1. 確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」
  2. 確定申告の基礎知識

確定申告の基礎知識

確定申告とは?という疑問に対する説明や、確定申告の期間や時期、必要書類の書き方などの基礎知識をご説明します。

新着記事

スモールビジネスを副業ではじめる際のコツ3選

スモールビジネスを副業ではじめる際のコツ3選

会社に勤めながらもいつか起業を考えているという方は、まずは週末などの休日や終業後の時間を活用してスモールビジネスをはじめてみることをおすすめします。 いきなり会社を辞めて事業を興すことはやはりリスクが大きいものです。会社勤めをしながら小さく…
個人事業主必見!屋号入り銀行口座を開設できる銀行比較

個人事業主必見!屋号入り銀行口座を開設できる銀行比較

銀行口座を開設する際に、屋号を付けた名称で開設したいという方も多いのではないでしょうか?個人事業主で屋号を付けるメリットとしては、事業内容を明確に伝えることができる(○○photo studio、○○会計事務所など)ということが挙げられます…
個人事業主が開業するために必要な書類とは?

個人事業主が開業するために必要な書類とは?

会社を退職して独立した場合、税法の世界では「個人事業主」に該当することになります。 サラリーマン時代には、税務署に対して管理部や総務部などが書類を提出してくれていたかと思いますが、独立後はそうはいきません。 個人事業主となる場合に最低限、税…
個人事業主の印鑑登録の手続き方法について

個人事業主の印鑑登録の手続き方法について

個人事業主として事業をするうえで、印鑑の必要な場面はいくつかあります。契約書を取り交わすとき、請求書を送るとき、また領収書を発行するときなど日常的な業務のなかでも印鑑は使います。 そのなかで、印鑑登録をすませた印鑑は、どのような扱いになるの…
個人事業主が行う商号登記について

個人事業主が行う商号登記について

個人事業主は、事業を始めるときに、会社経営とは違って登記を行いません。そのため、基本的に登記に無縁と思っている人が多いのが現状です。ここでは、個人事業主の商号登記について紹介します。 個人事業主なら、登記は必要ない? 会社ではないため、事業…
【税理士が解説】初心者でも安心!青色申告ソフトで確定申告

【税理士が解説】初心者でも安心!青色申告ソフトで確定申告

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。そのうち、個人事業主やフリーランスの方を対象とする青色申告の基礎知識から、マネーフォワード クラウド確定申告で青色申告をするメリットまで、税理士の高橋和也氏が解説します。 【税理士が解説】初…
確定申告ソフトでフリーランスが確定申告に初めての挑戦!

確定申告ソフトでフリーランスが確定申告に初めての挑戦!

個人事業主やフリーランスの方にとって、毎年避けては通れない確定申告。 確定申告の負担を軽減してくれるという確定申告ソフトの概要と、「マネーフォワード クラウド確定申告」を使って実際に確定申告に挑戦した様子をレポートします。 確定申告ソフトで…
自由業の確定申告

自由業の確定申告

自由業には、たくさんの業種があるのはご存じのことと思います。自由業とほぼ同じ意味で、フリーランスと言われたりもしていますね。個人の才能や専門技術で生計を立てている人を意味しています。 生計を立てるほどの収入があれば、確定申告が必要です。 こ…
個人経営の確定申告

個人経営の確定申告

この記事では、個人経営者で確定申告が不安な方や、これから個人経営を始めたい方向けに、確定申告について解説しています。 確定申告といっても、税金の種類によって方法はさまざまです。 まずは「個人経営とは?」という疑問から、かかる税金の種類を知っ…
確定申告の書類3種類をマスターしてスッキリ理解しよう!

確定申告の書類3種類をマスターしてスッキリ理解しよう!

確定申告書用紙 確定申告書用紙には、 ・確定申告書A ・確定申告書B ・確定申告書第三表(分離課税用) ・確定申告書第四表(損失申告用) ・確定申告書第四表(損失申告用)付表(東日本大震災の被災者の方用) ・確定申告書第五表(修正申告用) …
投資信託の取引で確定申告が必要になる場合とは?

投資信託の取引で確定申告が必要になる場合とは?

投資信託の売却益や分配金には税金がかかりますが、源泉徴収されて確定申告が不要の場合もあれば、確定申告が必要になる場合もあります。 これから、投資信託の売却益や分配金について、どのような場合に確定申告が必要なのかについて解説します。 なお、こ…
結婚したら確定申告が必要?

結婚したら確定申告が必要?

