• 作成日 : 2021年11月26日

エアコン購入費・設置費の仕訳と勘定科目まとめ

エアコン購入費・設置費の仕訳と勘定科目まとめ

エアコンの購入費や設置費は、消耗品費や工具器具備品、一括償却資産などの勘定科目で仕訳ができます。金額によって勘定科目が変わるため、仕訳をする際には注意が必要です。また、エアコンクリーニング代や撤去費用も経費計上ができます。それぞれの勘定科目や仕訳例を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

エアコンの購入費・設置費を仕訳する場合の勘定科目

エアコンの購入費と設置費は、通常区分けせずにまとめて仕訳ができます。実際に設置費込みで販売されていることもあるので、そのまま分けずに帳簿に記載しましょう。ただし、勘定科目は金額によって異なるため注意が必要です。

エアコンの購入費・設置費が10万円未満の場合の勘定科目

エアコンの購入費と設置費の合計が10万円未満の場合は「消耗品費」として仕訳ができます。購入費と設置費の合計が7万7,000円で、かつ現金で支払ったときには、以下のように帳簿に記載しましょう。

借方
貸方
消耗品費
77,000円
現金
77,000円

エアコンの購入費と設置費をクレジットカードで支払ったときは、二段階に分けて帳簿に記載します。最初はクレジットカードで決済をしたタイミングで、貸方を「未払金」として以下のように仕訳をしましょう。

借方
貸方
消耗品費
77,000円
未払金
77,000円

クレジットカードで利用料金が引き落とされたときに、2回目の仕訳をします。貸方を「普通預金」として以下のように仕訳をしましょう。

借方
貸方
未払金
77,000円
普通預金
77,000円

なお、エアコンを2台以上同時に購入したときは、それぞれが10万円未満のときは以下のように2行に分けて仕訳ができます。

借方
貸方
消耗品費
77,000円
現金
77,000円
消耗品費
77,000円
現金
77,000円

エアコンの購入費・設置費が10万円以上20万円未満の場合の勘定科目

エアコンの購入費と設置費の合計額が10万円以上20万円未満の場合は、「一括償却資産」の勘定科目で仕訳ができます。一括償却資産とは耐用年数に関わらず3年で償却できる資産のことです。資産ではあるものの、固定資産税を支払う必要がないという税制上の優遇を受けられます。

エアコンの購入費と設置費の合計額が13万2,000円で現金で支払った場合は、以下のように借方を「一括償却資産」、貸方を「現金」として仕訳ができるでしょう。

借方
貸方
一括償却資産
132,000円
現金
132,000円

一括償却資産として経理処理をする場合でも、借方の勘定科目を常に一括償却資産にする必要はありません。例えば、壁に穴を開けて取り付ける一般的なエアコンであれば、「備品」や「工具器具備品」として仕訳をすることで一括償却資産として扱えます。

本来壁に穴を開けて取り付けるエアコンの償却年数は6年です。ただし、一括償却資産として処理することで、3年で減価償却できます。

借方
貸方
備品
132,000円
現金
132,000円

借方
貸方
工具器具備品
132,000円
現金
132,000円

ダクトを取り付けるエアコンであれば「建物付属設備」として仕訳をし、一括償却資産としても扱えます。ダクトを取り付けるタイプのエアコンは、本来であれば償却年数は13年もしくは15年です。しかし、一括償却資産として処理することによって3年で減価償却できます。

なお、エアコンの出力が22kW以下であれば償却年数は13年、22kWを超えるときは15年です。

借方
貸方
建物附属設備
132,000円
現金
132,000円

エアコンの購入費・設置費が30万円以上の場合の勘定科目

エアコンの購入費と設置費の合計額が30万円以上の場合は、一括償却資産として扱うことができません。通常の資産として扱い、元々の償却年数に基づいた会計処理が必要です。

