税効果会計とは?目的や手順、適用時の注意点を解説

税効果会計とは?目的や手順、適用時の注意点を解説

経理業務
税効果会計は、主に上場企業で用いられる会計手法で、会計上の収益・費用と税務上の益金・損金の認識時点が異なる場合に、法人税その他所得を課税とする税金を適切に期間配分することにより、損益計算書の税引前当期純利益と税金費用を合理的に対応させる目的で行われます。 税効…
売上原価とは?計算方法や業種ごとの違いを解説

売上原価とは?計算方法や業種ごとの違いを解説

経理業務
一般に「原価」と聞くとピンとくる人も、「売上原価」と聞くと原価との違いに考え込む場合があります。 損益計算書で売上の次に表示される売上原価は、財務情報として非常に重要性が高く、いわゆる「コスト」の代表格です。 ここでは、「売上原価」の求め方だけでなく、業種によ…
自己資本とは?他人資本との違いをわかりやすく解説

自己資本とは?他人資本との違いをわかりやすく解説

経理業務
自己資本とは、企業が安定した経営をするために必要な資金のうち、返済する必要がない資金の調達源泉を指します。自己資本を増やすことは、安定した会社経営を行なう上では欠かせない要素となります。貸借対照表の右半分は負債と純資産に分けられており、負債は他人資本、純資産は…
2020年度改正の電子帳簿保存法でなにが変わる?変更点とメリット

2020年度改正の電子帳簿保存法でなにが変わる?変更点とメリット

経理業務
2020年10月1日に電子帳簿保存法が改正されます。 電子帳簿保存法とは、帳簿や領収書などを電子データで保管することを認める法律です。1998年の制定後、段階的に見直しがなされ、今回の改正では電子データの保存要件が緩和されることになりました。 バックオフィスの…
貸倒引当金とは?仕訳(勘定科目・繰入・戻入)や計算方法を紹介

貸倒引当金とは?仕訳(勘定科目・繰入・戻入)や計算方法を紹介

経理業務
貸倒引当金とは 貸倒引当金(読み方:かしだおれひきあてきん)とは、引当金のうち、金銭を受け取る権利である、金銭債権に対して設定される貸借対照表の表示科目です。 そもそも引当金とは、将来発生する可能性が高い特定の損失、また費用に対して設定するべきものとされており…
売掛金とは?意味と回収・未回収時の元帳への仕訳方法をわかりやすく紹介

売掛金とは?意味と回収・未回収時の元帳への仕訳方法をわかりやすく紹介

経理業務
売掛金の定義とは?意味を簡単に説明 売掛金(読み:うりかけきん)とは、売上の対価として将来的に金銭を受け取る権利、売掛債権のことです。売上にかかる債権という意味で、受取手形と同じく売上債権に分類されます。経理上、販売時に手形や現金での受け入れがない、掛け取引で…
法人税や社会保険料が1年猶予!厳しい今を乗り切るために

法人税や社会保険料が1年猶予!厳しい今を乗り切るために

経理業務
新型コロナウイルス感染症の影響により緊急事態宣言が発令され、テレワークへシフトする企業や、やむ無く営業を自粛している飲食店なども多いでしょう。今回は厳しい今を乗り切るために、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、法人税等の税金や社会保険料の納付を猶予する制度に…
経理とはどんな仕事内容?やりがい・業務の流れ・求められるスキルをわかりやすく紹介

経理とはどんな仕事内容?やりがい・業務の流れ・求められるスキルをわかりやすく紹介

経理業務
経理とは 経理とは、会社の日々のお金の流れ、取引の流れを記録する役割をもった事務系の職種のことです。会社の会計にかかわる仕事で、数字として取引を記録することでお金の管理を行い、最終的には経営者や企業の利害関係者に会社の状況を報告することを目的としています。 毎…
飲食業の会計・経理業務とは?

飲食業の会計・経理業務とは?

