あなたは大丈夫?源泉徴収義務者になる基準とは

読了まで約 3

源泉徴収とは本来、給与等を支払う側が、受け取る側の所得税額を計算し、あらかじめ給与等から差し引いて(天引きして)国に前払いすることをいいます。では、源泉徴収の義務は、どこから、だれに発生するのでしょうか。

源泉徴収はだれの義務?

給与等を受け取る者が、対象となる年度の1月1日から12月31日までの収入に対する税金を自分で計算し、翌年3月15日までに確定申告して納税することを申告納税制度といいます。これは国民の義務です。しかし、給与等を受け取る各人が税金を期限内に漏れがなく申告・完納するのは容易ではなく、また、一度に大金を支払わせるのは納税者にとって負担になるということで、支払い時に給与や報酬からあらかじめ納税額を差し引くという源泉徴収制度が生まれました。

一般的に、給与の場合、源泉徴収を行うのは雇い主側の会社の義務です。そして、年度末には会社側の年末調整によって、給与を受け取った側の所得税額が確定します。この源泉徴収制度により、企業や個人事業主は、源泉
徴収義務者になります。

会社のほかに源泉徴収を行う義務があるのは?

給与や報酬、料金を支払う際に、源泉徴収して、国に源泉徴収税を納付する義務がある者を「源泉徴収義務者」といいます。人を雇って事業を営む会社や個人事業主は、給与や報酬を支払うたびに源泉徴収を行う義務があります。また、会社や個人事業主に限らず、学校や官公庁、協同組合、社団・財団法人なども「源泉徴収義務者」になります。

源泉徴収義務者になるための届け出について

個人や会社を設立して従業員を雇った場合、源泉徴収義務者として扱われ、設立から1カ月以内に税務署に「給与支払事務所等の開設届出書」を提出することになっています。ただ、個人が事業を始めるために事務所を開設した場合は、「給与支払事務所等の開設届出書」を提出する必要はなく、「個人事業の開業届出書」を所轄の税務署に持参、または送付により提出します。

源泉徴収はどの所得から支払われるのか?

企業や個人事業主が源泉徴収を行わなければならないのは、従業員に支払われる報酬・給与だけではありません。税理士や事業のために外部の専門家を雇った場合の報酬・料金を支払う際にも源泉徴収を行う義務があります。もし、源泉徴収漏れが発生した場合にペナルティが課されるのは、報酬・料金を支払う側となるので源泉徴収を怠らないように注意してください。

しかし例外として、従業員を1人も雇っていない個人事業主が、だれにも給与や退職金等を支払っていない場合、弁護士や税理士だけに報酬や料金を払った場合は、源泉徴収する必要はありません。常時2人以下の家事使用人だけに給与・退職金を支払っている場合もまた、源泉徴収を行わなくてもよいことになっています。

こうした例外もあるため、源泉徴収義務者となった場合は、しっかりとルールを確認する必要があります。

源泉徴収義務者としての責任を忘れずに

毎月の支払い金額から徴収された税金は、対象となる給与等が発生した月の翌月10日までに源泉徴収義務者によって税務署に支払われます。
(従業員が常時10人未満の会社や個人事業主については、申請により、特例的に年2回の納付が認められています。)
そして年末調整によって税額を決定し確定申告されます。源泉徴収義務者にとって、源泉徴収制度は、給与等を受け取る者がいる場合には、必ず守らなければならない制度です。

源泉徴収義務者が源泉徴収を行わないとペナルティが課されることもありますので、源泉徴収のしくみをしっかり理解し、対象者となる人は事前に準備しておいてください。

参考URL
源泉徴収義務者とは/国税庁
源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲/国税庁

源泉徴収についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。
源泉徴収が必要な報酬と注意事項を徹底解説!
源泉徴収票の見方を理解しよう!

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

監修:緒方 康人 (公認会計士 / 税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。

「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料