壁に取り付けるタイプの一般的なエアコンであれば「備品」や「工具器具備品」、ダクト工事が必要なタイプであれば「建物附属設備」の勘定科目で仕訳をしましょう。それぞれタイプや出力に応じて6年、13年もしくは15年で減価償却します。

借方
貸方
備品
330,000円
現金
330,000円
借方
貸方
工具器具備品
330,000円
現金
330,000円
借方
貸方
建物附属設備
330,000円
現金
330,000円

エアコンの購入費・設置費が30万円未満の特例

エアコンの購入費と設置費の合計額が10万円以上30万円未満の場合は、資産として計上してから全額損金算入が可能です。償却資産税は発生するものの、エアコンを購入した決算期に全額を経費にできるので、次年度以降は帳簿に記す手間がかからず、経理処理を簡便化できるでしょう。

ただし、この全額損金算入の処理ができるのは、資本金か出資金が1億円以下の法人、もしくは従業員500人以下の個人事業主などの青色申告事業者であることが条件となります。また同様の処理ができるのは年間300万円までに限られるという点にも注意しましょう。

なお勘定科目は備品や工具器具備品など、エアコンのタイプや金額に合うものであれば特に問題はありません。

借方
貸方
備品
132,000円
現金
132,000円

エアコンのクリーニング代の勘定科目

エアコンをクリーニングすることで長持ちできることがあります。エアコンのクリーニング代も経費計上できるため、正しく仕訳をしておきましょう。

クリーニング代は「修繕費」「衛生管理費」「雑費」「外注費」などの勘定科目を使って仕訳をすることが可能です。どの勘定科目を使っても問題ありませんが、今後エアコンのクリーニング代に関しては同様の勘定科目を使い続けることに注意しましょう。
クリーニング代を「衛生管理費」の勘定科目で仕訳をし、現金で支払った場合は以下のようになります。

借方
貸方
衛生管理費
22,000円
現金
22,000円

エアコンの撤去費用の勘定科目

エアコンを撤去する費用は、「雑費」の勘定科目で仕訳をします。撤去費用に1万6,500円かかり、現金で支払った場合は以下のように帳簿に記載しましょう。

借方
貸方
雑費
16,500円
現金
16,500円

エアコンの購入金額に合わせて正しい勘定科目で仕訳をしよう

エアコンの勘定科目は、価格によっても異なります。10万円未満のときは消耗品費、10万円以上のときは備品や工具器具備品、建物附属設備などの勘定科目で仕訳をすることが可能です。資本金1億円以下もしくは従業員500人以下の青色申告事業者であれば、購入額が30万円未満のエアコンを全額損金算入できます。

エアコンのクリーニング代は修繕費や衛生管理費など、撤去費用は雑費の勘定科目で仕訳をすることが一般的です。いずれも一度使った勘定科目で次回以降も仕訳し、見やすい帳簿を作成するようにしましょう。

バックオフィス効率化で経理業務をラクにするなら

株式会社久松農園 久松 達央 様

マネーフォワード クラウド会計の導入事例

金融口座の取引明細データが自動で取り込まれ、各取引の勘定科目も自動で仕訳される。以前はインストール型ソフトを利用していたので、それがクラウドに変わるとこれほど自動化されるものなのかと本当に驚きました。

株式会社久松農園 久松 達央 様

右矢印アイコン もっと読む

よくある質問

エアコンの購入・設置費を仕訳する場合の勘定科目は?

10万円未満であれば消耗品費、10万円以上20万円未満であれば一括償却資産、また、10万円以上であれば備品、工具器具備品、建物附属設備などの勘定科目を使用できます。詳しくはこちらをご覧ください。

エアコンのクリーニング代の勘定科目は?

修繕費や衛生管理費、雑費、外注費などの勘定科目で仕訳をすることが可能です。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会計

会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。
取引入力と仕訳の作業時間を削減、中小企業・法人の帳簿作成や決算書を自動化できる会計ソフトならマネーフォワード クラウド会計。経営者から経理担当者まで、会計業務にかかわる全ての人の強い味方です。

関連記事