結婚すると人間関係も大きく変わりますが、税法上でも色々な変化があります。独身の頃は関係のなかった確定申告・控除制度についても知っておく必要があるでしょう。 ここでは「結婚と確定申告」をキーワードに、結婚後に起こる税法上の変化や注意点について…
確定申告で口座振替を選ぶメリット・デメリット

確定申告で口座振替を選ぶメリット・デメリット

確定申告の社会保険料控除で適用される国民年金ですが、口座振替で前納することによって保険料が割引される制度があるのをご存じですか? 今回は前納することによって保険料が割引される「国民年金前納割引制度」とこの制度を使用した際の確定申告の控除につ…
節税に役立つ控除制度5選

節税に役立つ控除制度5選

「企業でもない限り節税なんて関係ない話」なんて思っていませんか? 実は会社員でも確定申告や控除制度について理解を深めれば、十分節税はできます。控除制度とは課税の基準になる所得や、所得税額そのものから一定額を差し引いてくれる制度です。 ここで…
2020年確定申告の準備

2020年確定申告の準備

年が明け、2月になると2020年の確定申告が始まることになります。2020年の確定申告に向けて、今からできることがありますので、いくつかご紹介したいと思います。 2020年の確定申告に向けて準備しておくこと 2020年に確定申告を行うのは、…
【初心者向け】確定申告の手順|はじめてガイド

【初心者向け】確定申告の手順|はじめてガイド

そろそろ確定申告の時期が近づいてきました。読者の中には今年はじめて確定申告をするという方もいらっしゃると思います。 本稿では、はじめて確定申告をする方向けに、確定申告で迷わないよう、確定申告の概要、提出期限と提出先のほか、確定申告の手順につ…
特定口座と確定申告の関係

特定口座と確定申告の関係

株式を売却したり購入したり、取引するための口座には、「一般口座」「特定口座」「非課税口座」の3種類があります。 ここでは株式取引を行なうための3種類の口座のうち「特定口座」を取り上げて紹介するとともに、確定申告時の具体例を挙げながら解説をし…
確定申告がわかる本の紹介

確定申告がわかる本の紹介

確定申告は資金的に余裕があれば税理士に頼んで作成してもらうこともできますが、まだそれほど規模が大きくない個人事業主やフリーランスの確定申告は、自分で行なわなければなりません。 そんな時にサポートしてくれる本があれば、難しいと思っていた確定申…
用紙の入手方法や印刷方法まとめ

用紙の入手方法や印刷方法まとめ

確定申告は「申告納税制度」を採用しているため、納税者が自主的に申告・納税する必要があります。自主的に申告・納付する制度主旨であるため、確定申告をするための用紙を入手するところから始めることになります。 ここでは確定申告用紙の入手方法や、確定…
エクセルで帳簿ができるサイト2選

エクセルで帳簿ができるサイト2選

確定申告は申告書を作って提出すれば良いというわけではなく、申告書を作る土台となる帳簿がなければなりません。 本記事では個人事業主が確定申告する際に必要となる帳簿について解説し、それらの帳簿のフォーマットをエクセル形式で提供しているサイトを紹…
利用者識別番号とは

利用者識別番号とは

確定申告の方法 確定申告には郵送(もしくは持参)によって行う方法と電子申告によって行う方法の2つがあります。 それぞれどのような利点があるのでしょうか? 郵送もしくは持参による確定申告 郵送もしくは持参により確定申告をした場合の代表的なメリ…
確定申告がわからない人向け

確定申告がわからない人向け

初めての確定申告はわからないことだらけです。 「何を用意すればいいのかわからない」 「確定申告書用紙がどこにあるのかわからない」 「源泉徴収票がどういう書類なのかわからない」 「いつまでに確定申告すればいいのかわからない」 このようなあなた…
投資信託の確定申告

投資信託の確定申告

投資信託の分配金と売却益には、所得税と住民税が課税されます。源泉徴収されて確定申告が不要の場合もあれば、確定申告が必要になる場合もあります。ここでは、どのような場合に確定申告が必要なのかについて解説します。 なお、ここでいう投資信託とは日本…
配当金がある場合の確定申告

配当金がある場合の確定申告

株式投資をしていれば、投資している会社の業績が不振である場合などを除いて、1年に1、2回は配当金を受け取ることができます。一般的に、配当金に係る税金は源泉徴収されるので、確定申告をする必要はありません。 しかし、所得が一定額以下の場合や株式…
個人事業主の確定申告はいつまで?申告期限と制度

個人事業主の確定申告はいつまで?申告期限と制度

毎年確定申告を行なっている個人事業主も、今年初めて確定申告を行なう個人事業主も、確定申告をいつまでに行わなければならないのかわからなくなってしまうことがあります。 原則として確定申告は2月16日から3月15日となっていますが、該当日が土日祝…
確定申告で振替納税を活用するための手続きと注意点

確定申告で振替納税を活用するための手続きと注意点

国税庁もおすすめの振替納税制度のメリット 確定申告の所得税を納税するための代表的な方法には以下のものがあります。 (1)金融機関や税務署で納付する 金融機関や税務署では現金で納付することができます。しかし、毎年納付書の記入をしなければならな…
振込で過払い税金が戻るのはいつ?

