• 更新日 : 2023年1月30日

ゴルフで経費にできるものは?仕訳と勘定科目まとめ

ゴルフで経費にできるもの・できないものまとめ

状況によってはゴルフコンペに要した費用を経費に含めることが可能です。事業と関わりがあると明確に説明できる場合のみ経費算入できます。取引先がいないゴルフコンペは営業活動ではないため、プライベートの付き合いとみなされ原則経費対象外です。経費にできるものとできないものを紹介し、確定申告時の注意点も解説します。

広告
広告

ゴルフで経費にできるもの

自社の従業員だけでなく取引先も参加する接待ゴルフの場合、プレーに要した費用を経費に算入できます。取引先がいるかどうかが重要なため、従業員同士でプレーしただけでは、経費として認められません。経費にいれる基準は、事業との関連性があるかどうかです。

取引先が参加するゴルフコンペは一種の営業活動と捉えられるため、事業との関係を有します。ゴルフコンペにかかる費用は、プレー代以外にも景品代を経費に入れられます。その他の経費にできるゴルフの費用は、以下の通りです。

  • ゴルフ場の年会費
  • 交通費
  • 飲食費
  • ゴルフクラブ購入費

ゴルフ場の年会費

ゴルフ場の年会費とは、会員権を購入した月から請求される費用です。初年度の入会時は、年会費を12で割って月数に応じた金額を支払うのが一般的です。ゴルフ場の年会費は会計処理の方法によって、経費算入の可否が異なります。

具体的には入会金を資産として処理している場合に限り、経費計上が可能です。一方、給与として処理している場合、特定の役職者に対する給料とみなされるため、経費には含められません。

また、勘定科目にも注意が必要です。年会費は「諸会費」では処理せず「交際費」で処理を行わなくてはいけません。

仕訳例)ゴルフ場の年会費20万円を現金で支払った

借方
貸方
摘要
交際費200,000円現金200,000円ゴルフ年会費

交通費

ゴルフ場の行き来に要した交通費(ガソリン代や高速代、電車代)も、ゴルフ接待の一部とみなされるため、経費に含めることが可能です。

自社が主催したのか取引先が主催したのか、開催主体によって使用する勘定科目が異なります。自社主催の場合「交際費」、他社開催の場合「旅費交通費」を使用します。

他社の接待に参加するための費用は、自分たちが接待の主体となるわけではないため、交際費の使用は適切ではありません。

仕訳例)自社主催のゴルフコンペに行くためのガソリン代5,000円を現金で支払った

借方
貸方
摘要
交際費5,000円現金5,000円ゴルフコンペ
ガソリン代

仕訳例)取引先主催のゴルフコンペに行くためのタクシー代5,000円を現金で支払った
借方
貸方
摘要
旅費交通費5,000円現金5,000円ゴルフコンペ
タクシー代

飲食費

ゴルフ場で飲食した場合、もしくはゴルフ場から帰る際に取引先と飲食をしたときにかかる費用は、経費算入が可能です。

接待であると捉えられるため、飲食費でありながら「交際費」で処理することに注意しましょう。交際費は企業会計上、原則損金には含められませんが、一人あたり5,000円以下の場合は例外的に損金算入が可能です。

ゴルフの飲食代は、上記例外の対象外と考えられています。少しややこしいですが、ゴルフの場合5,000円以下の飲食代も損金にはならないと捉えましょう。

仕訳例)ゴルフコンペの会場で取引先との飲食費10,000円を支払った場合

借方
貸方
摘要
交際費10,000円現金10,000円ゴルフコンペ
飲食代

ゴルフクラブ購入費

接待ゴルフ以外には使用しないという条件でゴルフクラブを購入した場合、購入費を経費に算入できるかもしれません。ゴルフクラブはプライベートでも使用する可能性があるため、業務上必要なアイテムであることを証明する必要があります。

クラブを会社で保管していて、接退の際に社員の誰もが利用できるといった条件を満たしていれば、経費に認められる可能性があります。ただし、個人宅で保管する場合は、事業用とプライベート用の明確な区分が難しいため、経費として認められない可能性が高いです。

仕訳例)会社用のゴルフクラブ15,000円を事業用の現金で購入した

借方
貸方
摘要
消耗品費15,000円現金15,000円ゴルフクラブ購入費

広告

ゴルフで経費にできないもの

  • 自社のみでゴルフラウンドを巡った場合の費用
  • ゴルフレッスンの費用
  • 個人的な使途でゴルフ用品を購入したときの費用
  • ゴルフ保険

経費として認められるのは、売上や利益を生じるために必要なものに限られます。取引先がいなければ利益との関係はないので、自社のみでラウンドを巡った場合の費用は対象外です。

プライベートとまたがる費用も、原則経費の対象から除かれます。たとえば、私的な練習や部品購入代などは経費に算入できません。

プレーや練習中の偶発的な事故の損害を補償するゴルフ保険の保険料も、基本的には経費には含めないことが一般的です。ゴルフコンペは通常の業務とは性質が異なるため、最中にケガをしても業務中といえないことがおもな理由です。保険金の受取人が会社になっている場合も、経費算入は認められないでしょう。

広告

広告

ゴルフで必要経費を計上する際の注意点

まず、税務署からの指摘を防ぐために、記録をしっかりと残しておくことが重要です。一緒にラウンドした人の企業名や名前、日付をきちんと記録しておきましょう。

記録は詳細であればあるほど、信憑性が増します。記載内容が具体的なら思い出しやすいため、税務署から問い合わせを受けても、納得感のある説明ができるでしょう。

事業用だと明確に説明できない費用は、経費算入しないほうが無難です。プライベートにまたがる項目は、経費から除外しましょう。

ゴルフクラブ代は税理士の間でも意見が分かれるため、事業用だと明確な説明が難しければ外すべきです。

ゴルフは経費にできるものとできないものの区別に注意

ゴルフに関する費用は、経費に入れてもよいか判断しにくいのが特徴です。ゴルフコンペの開催費用は、取引先も参加した場合にのみ経費算入が可能です。

ゴルフコンペ費用以外にも、飲食代や交通費、会員権の入会費も経費として計上できます。従業員同士でコンペに参加した場合や、プライベートな費用は経費算入不可です。コーチをつけての練習代や個人的な使途でのゴルフ用品代、ゴルフ保険の保険料も経費計上はできません。

広告

バックオフィス効率化で経理業務をラクにするなら

広告
株式会社久松農園 久松 達央 様

マネーフォワード クラウド会計の導入事例

金融口座の取引明細データが自動で取り込まれ、各取引の勘定科目も自動で仕訳される。以前はインストール型ソフトを利用していたので、それがクラウドに変わるとこれほど自動化されるものなのかと本当に驚きました。

株式会社久松農園 久松 達央 様

右矢印アイコン もっと読む

よくある質問

ゴルフで経費にできるのはどんなもの?

「取引先が参加したゴルフコンペのプレー費」「年会費」「交通費」「飲食費」などが代表的です。詳しくはこちらをご覧ください。

ゴルフで経費にできないのはどんなもの?

「自社のみのゴルフコンペの費用」「ゴルフレッスンの費用」「部品の購入費」「ゴルフ保険」などが代表的です。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会計

会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。
取引入力と仕訳の作業時間を削減、中小企業・法人の帳簿作成や決算書を自動化できる会計ソフトならマネーフォワード クラウド会計。経営者から経理担当者まで、会計業務にかかわる全ての人の強い味方です。

関連記事