法人税法

Pocket

法人税法とは法人税について、納税義務者、課税所得等の範囲、税額の計算の方法、申告、納付及び還付の手続き、並びにその納税義務を適正に果たすために必要な事項を定める法律である。

つまり広義の所得税に関する法体系の一部を構成する法律、法人の所得などに対する税金について定められている。

広義の所得税とは、個人所得税及び個人以外の事業体の所得税をいう。

1940年に所得税法から法人税法が独立し、現在に至るまで別の法律として規定され続けているのに対しアメリカでは一つの法律に章立てして規定されている。

納税義務者、国内に法人を持つ内国法人は全世界所得に課税され、外国法人は国内源泉所得のみに課税される。

事業体への課税のあり方は2種類あり、パス・スルー課税と呼ばれる各構成員段階で課税を行う考え方と、ペイ・スルー課税と呼ばれる組織を実態として捉え、組織そのものに課税する考え方がある。

現在日本で法人税等という場合は一般的にペイ・スルー課税の考え方に基づく課税を指し、民法上の組合や商法上の匿名組合などに対してパス・スルー課税を採用している。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。