経理業務
飲食業の会計は、レジで現金を預かる形式のほか電子マネーなど複数の決済方法があり、複雑になりがちです。しかし会計を適切に仕訳して分析することで、経理を経営判断に活かせます。 この記事では飲食業界の抱える課題や売上の計上タイミング、決算などにおける経理上の注意点に…
教育・学習支援業の会計・経理業務とは?

教育・学習支援業の会計・経理業務とは?

経理業務
学習塾などの教育・学習支援事業においては、質の高い教育サービスの提供と経営の両立が必要不可欠です。そのためにも、講師などを雇う人件費などの原価と、その原資となる月謝などのバランスを上手に取り、効率的な会計管理で経営を安定させる必要があります。 そこでこの記事で…
製造業の会計・経理業務とは?

製造業の会計・経理業務とは?

経理業務
製造業とは、モノを製造し卸売を行う業務全体を指す言葉です。製造業の経理を初めて担当する場合、製造業ならではの考え方や仕組みがあり、戸惑っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、製造業の定義、製造業の経理業務で押さえておきたいポイントをご紹介します。 …
建設業の経理にはクラウド会計ソフトがおすすめ!機能から選び方まで徹底解説!

建設業の経理にはクラウド会計ソフトがおすすめ!機能から選び方まで徹底解説!

経理業務
建設業は、商品やサービスを提供する一般的な業種と異なり、特殊な受注形態を持っています。そのため、会計処理にも特殊な処理や判断が求められ、複数の工事を請け負っているとさらに処理が煩雑になってしまいます。複雑な処理に時間がかかりやすいからこそ、建設業の経理にはクラ…
【2020~2021年度】コロナによる固定資産税の猶予・減免 対象者や申請方法は?

【2020~2021年度】コロナによる固定資産税の猶予・減免 対象者や申請方法は?

経理業務
毎年4~6月頃は「固定資産税の納期」と記憶している事業者も多いことでしょう。ところが、2020年は新型コロナウイルスにより経営難に陥り、納税どころではないという事業者が少なくありません。 そういった事業者の税負担を軽減するために、政府は新型コロナ下の緊急経済対…
美容室の会計業務を解説!おすすめの会計ソフトは?

美容室の会計業務を解説!おすすめの会計ソフトは?

経理業務
「本業が忙しく会計業務に時間をかけたくない」「毎月の仕訳入力が面倒くさい」という方向けに、この記事はクラウド型会計ソフトで会計業務を効率化するための方法を解説しています。 結論からお伝えすると、クラウド型会計ソフトの自動連携機能でほとんどの仕訳入力が無くなる可…
経費で落とせる自動車税 経理処理のやり方を徹底解説!

経費で落とせる自動車税 経理処理のやり方を徹底解説!

経理業務
車を所有していると、毎年5月に郵送されてくるのが自動車税の納税通知書。年に1回、忘れた頃に届くので、税負担に気が重くなってしまう方も多いでしょう。 ところで、事業で車を使っている場合には、自動車税を経費で落とせるのをご存じでしょうか?本記事では、自動車税の課税…
不動産業の会計・経理業務

不動産業の会計・経理業務

経理業務
不動産の経理業務は、言葉にすると非常にハードルが高そうに思えます。賃料はまだ良いとしても敷金や礼金、滞納や前納の仕訳のタイミング、さらには消費税が課税されるかどうかの基準など、分からないことが多数あるでしょう。 今回は不動産業の経理業務を担当することになった方…
小売業の会計・経理業務

小売業の会計・経理業務

経理業務
小売業の経理は、店舗によって決算における棚卸処理や仕訳などが異なります。また、契約によっても売上額や費用への計上時期が異なり、簿記を理解していても経理方法に戸惑う場合が少なくありません。 この記事では、小売業の概要や売上時期の考え方、決算棚卸処理方法などを小売…
情報通信業の会計・経理業務

