賞与の所得税は自分でもチェックできる

読了まで約 5

賞与から天引きされる所得税は、給与のときとは違った方法で計算されます。この記事では、賞与から天引きされる所得税の計算方法を、計算例もあわせて詳しくお伝えします。

賞与は給与に比べて金額が高いだけに、天引きされる所得税が正しく計算されているかどうかは気になるものです。賞与の所得税の計算方法を知っておくと、賞与の明細を受け取ってから自分でチェックすることができます。

賞与の所得税の計算には前月の給与を使う

所得税の計算上、賞与とは、毎月の給与とは別に支払われるものをさします。

たとえば、ボーナス、賞与、夏期手当、年末手当、期末手当などの名目で支払われるものがあてはまります。

賞与から天引き(源泉徴収)される所得税は、次のような手順で計算されます。賞与支給月の前月の給与を基準にする点が特徴です。

(1)  賞与支給月の前月の給与から社会保険料等を差し引きます。

(2) 上記(1)の金額と扶養親族等の数を「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」に当てはめて、賞与の金額にかける税率を求めます。

このとき、「給与所得者の扶養控除等申告書」を会社に提出している場合は「甲欄」を、提出していない場合は「乙欄」を参照します。

抜粋:平成30年分 源泉徴収税額表|国税庁

税率は、所得税と復興特別所得税をあわせたものです。

(3) 次の算式で、源泉徴収される税額を求めます。

賞与から社会保険料等を差し引いた金額)×上記(2)で求めた税率

給与や賞与から社会保険料等を差し引いた金額は、給与明細で「課税対象額」として記載されている場合があります。もし、明細に課税対象額の欄がなければ、自分で計算します。

より簡単に理解してもらえるように、具体例をもとに賞与の所得税の計算方法を説明します。

【例】Aさんの12月の賞与と前月(11月)の給与が次のとおりであった場合、12月の賞与から源泉徴収される税額を求めます。
12月の賞与(社会保険料等を差し引いた金額):80万円
11月の給与(社会保険料等を差し引いた金額):30万円
扶養家族等の人数:3人
Aさんは「給与所得者の扶養控除等申告書」を会社に提出しています。

11月の給与(社会保険料等を差し引いた金額)30万円と、扶養親族等の人数3人を「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」に当てはめて、賞与の金額にかける税率を求めます。

Aさんは「給与所得者の扶養控除等申告書」を会社に提出しているので、甲欄を参照します。

表を参照すると、賞与にかける税率は4.084%であることが読み取れます。

12月の賞与(社会保険料等を差し引いた金額)80万円に税率の4.084%をかけた、32,672円が賞与から源泉徴収する所得税の額となります。

(計算式)800,000円×4.084%=32,672円

前月の給与がなかった場合

賞与支給月の前月の給与がなかった場合、賞与から源泉徴収される所得税は次のように計算されます。

(1) (賞与から社会保険料等を差し引いた金額)÷6 で求めた金額を、「給与所得の源泉徴収税額表(月額表)」に当てはめて税額を求めます。

(2) (1)の金額を6倍したものが、賞与から源泉徴収する所得税の額になります。

賞与の対象期間が半年を超える場合は、上記の計算方法(1)の「÷6」を「÷12」に、(2)の「6倍」を「12倍」に、それぞれ読み替えます。

賞与が前月の給与の10倍を超える場合

前月の給与が極端に少ないなどの理由で、賞与の額が前月の給与の10倍を超える場合、賞与から源泉徴収される所得税は次のように計算されます。なお、10倍を超えるかどうかは、前月の給与と賞与のどちらも社会保険料等を差し引いた後の金額で判定します。

(1) (賞与から社会保険料等を差し引いた金額)÷6 +(前月の給与から社会保険料等を差し引いた金額)で求めた金額を、「給与所得の源泉徴収税額表(月額表)」に当てはめて税額を求めます。

(2) (1)の税額-(前月の給与から源泉徴収された税額)で求めた金額を6倍した額が、賞与から源泉徴収する所得税の額になります。

賞与の対象期間が半年を超える場合は、上記の計算方法(1)の「÷6」を「÷12」に、(2)の「6倍」を「12倍」に、それぞれ読み替えます。

給与計算や社会保険料に関するより詳しい情報はこちら。
>>給与計算の基礎知識

まとめ

賞与から源泉徴収される所得税は、前月の給与を基準にして税率が決まるなど、給与の場合とは異なる方法で計算されます。

多くの場合、賞与から源泉徴収される所得税の額は正しく計算されていることでしょう。しかし、賞与は金額が大きいだけに、間違えると誤差も大きくなってしまいます。

もし、賞与の所得税の額が間違っているのではないかと心配になった場合は、ここでご紹介した計算方法をもとに、自分でチェックしてみてはいかがでしょうか。
なお、給与等支給時に徴収される源泉所得税額(復興特別所得税を含む)と年税額との過不足は年末調整にて精算(還付又は追徴)されます。

関連記事

・予定納税と還付加算金の関係|所得税の基礎知識
・役員賞与は税金が高くつく!?
・所得税が非課税になる場合とは

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

監修:土屋 英則 (税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。



「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料