要です。
原則、大企業では2019年4月1日、中小企業は2020年4月1日から施行となりますが、一部の業種(自動車運転業務、建設事業、医師等)については、猶予期間5年が設けられており、2024年4月1日施行予定となっています。また、新技術・新商品開発等の研究開発業務については、医師の面接指導、代替休暇の付与等の健康確保措置を設けたうえで、時間外労働の上限規制は適用しないものとされています。
各企業によって施行のタイミングが異なるため、時間外労働の上限規制について対応すべき時期を適切に把握し、適応に向けて、早い段階から準備を進める必要がありそうです。

時間外労働の上限規制ついて適切な知識を持とう

長時間労働の是正には社内の業務効率化だけでなく、取引環境の改善も重要です。労働時間等設定改善法では、事業主の責務として、短納期発注や発注の内容の頻繁な変更を行わないよう配慮するよう努めることと規定されました。
多くの従業員を抱える企業としては、適切な労働環境を整備することは今後の必須課題です。規定に違反すれば罰則も与えられるため、「知らなかった」では済まされません。時間外労働の上限規制について熟知し、従業員が安心して働ける環境を整備していきましょう。

<参考>
時間外労働の上限規制等について
労働者健康安全機構 熊本産業保健総合支援センター

<関連記事>
“残業違反”に罰則!2019年から始まる「時間外労働の上限規制」を解説

広告

人事労務業務に役立つ情報!参考記事を紹介

人事労務業務における手続きが複雑になってきたら

従業員の雇用形態が多様化、入退社が増え労務業務が複雑になってきたなど、会社の規模が大きくなるにつれ人事労務業務は煩雑になってきます。

以下の記事では、それらの悩みが出てくるフェーズでの、人事労務システムを切り替えるタイミングについて解説しています。インストール型とクラウド型どちらが良いかも簡潔に解説しています。

参考:システムの切り替えタイミングの見極め方とは?インストール型給与システム篇

人事労務業務にCSV出力など手作業が増えてきたら

日々の給与計算や勤怠管理に手作業が増えてきたら、既存のシステムの連携を考えてみるのも良いでしょう。

以下の記事では、人事労務サービスの連携機能について紹介。マネーフォワード クラウドの活用イメージについても解説しています。

参考:煩雑な手作業をシステム連携でかんたんに解消!-給与計算・勤怠管理編-

入社・異動手続きが増えてきたら

入社・異動手続きが増えてきたら、業務の流れを再検討してみてもよいかもしれません。

以下の記事では、入社・異動手続きのミスを防ぐための具体的な手法を解説。マネーフォワード クラウド人事管理を活用した方法についても紹介しています。

参考:入社・異動の手続きでミスをなくすためには?

勤怠管理システムの導入で、出退勤管理の効率化はもちろん、働き方改革にも対応

2019年4月から働き方改革法案が施行され、各種法令が順次適用されています。今年も「2024年問題」に代表されるように、法改正に合わせて人事労務担当者も勤務管理方法の調整を求められています。

勤怠管理システムの「マネーフォワード クラウド勤怠」は、働き方改革関連法案にはもちろん、勤怠管理の業務効率化に役立つ機能を備えています。

① 時間外労働の上限管理・残業管理機能

マネーフォワード クラウド勤怠を導入すれば、月の時間外労働時間を集計して色別にアラートを出すことにより、時間外労働の上限を一目で把握できます。時間外労働の上限管理について、法規制に合わせて対応可能です。

詳細はこちら

② 柔軟な打刻方法

マネーフォワード クラウド勤怠は、各種打刻方法に対応しています。打刻データはWeb上でデータ連携され、クラウド勤怠での集計が可能です。Web打刻やスマートフォン打刻を活用すれば、出先での出退勤打刻も行えます。

機能の詳細を見る

③ 人事労務サービスとの連携

マネーフォワード クラウド勤怠は、マネーフォワード クラウドの製品はもちろん、他社のサービスとも連携可能です。各製品を連携させることで、勤怠データの給与計算ソフトへの反映など、人事労務業務の効率化を促進します。

製品資料をダウンロードする 

無料で使えるお役立ちテンプレート一覧

人事労務の業務に使える無料テンプレートを紹介しています。

以下リンク先から無料でダウンロード可能です。自由にご利用いただけます。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

関連記事