情報通信業の会計・経理業務

経理業務
初めて情報通信業の経理を担当する方の中には、「簿記の基本は理解しているが、情報通信業の経理はよくわからない」という方もいるでしょう。 しかし、簿記の基本に立ち返り、自社の人や物の流れに沿って正しいタイミングで仕訳を行えば問題ありません。 そこで、この記事では情…
法人税の確定申告のやり方 決算から申告まで流れを解説

法人税の確定申告のやり方 決算から申告まで流れを解説

経理業務
初めて法人で決算を行う経理担当者の場合、特に決算から法人税申告書の作成の流れでつまづくことが少なくありません。法人での決算に必要な基礎知識は持っていても、それをきちんと運用できるか不安な方もおられると思います。そこで今回は復習も兼ねて、法人の決算から申告までの…
税務署から連絡が…税務調査の対策と実態とは?

税務署から連絡が…税務調査の対策と実態とは?

経理業務
事業を営む個人や法人、あるいは相続のあった個人に対して、税務署から調査の連絡が来ることがあります。一般的に、税務調査の事前通知といわれますが、連絡があった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。実態とポイントを解説します。 税務調査の連絡を受けたときの対処…
税務調査対象に選ばれにくい申告のポイント

税務調査対象に選ばれにくい申告のポイント

経理業務
事業を行っている法人や個人などの納税者を対象に、税務署や国税局による税務調査が行われることがあります。対象に選ばれると調査のための準備をしなくてはならないため、通常の業務への影響も考えられるでしょう。こうした税務調査対象に選ばれにくくするためにはどうすれば良い…
消費税の課税事業者の条件と提出書類まとめ

消費税の課税事業者の条件と提出書類まとめ

経理業務
事業者は原則、消費税の納付が義務付けられています、一定の条件を満たす中小企業や個人事業主は納付が免除されます。今回は、消費税が課税される事業者、免税される事業者の違いはなにか。また、課税事業者の提出書類についても合わせて解説していきます。 消費税とは 消費税は…
消費税の納税はどっちがオトク?!簡易課税と原則課税の違い

消費税の納税はどっちがオトク?!簡易課税と原則課税の違い

経理業務
原則、基準期間の課税売上が1,000万円を超える事業者は消費税の納税義務者になり、課税売上の消費税額から仕入控除税額を引いた額を消費税として納めなければなりません。このとき、基準期間における課税売上高が5,000万円以下の事業者であれば、原則課税(一般課税)だ…
増税時に注意しておきたい! 消費税転嫁対策特別措置法まとめ

増税時に注意しておきたい! 消費税転嫁対策特別措置法まとめ

経理業務
令和元年10月に消費税率が10%に引き上げられました。消費税を払う側は増税により負担が大きくなり、また事業者間取引では、増税分を払いたくない買い手による買いたたき等が生じる可能性があります。今回は、そんな消費税転嫁に係る不当行為を取り締まるために制定された「消…
勘定残高の確認方法と決算締めの流れ

勘定残高の確認方法と決算締めの流れ

経理業務
期末になると資産の棚卸が必要だといわれますが、棚卸の方法は複数あり、どのように評価するのが適当なのかよくわからない場合も多いでしょう。 この記事では勘定残高の締め処理が必要となる背景や具体的な勘定残高の評価方法などについてご紹介します。締め処理の全体像や各残高…
決算修正(過年度修正)の方法と注意点 – 前年度修正損益は必ず申告

決算修正(過年度修正)の方法と注意点 – 前年度修正損益は必ず申告

経理業務
当年度の決算書を作成する際、すでに確定している過年度の決算書に誤りが見つかる場合があります。この記事では、決算修正の具体的なやり方と、決算修正の結果によって生じる可能性のある税務上の問題点と対処方法について解説します。過年度の決算書に誤りを見つけお困りの方は、…
支払調書とは?支払調書の目的と記載内容

支払調書とは?支払調書の目的と記載内容

経理業務
年末になると企業では支払調書を作成します。支払調書の作成手順自体はそれほど難しいものではありませんが、なぜ年末の繁忙期にこの調書を提出する必要があるのかわからない方も多いでしょう。 この記事では支払調書の概要、記載項目や計算方法についてご紹介します。支払調書の…
電子帳簿保存法の改正による変更点

電子帳簿保存法の改正による変更点

経理業務
2019年(令和元年)に電子帳簿保存法の改正が行われました。この記事では主に改正内容を解説していきます。 電子化して業務を効率化したい方や、電子帳簿保存法がわからないという方でも理解できる内容になっています。やがてくる電子化時代のために、重要なポイントを確認し…
消費税の節税は免税事業者と課税事業者のどちらが効果的?