振込で過払い税金が戻るのはいつ?

払い過ぎた税金を取り戻すための確定申告をした人にとって、還付金がいつ振込まれるのか気になるところだと思います。 納め過ぎた所得税の還付金が振込まれるまでの一般的なスケジュールや確認方法、注意点をまとめました。 確定申告してから還付金が振込ま…
無職・無収入でも確定申告が必要な場合

無職・無収入でも確定申告が必要な場合

無収入の場合は原則として確定申告は必要ありません。しかし一般的な「無収入」の定義と、所得税法上の「無収入」の定義が一致していないために、実際には無収入とはならず確定申告が必要な場合があります。 今回は所得税法上の「無収入」の定義を正しく理解…
フリーターの確定申告

フリーターの確定申告

フリーターにも確定申告が必要な場合があることをご存知でしょうか?ここではどんな場合にフリーターが確定申告しなければならないのか、その理由と仕組みを紹介。 またもし確定申告が必要だと分かった場合には、どんな書類が必要で、確定申告をするにはどこ…
確定申告の控えに関するポイント

確定申告の控えに関するポイント

確定申告書を直接税務署に提出した場合はその場で控えを手渡してもらえますが、e-Taxや郵送の場合は控えをもらうためのちょっとしたコツが必要となります。また、確定申告書の控えを活用する場面や、紛失してしまった場合の対処方法もまとめてみました。…
転職で確定申告が必要?年末調整ができないパターン

転職で確定申告が必要?年末調整ができないパターン

新しい会社に転職することが決まっていれば、確定申告は必要ないと思っていませんか?転職が済み、手続きが完了していたとしても、確定申告が必要になる場合があります。 今回は転職しても確定申告が必要になる2パターンを紹介します。 退職後に支給された…
確定申告はどこでするの?

確定申告はどこでするの?

はじめて確定申告をする人はどこでどのように手続きをすればいいのか、わからないことだらけなのではないでしょうか。 ここでは確定申告に関する、 ・どこで申告すればいいのか ・どのような人が申告をしなければならないのか ・どのような場合に税金が戻…
確定申告書の印鑑は実印?

確定申告書の印鑑は実印?

印鑑の種類とは? 印鑑には「実印」「銀行印」「認印」「シャチハタ」「屋号の印鑑」等があります。それぞれどのような特徴があるのでしょうか? 印鑑印影のイメージ 「実印」等の印鑑といってもイメージがわかないかもしれませんので、下記参考イメージを…
確定申告の会場

確定申告の会場

インターネットなどである程度まで確定申告の方法はわかるものの、「本当にこれで合っているのか?」「この場合はどうすればいいの?」ということはたくさんあるのではないでしょうか。 ここではそもそも確定申告の会場はどこなのかということから、個人事業…
確定申告書Bの記入のポイント

確定申告書Bの記入のポイント

記入例を見ながら確定申告書を作成する場合、意外なところで戸惑ってしまい記入する手が止まってしまうことがあります。そのような時でも確定申告書を記入することができるように、ポイントをまとめてみました。 確定申告書の基本情報 記入例に関するポイン…
確定申告の手引きの解説

確定申告の手引きの解説

国税庁のサイトでは確定申告書の種類ごとに手引きや申告のしかたが紹介されていますが、専門用語で説明されていて全然理解できないと感じたことが誰でもあると思います。 確定申告の手引きに書いてある専門用語を一般用語に置き換えるだけでなく、具体的な金…
出産するなら確定申告しよう

出産するなら確定申告しよう

    出産が決まった人が確定申告をすると賢く節税ができることをご存知でしょうか? ここでは出産と節税をつなげる「医療費控除」と、この控除制度を受けるために必要な書類の書き方について解説します。生まれてくる赤ちゃんのため…
【初めて確定申告をする人向け】会社員もできる確定申告

【初めて確定申告をする人向け】会社員もできる確定申告

初めて確定申告をする方にとって、確定申告はとても難しいイメージがあるのではないでしょうか?サラリーマンで今まで確定申告をしたことがない人なら、なおさら難しいと感じるかもしれません。 そこで今回は確定申告について、会社員で初めて確定申告を行う…
確定申告はいくらから?

