定款認証手数料
5,000円が今だけ半額!
会社設立を
もっとラクに

無料で会員登録
会社設立を
完全サポート

MFクラウドのおまかせ会社設立

無料で会員登録
どちらを利用するか迷われた方はお問い合わせください
050-5212-7577受付時間10:30〜17:00(土・日・祝を除きます)

自分で会社設立

おまかせ会社設立

定款認証手数料 5,000円が
今だけ半額!

自分で会社設立のサービス開始を記念して、電子定款にかかる手数料が、今だけ半額の2,500円になります。
ぜひこの機会に、サービスのご利用をご検討ください。

※キャンペーンは予告なく中止する場合がございます

自分で会社設立はこんな方におすすめ

MFクラウドの自分で会社設立で、手間のかかる会社設立作業を簡単に!

自分で会社を設立できる

MFクラウドの自分で会社設立は、フォームに沿って入力していくだけで、簡単に会社が設立できます

  • フォームに入力するだけ!

    案内に沿ってフォームに入力するだけで、会社設立に必要な大量の書類が簡単に作成できます。入力する内容も分かり易く説明があるから、迷わない。

  • 自動で届出書類を作成

    定款(ていかん)を始め、登記申請書、設立後に提出が必要な書類(年金事務所・税務署・都道府県税事務所・市町村役場)も自動で作成できます。

まずは無料で会員登録

自分で会社設立がおすすめの理由

自分で会社設立は、株式会社/合同会社のどちらにも対応。知識がなくても会社が設立できます

  • 株式会社/合同会社の両方に対応

    株式会社の設立はもちろん、合同会社の設立にも対応しています。合同会社は株式会社に比べて設立費用が安く、約7万円で設立できます。

  • 電子定款に対応

    電子定款を利用して会社設立が可能です。電子定款を利用することにより、紙定款で必要な収入印紙代、約4万円が不要になります。

  • 印鑑の購入が可能

    会社設立時に必要な、法人の印鑑3本セットを、お得に購入することができます。(1セット 7,880円から)

設立方法の比較表

MFクラウドの
自分で会社設立
MFクラウドの
おまかせ会社設立
自分で設立司法書士に依頼
定款認証手数料
・印紙代
0.5万円(1)04万円(2)0
定款認証
※必ず発生する費用です
5.2万円5.2万円5.2万円5.2万円
登録免許税
※必ず発生する費用です
15万円15万円15万円15万円
設立手数料0実質0(3)
(税理士との顧問契約が必要)
08万円(4)
合計20.7万円20.2万円24.2万円28.2万円
発生する手間
少し
手間なし
手間多い
手間なし
※設立費用は、株式会社設立の一般的な例となります。

おまかせ会社設立なら、設立の時に自分で行う作業を減らし、手数料のコストを抑える事ができます!

MFクラウドの自分で会社設立
  • 定款認証印紙代
    0.5万円(1)
  • 定款認証
    5.2万円
  • 登録免許税
    15万円
  • 設立手数料
    0
  • 合計
    20.7万円
  • 発生する手間
    少し
MFクラウドのおまかせ会社設立
  • 定款認証印紙代
    0
  • 定款認証
    5.2万円
  • 登録免許税
    15万円
  • 設立手数料
    実質0円(3)
    (税理士との顧問契約が必要)
  • 合計
    20.2万円
  • 発生する手間
    手間なし
自分で設立
  • 定款認証印紙代
    4万円(2)
  • 定款認証
    5.2万円
  • 登録免許税
    15万円
  • 設立手数料
    0
  • 合計
    24.2万円
  • 発生する手間
    手間多い
司法書士に依頼
  • 定款認証印紙代
    0万円
  • 定款認証
    5.2万円
  • 登録免許税
    15万円
  • 設立手数料
    8万円(4)
  • 合計
    28.2万円
  • 発生する手間
    手間なし
※設立費用は、株式会社設立の一般的な例となります。
(1)行政書士へ依頼する電子定款認証の手数料が5,000円発生します。
(2)自分で設立する場合は、紙定款で行うため印紙代が発生します。
(3)税理士と顧問契約を行うと設立手数料が無料になりますが、一時的に費用を負担いただく場合がございます。詳しくは、会社設立支援パートナーにお問い合わせください。
(4)司法書士への手数料が発生し、司法書士によって手数料の金額が変動します。
まずは無料で会員登録