消費税の節税は免税事業者と課税事業者のどちらが効果的?

経理業務
「消費税を節税するにはどんなことに気を付ければいいの?」 「増税や軽減税率はなにか関係がある?」 この記事ではこんな疑問を持つ方に向けて、消費税についてベストな判断ができるように解説しています。 「消費税のことを知らなかった!」で損をしないように、大切なポイン…
消費税における「切り捨て」とは? 法人が行う消費税の計算・納税方法を解説

消費税における「切り捨て」とは? 法人が行う消費税の計算・納税方法を解説

経理業務
消費増税や軽減税率に対応した結果、消費税の端数が生じた経験はありませんか? 端数処理は、切り上げ、切り捨て、四捨五入などが考えられますが、どれが適切なのか判断しかねる方も多いと思います。 そんな方に向けて、表示価格や請求書で消費税の端数が生じた場合や、確定申告…
正しく理解していますか?消費税の仕入税額控除を徹底解説!

正しく理解していますか?消費税の仕入税額控除を徹底解説!

経理業務
消費税は特定の物品やサービスに課税する個別消費税とは異なり、消費に対して広く公平な負担を求める間接税です。 生産および流通におけるそれぞれの段階で、商品や製品などが販売される都度その販売価格に上乗せされて消費税がかかりますが、最終的に税を負担するのは消費者です…
軽減税率の対象品目には何がある?事業者や経理が知っておくべき知識

軽減税率の対象品目には何がある?事業者や経理が知っておくべき知識

経理業務
2019年10月より消費税率が引き上げられ、標準税率が10%となりました。ただ軽減税率制度の導入により一部の対象品目は8%の税率が据え置かれます。 軽減税率の目的とは 「外食は10%で、持ち帰りは8%」のように、軽減税率制度が複雑でわかりにくいという意見もあり…
複式簿記を成り立ちから理解しよう

複式簿記を成り立ちから理解しよう

経理業務
簿記の技術は何世紀にもわたって世界中で普及してきました。 一見すると複雑なようにも思えるこの技術が会計に役立つのはなぜなのでしょうか。 この記事では複式簿記と単式簿記の違いをはじめ、簿記の歴史、そして複式簿記と会計との関係について解説します。財務諸表の全体像を…
連結決算とは?連結財務諸表の作成手順から連結修正まで解説!

連結決算とは?連結財務諸表の作成手順から連結修正まで解説!

経理業務
企業グループ全体の経営状況を知るためには、連結貸借対照表や連結損益計算書といった連結財務諸表が必要です。これらは個別財務諸表を合わせることで作られますが、ただ合算するだけでは正確なものとはなりません。連結修正を行い、正しい金額に計算し直す必要があります。 連結…
仮払消費税の計上とは?仕訳方法を理解しよう

仮払消費税の計上とは?仕訳方法を理解しよう

経理業務
「消費税の仕訳はどうしたらいいの?」 「軽減税率でなにか変わった?」 この記事では、消費税に関するこんな疑問に対して詳しく解説していきます。 「軽減税率で変わること」を先に言うと、仕訳自体は今まで通りで何も変わりません。 しかし、消費税の確定申告の際に標準税率…
消費税の中間納付・中間申告が必要な人は?ポイントは前年の納税額

消費税の中間納付・中間申告が必要な人は?ポイントは前年の納税額

経理業務
消費税に中間納付・中間申告があるのはご存じでしょうか。 消費税は、資金繰りに与える影響が大きい税金です。 事前に中間納付・中間申告を理解し、自分自身が対象となるのか一度チェックしてみましょう。 前年の納税額に応じて消費税の中間申告が必要になる 前年に納付した消…
免税事業者は消費税を請求していいのか?

