• 更新日 : 2024年1月26日

労働生産性とは?定義や上げるメリット解説!

労働生産性とは、従業員1人当たり、または労働時間1時間当たりどのくらいの生産性を生み出したかを数値化した指標のことです。

労働生産性には、物理的な量を表す物的労働生産性と、付加価値を表す付加価値労働生産性の2種類があります。本記事では、労働生産性の定義や、労働生産性を上げることによるメリットについて解説します。

労働生産性とは?

労働生産性とは、労働者数や労働時間当たりに生み出した成果を示した指標のことです。労働生産性の算出は、物的労働生産性、付加価値労働生産性の計算式に当てはめることにより数値化されます。本項では、労働生産性と業務効率化との違いについて解説していきます。

業務効率化との違い

業務効率化とは、時間的な無駄、費用的なコストなどを削減して効率的に業務を進めていくことです。業務上の無理、無駄、ムラを削減することで合理的に物事を進めていくための手段であり、必ずしも生産性向上を実現するための目的ではありません。

労働生産性の向上を目的として業務を効率化することもありますが、この場合の業務効率化は労働生産性向上のための施策になります。

労働生産性の国際的な定義

労働生産性の国際的な定義は、一般的には付加価値に基づいて算出されます。この場合の付加価値はGDP(国内総生産)に当たり、国際的な労働生産性の計算式は以下のとおりです。

国際的な労働生産性=GDP÷就業者数(または就業者数×労働時間)

この計算式(GDP÷就業者数)により算出された国際的な労働生産性は1人当たりのGDPであり、日本は他の国と比較して低いといわれています。

2022年の国際的における日本の1人当たり労働生産性は85,329ドルで、ランキングはOECD加盟38カ国中31位です。

参考:労働生産性の国際比較2023|公益財団法人 日本生産性本部

労働生産性の種類

労働生産性の種類は、物的労働生産性付加価値労働生産性の2種類です。本項では、労働生産性の種類についてそれぞれの意味や違いについて解説していきます。

物的労働生産性

物的労働生産性とは、生産量や生産個数などの物理的な量を成果として表す生産性のことです。物理的な量を生産性として表す数値のため、物価の変動などの外部要因による変化は少ないことが特徴です。

付加価値労働生産性

付加価値労働生産性とは、企業が生み出した物やサービスなどの付加価値を生産性として表した数値のことです。付加価値労働生産性により、従業員がどのくらいの付加価値を生み出しているのかを図ることができます。

労働生産性の計算方法

物的労働生産性を算出する計算式と、付加価値労働生産性を算出する計算式はそれぞれ異なります。本項では、それぞれの労働生産性の計算方法についてわかりやすく解説していきます。

物的労働生産性の計算方法

物的労働生産性の計算式は、以下のとおりです。

物的労働生産性=生産量÷労働量

この計算式の労働量を労働者数にした場合は、労働者1人あたりの物的労働生産性が算出できます。また、労働量を労働者数×労働時間にした場合、労働者1人1時間あたりの物的労働生産性が算出できます。

例えば、1,000個の製品を労働者20人で生産した場合の労働者1人あたりの物的労働生産性は、1,000個÷20人で50個です。

付加価値労働生産性の計算方法

付加価値労働生産性の計算式は、以下のとおりです。

付加価値労働生産性=付加価値額÷労働量

この計算式の労働量を労働者数にした場合は、労働者1人あたりの付加価値労働生産性が算出できます。また、労働量を労働者数×労働時間にした場合、労働者1人1時間あたりの付加価値労働生産性が算出できます。

例えば、10人の従業員で製造した商品の売上金額が1,000,000円で、原材料費などに500,000円かかった場合の付加価値額は500,000円です。

この場合の労働者1人あたりの付加価値労働生産性は、500,000円÷10人で50,000円です。

労働生産性を上げることのメリット

労働生産性を上げることにより、企業にとっても従業員にとっても様々なメリットをもたらします。本項では、労働生産性の向上がもたらすメリットについて解説していきます。

人材不足・少子高齢化への対策

近年では、労働者不足に悩んでいる企業が数多くあるのが現状です。また、日本では少子高齢化が進み、人口の減少による労働者不足に陥ることが予想されます。

このような状況を乗り切り将来へつなげていくためには、労働生産性を向上させ少ない労働者でも生産力を落とさないことが大きなメリットです。

労働力のコスト削減

労働生産性が上がることにより、少ない労働力で大きな成果が期待できるようになります。その結果、時間外労働が減り、人件費などの労働力のコストの削減につながります。削減できた人材や資金を他の注力すべき事に投資をすることで、さらなる生産性の向上が見込めるのです。

ワークライフバランスの向上

近年の価値観の多様化により、仕事のみならずプライベートも充実させるワークライフバランスを重視する従業員が増えています。労働生産性が上がることにより、時間外労働が減少し就業時間内に業務が終了できるようになります。

労働時間を減らすことができればプライベートの時間を増やせるようになり、ワークライフバランスの実現ができるようになるのです。

従業員のモチベーション向上

労働生産性が上がることにより、プライベートや趣味の時間が確保できるようになります。また、仕事に対する意欲が高まり、成果も実感しやすくなります。その結果、仕事に対する従業員のモチベーションが向上して、企業の業績やブランドイメージも高めることができるのです。