会社を設立するまで

  • 1書類作成
    フォームに沿って必要事項を入力し
    会社設立に必要な書類を作成しましょう。
  • 2登記
    説明を見ながら、
    登記の手続きを行いましょう。
  • 3完了
    設立後に必要な
    各種届出を役所に提出します。

自分で会社設立に関してお悩みの方へ

どのような会社が設立可能ですか?

株式会社、合同会社の設立が可能です。

電子定款に対応していますか?

対応しています。株式会社、合同会社どちらも電子定款に対応しています。

出資者が法人の場合にも対応していますか?

対応しています。株式会社、合同会社どちらも法人の出資に対応しています。

料金はいくらかかるのでしょうか?

利用料は無料です。会社設立にかかる税金等(相場:株式会社の場合は22万円程、合同会社の場合は7万円程)や、電子定款を依頼する手数料(5,000円)は発生します。

会社設立(登記)後の手続きにも対応していますか?

会社設立後の各行政機関への手続きも対応しています。
(年金事務所、税務署、都道府県税事務所、市町村役場、労働基準監督署、ハローワーク)

まずは無料で会員登録

会社設立でこんなことに悩んでいませんか?

会社設立をしたいけど、誰に相談すればいいの?設立コストは下げたいけど、自分で手続は不安…会社設立をしたいけど、誰に相談すればいいの?設立コストは下げたいけど、自分で手続は不安…

会社設立の悩みは会社設立支援パートナーにおまかせして解決!

会社設立支援パートナーを探す事で手続きの時間を最小限に抑え、本業に時間を費やす事ができるようになります。

会社設立支援パートナーのご紹介、設立手数料無料※、プロによる会社設立、会社設立の手続き、設立後のサポート会社設立支援パートナーのご紹介、設立手数料無料※、プロによる会社設立、会社設立の手続き、設立後のサポート

※1 司法書士に支払う設立手数料を実質無料にするには、会社設立支援パートナーとの顧問契約が必要になります。
※2 会社設立にかかる実費はご負担いただきます。また、一時的に設立手数料をご負担いただく場合がございます。
※3 会社設立手続きは司法書士(パートナー又はパートナーが提携・紹介する司法書士)が行います。

大切な時間は事業のために使っていただきたい

会社を設立することは簡単ではありません。
決めることだけでも多くの時間をかけ調査していく必要がありますが、設立しようとする会社の内容によって
決めるべき内容が異なってくるため、最適な方法を探すこともまた困難な作業です。
それに加え、作成書類や手続きといった作業も複雑で多くの時間を費やすことになります。

本来、会社は設立することが目的ではなく、設立してから会社を成長させることが大事です。
そのためには、「成長する会社」・「会社の目的を達成する会社」を設立していただきたいと私たちは考えています。

人生で一度、するかしないかの会社設立の手続きのため、起業家の皆様に大切な時間を費やして欲しくありません。
会社設立支援パートナーは、会社設立・創業支援のプロフェッショナルです。
不明点にはプロがお答えし、起業家の皆様が抱える時間コストを極力減らし、事業に集中していただけるようサポートいたします。

おまかせ会社設立は、簡単3ステップ

  • 1選択
    会社住所から依頼する
    会社設立支援パートナーを選びましょう
  • 2依頼
    事業内容・相談の希望日を入力して、
    会社設立をおまかせしましょう。
  • 3完了
    2営業日以内に会社設立支援パートナーから
    メールまたは電話でご連絡いたします。
  • ご相談の上、会社設立支援パートナーにおまかせして会社を設立します。

おまかせ会社設立がおすすめの理由

おまかせ会社設立なら、設立の時に自分で行う作業を減らし、手数料のコストを抑える事ができます!