免税事業者は消費税を請求していいのか?

経理業務
間接税である消費税は、事業者が消費者から預かって納税するものです。ところで、事業者の中には消費税の納税を免除されている免税事業者があります。消費税の納税義務のない免税事業者は、消費税を請求できないのでしょうか? 本記事では、免税事業者における消費税の取り扱いに…
消費税還付の仕組みと還付される条件まとめ

消費税還付の仕組みと還付される条件まとめ

経理業務
事業者は、商品やサービスを提供し消費者から消費税を受け取りますが、一方で事業者も仕入れをしたり備品を購入したりするので他の事業者に消費税を支払います。 消費税は、基本的に受け取った消費税から支払った消費税を差し引いた額について、事業者が納税します。この時、受け…
会計業務におけるエクセルの位置づけ

会計業務におけるエクセルの位置づけ

経理業務
エクセルは非常に操作しやすい表計算ソフトであるため、会計業務に最適だと思う経理担当者も多いでしょう。しかし、真にエクセルの良さを活かすためには、実はエクセルが高いリスクを持つソフトであることも理解する必要があります。 そこで今回は、会計業務にエクセルを使う時の…
発生主義・現金主義・実現主義の違いは?青色申告での注意点も解説

発生主義・現金主義・実現主義の違いは?青色申告での注意点も解説

経理業務
企業会計原則に示される会計の基準は、会計処理をする上での基本的なルールです。 しかし、企業会計原則に直接的に「発生主義とは」「現金主義とは」などの記載があるわけではありません。 この記事では、企業会計原則における「発生主義」や「実現主義」について、対立する概念…
摘要欄の有効利用と科目登録のすすめ

摘要欄の有効利用と科目登録のすすめ

経理業務
新しいIT関連サービスの利用料など、これまでにない経費を会計仕訳する際、勘定科目の選択に迷うことはありませんか? 今回は、通信費を例として取り上げ、今までになかった支出があったときの勘定科目の考え方を解説します。必要に応じて補助科目を新規追加するなど、仕訳のし…
e-文書法とは?対応方法や要件、改正の履歴を解説

e-文書法とは?対応方法や要件、改正の履歴を解説

経理業務
経理担当として扱う書類は非常に多く、管理の仕方について不安に感じる方も多いでしょう。電子帳簿保存法やe-文書法により一部の文書は電子的に保存することも可能で、紙保管に比べると簡便に取り扱えます。この記事では、e-文書法の意味と条文にある要件、e-文書法の対応と…
貸借対照表の書き方を具体例とともに解説

貸借対照表の書き方を具体例とともに解説

経理業務
会社は確定申告の際に「貸借対照表」を税務署に提出します。 この「貸借対照表」にはその時点での会社の財政状態が表されており、記載事項には会社の純資産(資本)、そして、それを導き出すための資産や負債などがあります。一見すると、書き方が分からない人には煩雑に思えます…
キャッシュフロー計算書は、直説法と間接法どちらが良いか?

キャッシュフロー計算書は、直説法と間接法どちらが良いか?