コア業務への投資につながる

労働生産性を上げることにより、人件費などの労働力が削減されて利益も増やすことができます。その削減できたコストや利益を、企業の売上や利益に直結するコア業務への投資につなげることができるのです。

DX推進につながる

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術やITなどの活用により企業の競争力を高めることです。DXを推進することにより、従業員が手作業で行っていたことが自動化され労働生産性が高まります。労働生産力が高まることにより、さらなるDX推進につながるのです。

労働生産性を上げる方法

労働生産性を上げることによって、様々なメリットをもたらします。ただし、何も対策を立てていなければ、労働生産性を上げることはできません。本項では、労働生産性を上げる具体的な方法について解説していきます。

現状を把握する

まずは、労働生産性の計算式により労働生産性を数値化し、企業における現状の労働生産性を把握します。ここで労働生産性の現状を把握しなければ、自社の労働生産性が業種別に比較して高いのか低いのかを知ることはできません。

現状を知ることで、具体的な目標値の設定や、労働生産性を上げるための具体的な対策を立てることができるのです。

生産性が下がっているボトルネックを洗いだす

現状の労働生産性を把握して以前よりも下がっている場合は、業務の棚卸しをして原因であるボトルネックを洗いだすことが大切です。

労働生産性が低下している原因であるボトルネックを洗いださなければ、何をどう改善すれば労働生産性が上がっていくのかがわかりません。ボトルネックを洗い出し、改善方法をみつけることで労働生産性が高まります。

ボトルネックを解消する

労働生産性が低下している原因であるボトルネックを洗いだせたら、解消するための最適な解決策やその優先順位を考えます。そして、解決策を優先順位に従って実行することで、ボトルネックが解消できるのです。

KPIの設計を行う

労働生産性を上げる具体的な方法として、KPI(Key Performance Indicator)の設定が挙げられます。KPIとは、目標達成のための業績評価の指標のことで、5つの要素である「SMART」に基づき設定します。

SMARTとは、以下のアルファベットの頭文字を並べたものです。

  • S(Specific):明確性、具体性
  • M(Measurable):計測可能
  • A(Achievable):達成可能性
  • R(Relevant):関連性
  • T(Time-bound):期限

KPIを設定することで、現状の状況と目標を達成するには何が足りないのかを数値化できるため、労働生産性を上げることができます。

評価制度の見直しを行う

評価制度が不十分な企業では、従業員のモチベーションが上がりません。評価制度の透明性を高くして、多くの従業員が納得できるように見直すことで、労働生産性を上げていくことにつながるのです。

業務フローの改善・可視化を行う

業務フローが長い間見直されていなかったため、不要業務や重複業務が過去から現在まで行われている場合があります。また、業務ごとのマニュアルが整備されていないため、業務が明確でない場合もあります。このような場合に業務フローの改善や、可視化を行うことで、労働生産性を改善することができるのです。

PDCAを回し振り返りを行う

PDCAとは、以下の4つのプロセスの頭文字を並べたものです。

  • P(Plan):計画
  • D(Do):実行
  • C(Check):検証
  • A(Action):改善

PDCAのサイクルを回して循環を図ることにより、労働生産性を上げることができます。

補助金などを活用しIT導入・社員スキルの向上を測る

労働生産性を上げるためには、ITツールを導入して業務の効率化や社員スキルの向上を図ることも有効です。しかし、ITツールの導入にはコストがかかるため、予算を確保しておく必要があるでしょう。

日本は労働生産性が低いといわれているため、補助金制度などで国がサポートをしています。ITツールの導入に関しては、「IT導入補助金」という中小企業や小規模事業者に対して導入を支援する補助金があります。このような補助金を活用することで、生産性向上につなげることができるのです。

労働生産性の高い企業の特徴

労働生産性の高い企業には、共通した特徴があります。本項では、労働生産性の高い企業はどのような特徴を持っているかについて解説していきます。

心理的安全性が高い

心理的安全性とは、従業員全員がチームの中の誰に対しても恐怖や不安を感じることがなく、安心して発言や行動ができる状態のことです。発言することを恐れずにいろいろな意見を言うことで、人間関係を気にすることなく建設的な意見が従業員全員から均等に発言されます。その結果、企業全体の労働生産性が高くなるのです。

従業員の社会的感受性が高い

社会的感受性とは、他のメンバーの表情や行動からその人の気持ちや望みを察知することです。社会的感受性が高い従業員が多ければ多いほど、コミュニケーションが円滑に進みます。

社会的感受性が高い企業では、経営層やプロジェクトリーダーが従業員の考えを把握しているため、うまく組織が機能することで労働生産性が高くなります。また、従業員側の社会的感受性が高いと、経営層やプロジェクトリーダーの意図を正確に理解できるため、労働生産性が高くなるでしょう。

労働生産性を高めることが企業の発展につながる

企業の労働生産性を高めることができれば、会社の業績アップが図れて利益も増やすことができます。また、従業員にとっても、企業の満足度が上がり企業のイメージアップにもつながります。

労働生産性を高められれば企業の発展につながるため、労働生産性を上げることはとても大切なことだといえるでしょう。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

関連記事