MFクラウドの
おまかせ会社設立
MFクラウドの
自分で会社設立
自分で設立司法書士に依頼
定款認証手数料
・印紙代
00.5万円(1)4万円(2)0
定款認証
※必ず発生する費用です
5.2万円5.2万円5.2万円5.2万円
登録免許税
※必ず発生する費用です
15万円15万円15万円15万円
設立手数料実質0(3)
(税理士との顧問契約が必要)
008万円(4)
合計20.2万円20.7万円24.2万円28.2万円
発生する手間
手間なし
少し
手間多い
手間なし
※設立費用は、株式会社設立の一般的な例となります。

おまかせ会社設立なら、設立の時に自分で行う作業を減らし、手数料のコストを抑える事ができます!

MFクラウドのおまかせ会社設立
  • 定款認証印紙代
    0
  • 定款認証
    5.2万円
  • 登録免許税
    15万円
  • 設立手数料
    実質0円(3)
    (税理士との顧問契約が必要)
  • 合計
    20.2万円
  • 発生する手間
    手間なし
MFクラウドの自分で会社設立
  • 定款認証印紙代
    0.5万円(1)
  • 定款認証
    5.2万円
  • 登録免許税
    15万円
  • 設立手数料
    0
  • 合計
    20.7万円
  • 発生する手間
    少し
自分で設立
  • 定款認証印紙代
    4万円(2)
  • 定款認証
    5.2万円
  • 登録免許税
    15万円
  • 設立手数料
    0
  • 合計
    24.2万円
  • 発生する手間
    手間多い
司法書士に依頼
  • 定款認証印紙代
    0万円
  • 定款認証
    5.2万円
  • 登録免許税
    15万円
  • 設立手数料
    8円(4)
  • 合計
    28.2万円
  • 発生する手間
    手間なし
※設立費用は、株式会社設立の一般的な例となります。
設立後にかかる費用
税務顧問料(初年度)
32万円(3)
(1)行政書士へ依頼する電子定款認証の手数料が5,000円発生します。
(2)自分で設立する場合は、紙定款で行うため印紙代が発生します。
(3)税理士と顧問契約を行うと設立手数料が無料になりますが、一時的に費用を負担いただく場合がございます。詳しくは、会社設立支援パートナーにお問い合わせください。
(4)司法書士への手数料が発生し、司法書士によって手数料の金額が変動します。
会社設立を依頼する

会社設立に関してお悩みの方へ

創業融資・助成金も受けたい

MFクラウドにパートナー登録している会社設立のプロは、会社設立と同時に創業融資・助成金の獲得も経験があります。
会社設立の相談と同時に創業融資・助成金も受けたいことを相談してみましょう。

株式会社か合同会社か決まっていない

設立したい会社が株式会社・合同会社のどちらに向いているのか、相談してから決めることが可能です。
設立にかかる費用も異なりますし、会社の形態が違うと後から変更するのも手間や費用もかかるので、最適な方を相談して決めましょう。

設立は依頼したいが、顧問契約はしたくない

顧問契約をしなくても会社設立だけを依頼することが可能です。しかし会社設立にかかる手数料は無料でなくなります(手数料はパートナーへご相談ください)。
会社設立の依頼だけも可能ですが、設立後には税務署・都道府県・市町村・労働基準監督署・年金事務所・ハローワークなどへ届け出を行いますので、顧問契約を行い依頼したほうが、事業に集中できるためおすすめです。

節税対策をしたい

会社設立のやり方によって税金が異なることがあります。きちんと会社設立前から節税対策をしておきましょう。
MFクラウドのパートナーは節税も考慮して会社設立を行いますので気軽に相談してみましょう。

自分で設立するか迷っている

会社設立を自分ですることも可能ですが、設立後には税務署・都道府県・市町村・労働基準監督署・年金事務所・ハローワークなどへ届け出を行います。
また後々(決算時期など)に顧問税理士が必要となりますので、会社設立からプロに依頼をして顧問契約を行い、設立後の手続きも依頼したほうが、事業に集中でき会社にとってもプラスになると思います。

会社設立を依頼する