経理業務
会社の財務において重要な「資金の流れ」のことを「キャッシュフロー」といいます。そのキャッシュフローを把握することが、健全な会社経営には欠かせません。そこで必要になるのが「キャッシュフロー計算書」です。 キャッシュフロー計算書の営業活動によるキャッシュフローの表…
減価償却とは?計算方法や減価償却費の仕訳を理解するためのポイント

減価償却とは?計算方法や減価償却費の仕訳を理解するためのポイント

経理業務
企業経営者の方や個人事業主の方が、会計処理をする際に大切となることのひとつに減価償却があります。減価償却の方法と減価償却費の仕訳に関してはルールが多く、理解するのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか?今回は、減価償却費を正しく理解するために重要となるポ…
減価償却費の計算方法と償却方法の選び方

減価償却費の計算方法と償却方法の選び方

経理業務
法人税を計算する場合、「減価償却費」は「支出」、つまり損金となります。そのため、減価償却の仕組みを理解してうまく利用することにより、節税につなげることができます。 ここでは、定率法や定額法などの償却方法や、節税できる償却方法の選び方、償却資産の耐用年数を考慮し…
現金出納帳の書き方の基礎知識

現金出納帳の書き方の基礎知識

経理業務
現金出納帳は、現金取引の収入と支出の金額とその内容を記録するものです。事業上、現金の管理において、重要な帳簿になります。今回は現金出納帳の書き方について解説していきます。 現金出納帳とは 現金出納帳は、帳簿の分類では補助簿に該当します。補助簿とは、仕訳帳や総勘…
出納簿ってどんなもの?帳簿の役割と書き方まとめ

出納簿ってどんなもの?帳簿の役割と書き方まとめ

経理業務
出納簿とは事業活動で発生した取引について、勘定科目ごとに記録した帳簿のことです。科目ごとに帳簿が異なり、「現金出納帳」「預金出納帳」「売掛帳」「買掛帳」などがあります。 それぞれの帳簿の役割と書き方をご説明しましょう。 帳簿の重要性 たくさんの帳簿記入は、慣れ…
法定調書とは?知っておきたい法定調書の基礎知識

法定調書とは?知っておきたい法定調書の基礎知識

経理業務
「法定調書」と聞いてどのようなものをイメージするでしょうか。 法律に定められた書面だということは言葉からわかると思いますが、どのような書面なのかといわれるとピンとこない方も多いはず。 しかし、実は意外と目にしている書類です。今回は、法定調書とは何かについて解説…
貸借対照表でよく使われる勘定科目まとめ

貸借対照表でよく使われる勘定科目まとめ

経理業務
貸借対照表は財務三表の一つで、決済日現在の自社の財産や負債が分かる表です。その基本的な構造は、以下の3部で成り立っています。 資産の部:決算日現在の財産 負債の部:決算日現在の負債 純資産の部:決算日現在の資産と負債の差額(正味財産) 本記事では上記の3部ごと…
総勘定元帳を正しく理解していますか?理解しておきたい総勘定元帳の基礎と作り方

総勘定元帳を正しく理解していますか?理解しておきたい総勘定元帳の基礎と作り方

経理業務
仕訳帳とならんで主要簿である総勘定元帳とは、すべての取引を勘定科目ごとに記録するための帳簿です。 総勘定元帳とは何のためにあるのか、勘定ごとに記帳することで何がわかるのかなどを明らかにした上で、仕訳帳から転記して、総勘定元帳を作成する手順について説明します。 …
法人の決算準備のためにしておくべきことまとめ

法人の決算準備のためにしておくべきことまとめ

経理業務
年度末が近づいてくると、やはり気になる決算処理。ただでさえ忙しい年度末に、決算手続きをして確定申告に納税…と毎年頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。 法人決算のために準備しておくべきことについて、今回は会計処理的側面を中心にまとめてご説明します。 そ…
決算月はいつにする?決算月の決め方とポイント

決算月はいつにする?決算月の決め方とポイント

経理業務
日本では決算月を3月と定めている会社が多いですが、これは国や市区町村の会計年度が4月から3月までであることにならったものです。会社の決算月について、何月にしなければならないという決まりがあるわけではありません。 決算月は、会社の実情に応じて無理のないように決め…
決算報告書の書き方をわかりやすく解説

決算報告書の書き方をわかりやすく解説

経理業務
1年間の事業年度が終わると決算を行います。決算の結果は決算報告書にまとめますが、決算報告書は用途に応じてさまざまな種類があります。 ここでは、中小企業が決算報告書を作成するとき、どのようなものを作成すればよいかをご紹介します。 決算報告書の種類はさまざま 決算…
貸借対照表と損益計算書の関係まとめ

