1. クラウド会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」
  2. 会計の基礎知識
  3. 流動比率と当座比率の目安は?計算式や両者の違いを解説
  • 更新日 : 2021年6月24日

流動比率と当座比率の目安は?計算式や両者の違いを解説

流動比率と当座比率の目安は? 計算式や両者の違いを解説

会社の財務状況把握のために用いられる指標のうち、安全性を示す指標として流動比率と当座比率があります。流動比率は流動負債に対する流動資産の割合、当座比率は流動負債に対する当座資産の割合を表し、借入の返済に十分な資金が用意されているかの確認に用いられます。

流動比率と当座比率は貸借対照表から求めることができます。計算式や目安とされる数値を理解し、正しく使えるようになりましょう。

流動比率とは

流動比率は、流動負債に対して流動資産がどのぐらいあるのかを示す数値です。貸借対照表の流動資産を流動負債で割って求めます。流動資産を分子、流動負債が分母となる分数のため、流動資産を多く保有していると流動比率の値は大きく、流動資産の保有が少ないと値も小さくなります。

流動負債は急に返済が必要になった場合の対応能力が表され、数値が大きいほど対応力が高いと判断されます。反対に数値が小さいと資金繰りがつかないことから倒産する恐れがあり、安全性が低いと判断されます。

               

貸借対照表

資産の部負債の部
流動資産
現金及び預金
 ・・・
 ・・・


 棚卸資産


流動負債





固定負債
固定資産

 繰延資産
純資産の部
 株主資本


合計合計

流動比率の計算式

流動比率は以下の計算式を使って求めることができます。
流動比率=流動資産÷流動負債×100

  • 流動資産
  • 流動比率の計算には貸借対照表上の流動資産がそのまま用いられます。現金や銀行預金のほか、すぐに現金化できる受取手形売掛金有価証券、棚卸資産などが挙げられます。

  • 流動負債
  • 貸借対照表の流動負債です。1年以内に返済義務のある負債で支払手形買掛金未払金などが該当します。

流動比率は何パーセントが目安?

安全な流動比率は?

棚卸資産が含まれていないため、流動比率は120%程度あれば安全とされています。

流動比率が高いとき

安全性は確保されているものの、効率的に資産を活用できていない可能性があります。

流動比率が低いとき

流動負債に対して十分な返済資金が準備されていない状態です。僅かな資金繰りの悪化でも倒産する恐れがあるので、早急な改善が必要です。

当座比率とは

当座比率は流動負債に対して当座資産をどのぐらい保有しているかを示す数値です。貸借対照表の流動資産から棚卸資産を除外した当座資産を、流動負債で割って求めます。当座資産を分子、流動負債を分母とする分数になるため、当座資産を多く保有していると流動比率の値は大きく、流動資産の保有が少ないと値も小さくなります。
流動資産と同じように流動負債について急に返済が必要になった場合の対応能力が表され、数値が大きいほど対応力が高いと判断されます。反対に数値が小さいと資金繰りがつかないことから倒産する恐れがあり、安全性が低いと判断されます。

               

貸借対照表

資産の部負債の部
流動資産
 現金及び預金
 ・・・
 ・・・



流動負債






 棚卸資産

固定資産


繰延資産

固定負債
純資産の部
合計合計

当座比率の計算式

当座比率は以下の計算式を使って用いることができます。
当座比率=当座資産÷流動負債×100

  • 当座資産
  • 当座比率の計算に用いられる当座資産とは、流動資産から棚卸資産を除外したものです。売上計上できなければ現金化できない、適正な資産価値で計上されていない不良在庫が含まれている可能性があるなどが、棚卸資産が当座比率の計算に用いられない理由です。

  • 流動負債
  • 流動比率の計算と同じく、貸借対照表の流動負債です。

    当座比率は何パーセントが目安?

    安全な当座比率は?

    棚卸資産が含まれていないため、当座比率は120%程度あれば安全とされています。

    当座比率が高いとき

    安全性は確保されているものの、効率的に資産を活用できていない可能性があります。

    当座比率が低いとき

    流動負債に対して十分な返済資金が準備されていない状態です。僅かな資金繰りの悪化でも倒産する恐れがあるので、早急な改善が必要です。

    流動比率と当座比率の違い

    流動比率と当座比率はどちらも流動負債に対して、流動資産、あるいは当座資産をそれぞれどれぐらい保有しているかの割合を示す数値です。流動比率の分子となる流動資産には棚卸資産が含まれ、当座比率の分子となる当座資産に棚卸資産は含まれていません。当然、流動比率の方が当座比率よりも数値が大きく計算されます。

    このため流動比率よりも当座比率を使った方が、より厳しく安全性を確認することができます。同じ安全性が示される数値でもこのような違いがあるので、十分に理解した上で財務状況把握に使用しましょう。

    会社経営に流動比率と当座比率を役立てよう

    流動比率と当座比率は、会社の安全性を示す指標です。流動負債に対する流動資産・当座資産の保有状況を表し、資金繰りの悪化による倒産を防ぐことができます。

    また流動比率と当座比率によって棚卸資産の適正化や資産の効率的な活用を図ることも可能です。2つの指標を十分に理解し、経営に役立てましょう。

    よくある質問

    流動比率とは?

    流動負債に対して流動資産がどのぐらいあるのかを示す数値です。詳しくはこちらをご覧ください。

    当座比率とは?

    流動負債に対して当座資産をどのぐらい保有しているかを示す数値です。詳しくはこちらをご覧ください。

    流動比率と当座比率の違いは?

    流動比率の分子となる流動資産には棚卸資産が含まれますが、当座比率の分子となる当座資産に棚卸資産は含まれていません。詳しくはこちらをご覧ください。


    ※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

    バックオフィスを効率化して経営をラクにするなら

    【監修】マネーフォワード クラウド会計

    会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。
    取引入力と仕訳の作業時間を削減、中小企業・法人の帳簿作成や決算書を自動化できる会計ソフトならマネーフォワード クラウド会計。経営者から経理担当者まで、会計業務にかかわる全ての人の強い味方です。