確定申告はいくらから?

扶養の範囲内で収めたい まだ事業を始めたばかりでそれほど売上が出ていない 税金が増えない範囲でアルバイトを掛け持ちしたい という人にとって、いくらから確定申告が必要になるのか気になるところではないでしょうか。 ここではバイトや主婦、副業をし…
確定申告を電子申告で行う方法

確定申告を電子申告で行う方法

今年の確定申告は電子申告でしてみようか…と毎年思っているけど、よくわからずに書面での確定申告を続けている方、必見。 今年こそ、これを読めば電子申告ができるようになります。電子申告の制度の意義や、メリット・デメリット、そして意外とつまずきやす…
国民年金を活用した節税方法

国民年金を活用した節税方法

国民年金は、所得税の確定申告では社会保険料控除に分類されます。 会社員の場合は年末調整で社会保険料控除を所得から控除されますが、自営業やフリーランスは、国民年金を確定申告で社会保険料として控除することになります。家族の国民年金を支払った場合…
インターネットで確定申告する方法

インターネットで確定申告する方法

最近では、確定申告がインターネットで行えることを知っている人も多いと思います。しかし、「いざ、どうやって行えばいいのかわからず、結局今年も利用しなかった」という人もいるのではないでしょうか。 次回の確定申告に向け、また、確定申告が初めての方…
確定申告書Aってどう書くの?会社員も知っておきたい確定申告のキホン

確定申告書Aってどう書くの?会社員も知っておきたい確定申告のキホン

会社員として給与をもらっている人の大半は、確定申告をしなくても問題ありません。しかし一定の条件によって、税金を多く払い過ぎている場合があります。確定申告をすると余分に納めた所得税を取り戻すことができ、その時に提出するのが確定申告書Aです。 …
確定申告書の様式を具体例で解説

確定申告書の様式を具体例で解説

確定申告をするためには、自分がどの様式の確定申告書を使うのかを判断しなければなりません。 ここでは確定申告書の様式の種類を紹介するとともに、具体例を挙げながら選定方法を解説していきます。 確定申告書の様式の種類と違い 確定申告書の様式は第一…
代行してもらうメリットと注意点

代行してもらうメリットと注意点

確定申告は事業主の方本人がすることも可能ですが、実は専門家に代行してもらったほうが、時間的に節約できるのはもちろん、金銭的にもお得になる可能性があります。 今回は確定申告を代行してもらうメリットと注意点について解説したいと思います。報酬相場…
土地取引に関する確定申告の注意点

土地取引に関する確定申告の注意点

土地取引の様態土地を売った場合は譲渡所得として、土地を貸して所得を得た場合は不動産所得として確定申告が必要になるなど、土地関係の取引と確定申告は切り離せないもの。今回は、確定申告しなければならない土地取引について解説したいと思います。 譲渡…
確定申告の延滞税について

確定申告の延滞税について

確定申告の遅延や修正によるペナルティのひとつとして、延滞税があります。 法律で定められた納付期限日までに税金を納めないと、滞納した日数にともなって延滞税が課せられます。 余計な費用が発生しないように、きちんと準備して確定申告に臨みましょう。…
確定申告のペナルティについて

確定申告のペナルティについて

確定申告は、法律で決められた期間内(毎年2月16日から3月15日まで)に書類を提出し、税金を納めることになっています。 もし、申告期限を過ぎてしまった場合でも確定申告はできますが、相応のペナルティが課せられます。時間がたつほどペナルティによ…
滞納した場合はどうなるの?

滞納した場合はどうなるの?

確定申告を行う際、通常は定められた申告書を提出期限までに提出します。 しかし、どうしても期日に遅れてしまう場合や、修正が発生する場合があります。 確定申告書の提出期限は税金の納付期限でもありますので、1日でも過ぎてしまうと税金の滞納という取…
確定申告の方法について

確定申告の方法について

「確定申告」という言葉は聞いたことがある、知っているという人も、実際に確定申告の経験がなければ馴染みが薄いのではないでしょうか。 自営業者や法人に関連するイメージがあるかもしれませんが、給与所得者ならば関係がないと考えてはいけません。 じつ…

Facebook

明細データを自動で取得し、自動で仕訳。手作業を大幅にカットして、確定申告をラクにできます。

詳しくはこちら