貸借対照表と損益計算書の関係まとめ

経理業務
貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)は 、期末決算において作成を求められる決算書です。B/Sはストック情報、P/Lはフロー情報を示します。両者は完全に独立したものではなく一定の関連性があり、双方を正しく作成することで財務分析の精度も向上します。 本記事で…
経理の仕事内容とは?経理業務のスケジュールまとめ

経理の仕事内容とは?経理業務のスケジュールまとめ

経理業務
会社の中には営業部、総務部、法務部、経理部、人事部といった部署がありますが、みなさんはどの部署に属していますか? 中には人事部と総務部が合体していたり、総務部と経理部が合体していたりする会社もあるかと思います。 しかし、そのように経理部と他の部をひとくくりにし…
仕訳帳とは?書き方や記入例、帳簿付けの流れを解説

仕訳帳とは?書き方や記入例、帳簿付けの流れを解説

経理業務
仕訳は日々の事業活動を記録しておくために欠かせない、大切な作業です。仕訳帳に記入することで、ひとつひとつの取引によって生じる勘定科目の増減について後からでもチェック可能にできます。正しい仕訳のやり方、仕訳帳への記載方法を習得しましょう。 仕訳に必要な勘定科目を…
軽減税率の対応をしなかった事業者の末路。今からでもやるべき対応

軽減税率の対応をしなかった事業者の末路。今からでもやるべき対応

経理業務
軽減税率が始まって混乱しているのは、消費者だけではありません。お店や事業を行う個人事業者と法人は、さらに面倒な手続きに悩まされています。 レジを軽減税率対応のものに変更し、キャッシュレス還元事業の登録をするだけでなく、新しく導入された「区分記載請求書等保存方式…
複式簿記の書き方を正しく理解していますか?複式簿記の基礎知識と書き方まとめ

複式簿記の書き方を正しく理解していますか?複式簿記の基礎知識と書き方まとめ

経理業務
複式簿記の書き方、ご存知ですか? 個人事業主はもちろん、たとえ小規模にしても経営者であれば、また、社会人であれば、複式簿記の書き方の基本は知っておきたいものです。 ここでは、複式簿記の大原則と書き方について、最小限の基本をわかりやすく説明します。 複式簿記の「…
会計帳簿とは?種類、付け方、書かない場合のデメリット等を解説

会計帳簿とは?種類、付け方、書かない場合のデメリット等を解説

経理業務
会計帳簿を付けたいけれど、主要簿、補助簿など種類がたくさんあって、違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか? 会計帳簿は、期末に決算書を作るために必要になる、大切なものです。 本記事では、経理業務に欠かせない会計帳簿の種類や記入の流れについて説明…
簿記の基本をおさえよう!複式簿記と単式簿記の違い

簿記の基本をおさえよう!複式簿記と単式簿記の違い

経理業務
今回は簿記について説明します。簿記には「単式簿記」と「複式簿記」があります。 会計や簿記は難しいところもありますが、知っておくと業績を把握する力や決算書を読み取る力が上がります。ぜひ、これを機に正しい知識を身に付けましょう。 会計と簿記の違い 「会計」という言…
【これは軽減税率?】ぶどう狩りや梨狩り。その場で食べると軽減税率の対象外ってほんと?

【これは軽減税率?】ぶどう狩りや梨狩り。その場で食べると軽減税率の対象外ってほんと?

経理業務
2019年10月1日からスタートした消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
【これは軽減税率?】賞味期限切れの食品の廃棄。業者に譲渡する際は消費税10%?

【これは軽減税率?】賞味期限切れの食品の廃棄。業者に譲渡する際は消費税10%?

