年末調整

Pocket

年末調整とは、雇用主等が会社員や公務員などの給与所得者に対して1月〜12月の1年間給与や源泉所得税を計算し、それまでに徴収した税額との過不足を求め、その差額を徴収または還付し生産する仕組みのことである。

年末調整は、原則として給与の支払い者に「給与所得者の扶養控除等申告書」を年末調整を行う日までに提出している人が対象となる。

対象となる人は、年末調整を12月に行う場合と年の途中で行う場合で異なる。年末調整の流れとしては、1年間に支払った給料、賞与の額を合計した後、給与所得控除を計算することにより給与の額を求め、その金額から所得税額を計算する。

支払った所得税の合計額が年末調整により算出された税額より多い場合は還付、少ない場合は徴収となる。

なお、給与からの天引きにより源泉徴収されている所得税額には、生命保険控除等が反映されていないため、年末調整により正しい所得税額を算出し、それらの金額の分も清算している。

関連記事

確定申告と年末調整の違い|確定申告の基礎知識
マイナンバーで年末調整が変わるって本当?|マイナンバーの基礎知識
所得税が戻る?押さえておきたい年末調整の基本的な手順
年末調整の訂正の仕方や年末調整後の修正について|給与計算の基礎知識
年末調整時期に無職の場合|給与計算の基礎知識



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。