• 更新日 : 2020年9月17日

預金出納帳の書き方について

複式簿記において重要な「預金出納帳」とは、金融機関の口座別に入金・出金のすべてを記録していくための帳簿です。

ここでは、預金出納帳の役割、預金出納帳の書き方について解説します。特に、預金出納帳の書き方については、金融機関別や預金種類別など複数あるため、その点についても補足します。

預金出納帳とは

「預金出納帳」は、日々、預金の入金、出金を記録して管理するものですから、企業の預金残高を明らかにする役割を果たします。

現在では、企業が銀行取引で預金口座を活用すること、各種決済を預金口座で行うことは、一般的となっています。

預金出納帳によって預金の出し入れ、預金の残高を正確に把握することは、企業の収益や財産の状況を把握する上でとても重要です。

そのためには、預金出納帳は、金融機関別、預金種類別(普通預金、当座預金、定期預金など)、預金口座別に作成する必要があります。

例えば、A銀行の普通預金口座、B銀行の普通預金口座を利用している場合、それぞれの預金出納帳を作成しなくてはいけないのです。ただし、書き方を変える必要はありません。

預金出納帳の書き方

預金出納帳では、以下のことを記します。

・日付
相手勘定科目
・摘要(入金した理由・出金した理由)
・入金額・出金額
・残高

銀行取引は、通帳記入をすればすべて記載されていますから、現金出納帳よりも書き方は簡単です。それでは、実際に預金出納帳の書き方を練習しましょう。

預金が増えた場合の記入例

「銀行に入金があった日付を記入する」というケースを考えてみましょう。このときの仕訳の書き方は、以下のようになります。

日付借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
1月15日預金300,000売掛金300,000パソコンソフト

次に、この売掛金が支払われた金融機関の預金出納帳に、以下の流れで仕訳を転記していきます。

1. 銀行に入金があった日付を記入する
2. 相手勘定科目を「売掛金」と記入する
3. 預金の額が増えたので「入金」に300,000を記入する
4. 残高を計算して記入する

(○○銀行)

前月より繰越

800,000

日付相手勘定科目概要入金出金残高
1月15日売掛金パソコンソフト300,0001,100,000

預金が減った場合の記入例

「1月18日にコピー用紙を15,000円で購入し、銀行から振込で支払いを行ったが、そのときに振込手数料が324円かかった」というケースを考えてみましょう。

このときの仕訳の書き方は、以下のようになります。

日付借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
1月18日消耗品費15,000普通預金15,324コピー用紙
支払手数料324

次に、振込を行った金融機関の預金出納帳に、以下の流れで仕訳を転記していきます。なお、先述のケースと同じ銀行口座を使用したものとします。

1. 銀行に入金があった日付を記入する
2. 相手勘定科目を「消耗品費」「支払手数料」と記入する
3. 預金の額が減ったので「出金」に15,000、324と記入する(通帳に記入されているとおりに記帳する)
4. 残高を計算して記入する

(○○銀行)

日付相手勘定科目概要入金出金残高
前月より繰越800,000
1月15日売掛金パソコンソフト300,0001,100,000
1月18日消耗品費コピー用紙15,0001,085,000
支払手数料振込手数料3241,084,676

クレジットカードで引き落とされている場合の記入例

クレジットカードや光熱費、電話使用料金などの引き落としも、預金出納帳に記録する必要があります。

例えば、「1月25日にクレジットカードで42,445円が銀行から引き落とされた」ケースでは、明細を確認した上で、以下のような書き方をしましょう。

(○○銀行)

日付相手勘定科目概要入金出金残高
前月より繰越800,000
1月15日売掛金パソコンソフト300,0001,100,000
1月18日消耗品費コピー用紙15,0001,085,000
支払手数料振込手数料3241,084,676
1月25日交際費12/1接待費30,000
通信費携帯電話料金12,445
以上、2件、●●カード引き落とし計42,4451,042,231

このように、金融機関の口座別にすべての取引を記録する「預金出納帳」は、企業の収益や財産の状況を管理する上で重要な書類です。

預金出納帳の書き方についての知識を身につけ、間違いのない記帳を心がけましょう。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

経理初心者も使いやすい会計ソフトなら

監修:三井 啓介 (公認会計士 / 税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。