1. マネーフォワード クラウド
  2. クラウド会計ソフト
  3. 会計の基礎知識
  4. 国際会計基準の概要と導入のメリット・デメリット

国際会計基準の概要と導入のメリット・デメリット

現在、EU(欧州連合)では、連結財務諸表におけるIFRS(International Financial Reporting Standards)の適用を上場企業に義務付けています。また、EU域内ではなくても、EU企業と取引をするかぎりはIFRSやこれに類する会計基準を用いるよう求めたことで、IFRSの導入は世界的に進んできています。国際会計基準の導入を進める国が世界で増えていく傾向のなか、日本はどうすべきなのでしょうか。

今回はこの国際会計基準(IFRS)を導入することについて説明をします。

国際会計基準とは

全世界がひとつの会計基準を持つならば、国際的な取引のなかで、相手企業の経営実態を容易に読み取れるようになります。国際会計基準とは、各国がそこに収束しようとしている会計基準です。また、現在各国はIFRSに収束しようとしています。

IFRSとは、International Financial Reporting Standardsの略で、国際財務報告基準のことです。これは国際会計基準審議会(International Accounting Standards Board)が作成した会計基準です。EUでの導入が義務化されたのは2005年で、以来、世界中で導入が進んでいます。現在100以上の国や地域が、自国の会計基準またはそれに準ずる基準としてきています。適用はこの先もさらに広がっていくものと予想できます。

日本の会計基準との違い

日本の会計基準においては、純利益、つまり収益から費用を差し引いて算出した値に重きを置いています。一方、国際会計基準とされるIFRSでは純資産を重視しており、その値は資産から負債を差し引いて算出します。日本の会計基準とIFRSでは重要視するものが違うため、日本国内で広く適用するまでには時間がかかると思われます。現在の日本の立場はというと、全面的な採用については企業会計審議会での決定にゆだねられている状態ですが、一部、IFRSの適用も認めています。

国際会計基準導入に関して知っておくべきこととは?

日本では、IFRSを適用している企業は少数です。ここではその適用のメリット、デメリットを見てみましょう。

メリット

1.資金調達の方法が多様化する
国際取引において、相手企業の経営状況を把握しやすくなります。これにより国外の投資家に、日本企業に投資をしやすい状況を作れるため、資金調達の幅が広がる可能性がでてきます。

2.企業運営に役立つ
国外の子会社と同じ会計基準を使うことで、財務情報を分かりやすく均一な情報として把握できます。また、正確に財務情報を比較できるので、運営方針の決定に役立ちます。

3.必要になるたびに海外の会計基準に書き換える必要がなくなる
国際取引において、社内で利用している財務諸表をそのまま利用できます。世界基準であるため、現状のように、相手国に合わせて会計資料を書き換えることをしなくても、通常の仕様がそのまま提出できるようになります。

デメリット

1.適用までにかかる時間や労力が大きい
現状の会計基準を変更することにより、システムの変更が必要です。それに合わせ、運用するまでに担当者等への教育等の費用も必要です。つまり、時間・労力及び費用がかかります。

2.財務報告の2重作成が必要となる
税務申告等の面でまだ均一化されていないため、IFRS財務報告と今までの財務報告の2種類を作成しなくてはいけないので、その時間・労力が必要となります。

3.資産・負債の範囲が広くなるため、負担が発生する
導入時には、今までの基準では必要がなかった資産が範囲に含まれるため、対応すべきものが増えます。

まとめ

EUで均一化されたことから、各国で国際会計基準とされるIFRSの導入が進んでいます。日本においても議論がなされ、グローバル社会を顧みると利点も多くあります。しかし、日本で採用されてきた従来の会計基準とIFRSには差異も多く、また、日本でIFRSを導入している会社も多くはないため、今はまだ、IFRSを導入しても以前の財務報告も必要、という状況です。その他、時間、教育、費用、と必要なものは多いです。海外を見据えているのであれば、国際会計基準を導入することのメリットデメリットを知っておき、採用を検討してみるのもよいと思います。

関連記事

経営には避けられない会計帳簿!経営初心者必見の基本知識
会計初心者に捧ぐ!基礎から学べる目的別「会計本」まとめ
この依頼はどっち?具体例でわかる税理士と公認会計士の違い【5つの質問付き】

監修:三井 啓介 (公認会計士 / 税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。

関連記事