2022年1月 電子帳簿保存法が改正電帳法に無料で対応ペーパレスを実現

マネーフォワード クラウドBox

ご存知ですか?
2022年1月の電子帳簿保存法改正

電子取引の電子保存が必要

2022年1月1日から、メールで受け取った請求書などは電子データのままの保存が義務付けられ、印刷して保管できなくなります。

取引関係書類の電子保存が必要

法人・個人事業主すべてが対象

電子保存の義務化は、法人・個人事業主すべてが対象です。要件に沿っていない場合、青色申告の承認取り消しの可能性があります。

法人・個人事業主すべてが対象

電子帳簿保存法とは

国税関係帳簿書類を電子データ化して保存することを認めた法律のこと。
導入することでペーパーレス化につながり、様々なメリットが得られます。

詳しく見る

マネーフォワード クラウドBoxの特徴

無料で使える

無料で使える

容量・利用人数は無制限。0円で利用できます。

紙での保存が不要に

紙での保存が不要に

紙での保存が不要なので、保管・管理コストを削減できます。面倒なファイリング作業や保存場所は必要ありません。

履歴検索がラクラク

検索要件に対応

「取引先名」「日付」「金額」などの情報を合わせて保存し、検索できます。OCRにも対応予定。

マネーフォワード クラウドBoxなら
電子帳簿保存法に必要な機能が揃っています

※ マネーフォワード クラウドBoxは2022年1月改正の電子帳簿保存法に対応しています。

マネーフォワード クラウドBox

マネーフォワード クラウドBoxなら
無料でいますぐ対応可能

マネーフォワード クラウドBox

料金0円/月
容量無制限
利用人数無制限

A社

料金2,178円/月(税込)
容量10GB
利用人数無制限
マネーフォワード クラウドBoxA社
料金0円/月2,178円/月(税込)
容量無制限10GB
利用人数無制限無制限

サービス連携で経理業務をさらに効率化

「マネーフォワード クラウド会計」や「マネーフォワード クラウド請求書」をご利用いただくと、経理業務をさらに効率化できます。

マネーフォワード クラウドBoxのシステム連携図
マネーフォワード クラウド会計
マネーフォワード クラウドBoxとマネーフォワード クラウド会計の連携

仕訳と証憑を並べて確認

「マネーフォワード クラウド会計」をあわせて使えば、保存された証憑と仕訳を、1つの画面で並べて確認できます。
証憑を探す手間がなくなり、チェック業務を効率化できます。

※ 年内リリース予定

「マネーフォワード クラウド会計」について詳しく見る

マネーフォワード クラウド請求書
マネーフォワード クラウドBoxとマネーフォワード クラウド請求書の連携

送付した請求書を自動保存

「マネーフォワード クラウド請求書」を使えば、メール送信・郵送した請求書が自動で「マネーフォワード クラウドBox」に保存されます。

「マネーフォワード クラウド請求書」について詳しく見る

  • マネーフォワード クラウドBox