• 作成日 : 2020年4月6日

会計・経理担当者の勉強法とスキルアップ

経理担当者に必要とされるスキルは種々存在します。そして、日々の業務の効率化やキャリアアップを目指すのであれば、スキルアップは必須と言えるでしょう。そこで今回は、経理担当者に必要なスキルとともに、日常業務と資格取得2つの視点からスキルアップの手法について解説いたします。

経理担当者に求められるスキル

経理担当者には、次のスキルが求められます。

1.会計処理の知識

経理担当者のメインとなる作業は、伝票の起票です。

伝票の起票時には、単純に数字を会計ソフトに入力するだけでなく、その取引をなぜそのように仕訳するのかについて考え、入力することが大切です。そのため、会計に関する知識が必要とされます。

2.消費税法の知識

伝票を起票する際に、セットとなるのが「消費税」です。

伝票を起票する際、その取引が課税取引なのか非課税取引なのか、知っておかなければなりません。そのため、消費税に関する知識が必要とされます。

3.処理の細やかさ

経理担当者は日々伝票を起票することになりますが、扱う金額は非常に細かく、勘定科目も多種多様です。そのため、経理担当者には処理の細やかさが要求されます。

経理担当者は、証憑をもとに伝票を起票するのが業務の1つです。
例えば、発行した請求書金額にもとづき伝票を起票する場合、請求書よりも1円少ない金額で伝票を起票してしまうと、後日の引き落とし金額も1円ズレてしまいます。
経理では各部署の金銭を管理するため、1つのミスが関係部署の数値に影響を与え、ミスが波及してしまう可能性があります。
このため、経理担当者には細やかさが必要とされます。

日常業務のスキルアップ

日々の業務の質を上げるためのスキルアップ方法には、次の2つがあげられます。

1.ルールを知り、会計基準を読む

経理担当者の持つ日々のルーティンワークの1つが、伝票の起票です。

伝票の起票(仕訳処理)にはすべて理由が存在します。そして、その理由が記載されているのが会計基準です。会計基準とは、企業会計審議会の公表する「企業会計基準」や、企業会計基準委員会の公表する「実務対応報告」など、企業会計に関するルールの総称のことです。

日々ルール化されているワークフローにどのような意味があるのかを考え、会計基準まで遡ることができると大きくスキルアップできます。

また、決算時においては、特定の勘定科目を割り当てられることが多いでしょう。自身の関与する勘定科目に関する会計基準を予め確認しておくことで、突発事項への対応力や、会計処理の漏れを防止する能力が身に付きます。

2.財務諸表数値とのつながりを意識する

経理担当者による日々の業務の積み重ねにより、会社の経営状態や財務状況を表す決算書が作成されます。自身の関与する業務が、決算書などの財務諸表上の科目にどのような影響を与えるのか、常に意識しましょう。

財務諸表は、会社の信頼や今後の投資においても大きな影響を及ぼします。財務諸表数値とのつながりを意識して日常の経理業務にあたれば、会社全体の金銭の流れや経営状態を把握しやすくなります。より広い視野を持って業務にあたることで、スキルアップにもつながるでしょう。

資格学習によるスキルアップ

経理担当者は、次の5つの資格を学習することでスキルアップできます。

1.日商簿記検定

日商簿記検定は、日本商工会議所が主催する簿記に関する検定試験のこと。日商簿記は、経理関係において日本国内で非常にポピュラーな資格です。

検定には初級・3級・2級・1級があり、経理部や会計事務所へ転職する場合には2級までの取得を条件とする企業が多く見られます。

2級では、個別財務諸表の作成に必要な基礎知識を広く学習可能です。一方、1級では、連結財務諸表の作成に必要な基礎知識を広く学習できます。なお、1級の合格に必要な勉強時間は、一般的に700~800時間程度です。

日々の業務で関与しない勘定科目についても学習できるため、会計に関する知見が広がり、スキルアップすることができます。

2.BATIC

BATICとは、東京商工会議所が主催する国際会計検定試験のことです。
範囲は英文簿記と国際会計理論で、すべて英語で出題されます。

グローバルな企業会計に関する知識を習得できるため、外資系企業で働く経理担当者にとってスキルアップにつながるでしょう。

3.公認内部監査人

公認内部監査人とは、内部監査人協会が主催する国際資格です。この資格を学習することで、内部監査に関するスキルを得られます。

経理部のルーティンワークには、「押印」「承認」等のフローが少なからず含まれています。海外での「サイン」に代わるものが国内における「押印」です。公認内部監査人試験では「サイン」について学習するため、国内における「押印」の意味・重要性を理解できます。

特に上場企業では、内部統制報告・外部監査が高いレベルで義務化されています。
内部統制に関する知識を身に付けることで、これらの対応力が身に付くため、上場企業で働く経理担当者の方にとって、よりメリットは大きくなります。

4.税理士

税理士は、税務全般に関する最難関国家資格です。

税理士試験は全11科目あり、そのうち5科目に合格することで税理士となる資格を有することができます。合格には多くの勉強時間を要しますが、税法に関して網羅的なスキルを得ることが可能です。

公認会計士試験とは異なり、1科目ずつ受験することができるため、社会人の受験生が多い国家資格となっています。

5.公認会計士

公認会計士は、会計全般に関する最難関国家資格です。

公認会計士試験は全6科目あり、会計、監査、租税法に関する網羅的なスキルを得ることができます。合格には非常に多くの勉強時間を要し、全科目を同時に合格しなければならないため、社会人の受験生がとても少ないのが特徴です。

毎日の学習が大きなスキルアップにつながる

以上、経理担当者の方にオススメのスキルアップ方法をご紹介しました。

すべてに共通するのは、毎日の学習です。会計・税務に関する知識は、一度学習しただけではすぐに忘れてしまいます。毎日の学習が、その後の大きな成長につながるでしょう。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

監修:藤沼 寛夫(公認会計士)

ライター 兼 公認会計士
「会計」「税務」「財務分析」について、分かりやすい記事を提供します。
https://fujinuma-write.com/

関連記事