• 作成日 : 2021年8月20日

合鍵・スペアキー作成費の勘定科目と仕訳例を解説

合鍵・スペアキー作成費の勘定科目と仕訳例を解説

会社における現物管理のひとつに鍵の管理があります。
部屋や車の鍵だけでなく、ロッカー、金庫、倉庫など多くのカギを管理する必要があり、合鍵を作ることも考えられます。
業務によっては、合鍵の利用頻度が高く、定期的に摩耗等を点検し合鍵を作成する場合もあるでしょう。セキュリティ対策における現物管理という意味で、合鍵の管理は重要です。
この記事では合鍵・スペアキーを作ったときの勘定科目や仕訳について解説します。

合鍵・スペアキーを作った場合の勘定科目は「消耗品費」で仕訳する

合鍵やスペアキーなどを作成した場合の仕訳においては、「消耗品費」使って処理することが多いです。

鍵の種類によってはスペアキー作成に相当時間がかかるものもありますが、発注した時点ではなく、スペアキーができあがって支払をした時点で起票します。

借方
貸方
摘要例
消耗品費
10,000円
現預金
10,000円
事務室スペアキー(No.xxxabcなど)

業務でよく使う鍵や日ごろはあまり使わない鍵があると思いますが、利用頻度に限らず、消耗品費での処理ができます。

雑費で仕訳する場合

会社によっては、スペアキーの作成が頻繁ではないため、「雑費」を使って記帳することもあります。
このような場合には、後でわかりやすいように摘要欄には、どこの鍵を作成したのかを記載するなどの運用も考えられます。

借方
貸方
摘要例
雑費
10,000円
現預金
10,000円
本館2Fロッカー合鍵 2本
(No.***abc、No.999***など)

10万円を超える場合

スペアキーを作成する場合だけでなく、鍵付きのドアなどの鍵のついた設備そのものを取り替えることもあります。
このような場合には高額になることも考えられます。
鍵の取替は、経年劣化に対する原状回復費用となりますので、「修繕費」を使って処理するとよいでしょう。

ただし一度に多くの合鍵を作る場合、10万円以上の支払になったとしても「消耗品費」で計上して問題ありません。なぜなら通常、取得価額は通常「1単位」として取引されるその「単位ごとに判定」するからです。そこで、合鍵の複製で10万円以上支払った場合にも、摘要欄には「○○本」とわかるようにしておきます。

一方、あまり例がないかもしれませんが、1本の合鍵を作成するのに10万円以上かかった場合には、固定資産として「備品」勘定に計上することになります。

また、10万円を超える場合だけでなく、一般にセキュリティ上の問題がある場合には仕訳の摘要欄には鍵番号や鍵のある場所といった特定情報を付さず、別途管理することをおすすめします。

借方
貸方
摘要例
備品
150,000円
現預金
150,000円
社長室合鍵(重要鍵)
(No.999****)

消耗品、雑費などの仕訳は摘要欄の充実を

合鍵、スペアキーなどはあまり頻繁に仕訳に登場しない経費かもしれません。
しかし事業継続性の観点から、以前の仕訳がどのようになっていたかを振り返ることがよくあります。
その際に決め手となるのは、いかに仕訳の摘要欄に明確に書いているかということです。
仕訳の摘要欄に詳細に記載することは、将来の仕訳処理を助けてくれることもあります。仕訳の摘要欄を充実させましょう。

経理初心者も使いやすい会計ソフトなら

株式会社久松農園 久松 達央 様

マネーフォワード クラウド会計の導入事例

金融口座の取引明細データが自動で取り込まれ、各取引の勘定科目も自動で仕訳される。以前はインストール型ソフトを利用していたので、それがクラウドに変わるとこれほど自動化されるものなのかと本当に驚きました。

株式会社久松農園 久松 達央 様

右矢印アイコン もっと読む

よくある質問

合鍵を作った場合の勘定科目は?

一般には「消耗品費」勘定で問題ありません。詳しくはこちらをご覧ください。

雑費で仕訳しても良い?

継続的に雑費としているのであれば「雑費」勘定で問題ありません。詳しくはこちらをご覧ください。

10万円を超えた場合は?

1本で10万円を超えると「備品」勘定に計上することになります。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会計

会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。
取引入力と仕訳の作業時間を削減、中小企業・法人の帳簿作成や決算書を自動化できる会計ソフトならマネーフォワード クラウド会計。経営者から経理担当者まで、会計業務にかかわる全ての人の強い味方です。

関連記事