• 作成日 : 2021年11月26日

売上戻り高の意味と仕訳例まで徹底解説

売上戻り高の意味と仕訳例まで徹底解説

「売上戻り高や売上値引き、仕入れ戻しなど、似ている名前の用語が多くて違いがよく分からない」という経理担当者は多いのではないでしょうか。本記事では、これらの勘定科目の意味の違いや仕訳例を経理担当者向けに解説します。返品や値引きの対応が多くて困っている人は、ぜひ実務にお役立てください。

広告
広告

売上戻り高の意味とは?

売上戻り高とは、自社が販売した商品に品違いや納品ミス、不良品などが発生し、返品された場合に使われる勘定科目です。会計上、返品額は「売上戻り高」として処理されます。なお、売上戻り高は「売上返品」と呼ばれることもあるので覚えておきましょう。

返品はすべて「売上戻り高」として計上しなければならないかというと、そうではありません。そもそも返品の発生自体が少ない場合などには、独立科目である「売上戻り高」を使用せず、売上高を直接減額する方法もあります。あえて「売上戻り高」を使用するメリットは、返品になった金額を把握しやすくなることです。

企業の実態に合わせて適切な方法を選べば問題ありません。

広告

売上戻り高と関係する用語

売上戻り高には、よく似た用語がいくつか存在します。売上戻り高は「返品額を表す勘定科目」と理解しておけば問題ありませんが、混乱しないためにも売上戻り高と似ている用語を知っておきましょう。

ここでは、「売上値引き」と「仕入戻し」という2つの勘定科目を解説します。仕訳の具体例も紹介するので参考にしてください。

売上値引きとは?

売上値引きは、売上戻り高と混同されやすい勘定科目のひとつです。売上値引きは何らかの理由があり商品やサービスの値引きをしたときに、値引額を表すために用いられます。例えば「展示品のため20%値引きする」「外箱に傷があるため10%値引きする」といった事例が、売上値引きの典型的なパターンです。

「売上」という言葉がついているため若干分かりづらいですが、日常的に行っている値引処理だと考えれば、特に混乱することはないでしょう。

返品と値引きは商取引上の性質は異なりますが、会計処理の方法は大きく変わりません。値引きの件数がそもそも少ないなど、値引き額を独立科目として把握する必要がない企業もあるでしょう。このような場合は「売上値引き」の勘定科目は使わず、売上高を直接減額しても問題ありません。

(仕訳例)定価100,000円の展示品を現品限りとし、10,000円値引きして販売した。

借方
貸方
売掛金
100,000円
売上高
100,000円
売上高
10,000円
売掛金
10,000円

仕入れ戻しとは?

仕入れ戻しとは、仕入れ先に商品を返品することです。売上戻りは商品の返品を受けることなので、逆の意味の言葉といえるでしょう。

仕入れた商品を返品するということは、仕入取引自体をなかったことにすることと同じです。会計処理としては、借方・貸方を逆にした仕訳(逆仕訳)によって、取引を取り消す処理を実施します。

独立科目として返品額を把握したい場合は「仕入戻し」という勘定科目も使えます。しかし、仕入れ先への返品額は把握する意義がそれほど大きな科目ではないため、ほとんどの場合、仕入れを打ち消す逆仕訳の対応が取られているようです。

(仕訳例)先日仕入れた商品に破損が見つかった。納品時にすでに支払いを済ませていたので、破損した商品は返品し、返品分の返金を受けることで話がまとまった。本日、破損があった分の5万円が当座預金に入金された。

借方
貸方
当座預金
50,000円
仕入
50,000円
広告

広告

売上戻り高の仕訳例

売上戻り高はこちらが返品を受けた場合に使う勘定科目です。ここでは「売上戻り高」を使用せずに逆仕訳で取り消すパターンと、「売上戻り高」を使用するパターンの2通りの仕訳例を紹介します。

(仕訳例)先日販売した商品100,000円の一部のカラーが間違っていたことが分かり、掛け販売した分から10,000円の返品を受けた。

「売上戻り高」を使用しない場合

販売時の単純な逆仕訳で対応します。

借方
貸方
売上
10,000円
売掛金
10,000円

「売上戻り高」を使用する場合

売掛金を取り消し、「売上戻り高」を計上します。決算仕訳では、売上戻り高は売上と控除します。

借方
貸方
売上戻り高
10,000円
売掛金
10,000円

用語は複雑だが売上戻り高の考え方はシンプル

「売上戻り高」というと複雑な用語のような印象を受けますが、単純な返品であることが分かれば難しいものではありません。独立科目の「売上戻り高」を使わなくても、逆仕訳の実施によって直接売上を減額する方法もあるので、企業の実情に合った方法で対応するとよいでしょう。また、売上値引きや仕入戻しも同様に逆仕訳で対応可能です。名前に惑わされず、適切な会計処理を行いましょう。

広告

バックオフィス効率化で経理業務をラクにするなら

広告
株式会社久松農園 久松 達央 様

マネーフォワード クラウド会計の導入事例

金融口座の取引明細データが自動で取り込まれ、各取引の勘定科目も自動で仕訳される。以前はインストール型ソフトを利用していたので、それがクラウドに変わるとこれほど自動化されるものなのかと本当に驚きました。

株式会社久松農園 久松 達央 様

右矢印アイコン もっと読む

よくある質問

売上戻り高とは?

売上戻り高とは、販売した商品や製品に品違い・品質不良などがあった場合に、商品が返却された(返品)場合の返品額を処理する勘定科目です。詳しくはこちらをご覧ください。

売上戻り高と似た勘定科目は?

「売上値引き」「仕入戻し」などがありますが、いずれも異なる概念なので売上戻り高とは分けて考える必要があります。会計処理の方法も異なります。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会計

会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。
取引入力と仕訳の作業時間を削減、中小企業・法人の帳簿作成や決算書を自動化できる会計ソフトならマネーフォワード クラウド会計。経営者から経理担当者まで、会計業務にかかわる全ての人の強い味方です。

関連記事