経理業務
2019年10月1日からスタートした消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
帳簿の種類とそのつけ方

帳簿の種類とそのつけ方

経理業務
帳簿には、主要簿と補助簿という区分があります。ここでは、それぞれの主な帳簿の紹介と、記入のポイントについて解説します。 主要簿と補助簿について 帳簿とは、取引の内容を記録するためのものです。その帳簿は、主要簿と補助簿とに区分されます。主要簿とは、どの会社におい…
試算表とは?作成方法、見方のポイント、決算書との違いを解説

試算表とは?作成方法、見方のポイント、決算書との違いを解説

経理業務
試算表は、仕訳や転記などの間違いを見つけるのに役立つほか、会社の利益や財務の状況などを確認するのにも役立ちます。 実は、ひとくちに試算表といっても、残高試算表、合計試算表、合計残高試算表と3つの種類があり、それぞれで作成方法や見方が異なります。 ここでは、3種…
消耗品費と雑費はどうやって仕訳する?

消耗品費と雑費はどうやって仕訳する?

経理業務
消耗品費と雑費の違いについてご存知でしょうか。 消耗品費と雑費は使い分けを迷う方が多い科目です。 それぞれの科目の特徴、実務上の注意点をお伝えします。 消耗品費として経理処理する場合 消耗品費は文字通り様々な消耗性の費用の総称になります。 その厳密な定義は税法…
法定実効税率とは?計算方法をわかりやすく解説

法定実効税率とは?計算方法をわかりやすく解説

経理業務
法定実効税率とは所得に対して課税される法人税、住民税、事業税の表面税率を使って所定の方法で計算される総合的な税率のことを指します。表面税率(もしくは合計税率)とは、法律が定めている税率のことを指します。税金の納付や申告の際には表面税率が、税効果会計の会計処理の…
【これは軽減税率?】バーガーとドリンクのセット。ドリンクだけ店内飲食する場合、消費税はどうなる?

【これは軽減税率?】バーガーとドリンクのセット。ドリンクだけ店内飲食する場合、消費税はどうなる?

経理業務
2019年10月1日からスタートした消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
【これは軽減税率?】キッチンカーで買った食事。近くのベンチで食べるなら消費税どうなる?

【これは軽減税率?】キッチンカーで買った食事。近くのベンチで食べるなら消費税どうなる?

経理業務
2019年10月1日からスタートした消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
【これは軽減税率?】新幹線の車内ワゴン販売は軽減税率の対象になる?

【これは軽減税率?】新幹線の車内ワゴン販売は軽減税率の対象になる?

経理業務
2019年10月1日からスタートした消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
これでわかる「キャッシュレス・ポイント還元」の利用方法から会計処理まで

これでわかる「キャッシュレス・ポイント還元」の利用方法から会計処理まで

経理業務
2019年10月1日の消費税率引き上げと同時に、キャッシュレス決済を行うと最大5%還元される「キャッシュレス・ポイント還元事業」が始まりました。キャッシュレス還元を活用すれば、増税の痛手を多少軽減できることになります。 本記事では、キャッシュレス還元の概要と、…
【これは軽減税率?】会議室までサンドイッチ配達。消費税8%と10%の分かれ道は「給仕」

【これは軽減税率?】会議室までサンドイッチ配達。消費税8%と10%の分かれ道は「給仕」

経理業務
2019年10月1日からスタートした消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
【これは軽減税率?】おもちゃ付きペットボトル飲料は消費税8%の「一体資産」?

【これは軽減税率?】おもちゃ付きペットボトル飲料は消費税8%の「一体資産」?

経理業務
2019年10月1日からスタートする消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
貸借対照表でよく使われる勘定科目まとめ

貸借対照表でよく使われる勘定科目まとめ

経理業務
貸借対照表は財務三表の一つで、決済日現在の自社の財産や負債が分かる表です。その基本的な構造は、以下の3部で成り立っています。 資産の部:決算日現在の財産 負債の部:決算日現在の負債 純資産の部:決算日現在の資産と負債の差額(正味財産) 本記事では上記の3部ごと…
【これは軽減税率?】映画館の売店のポップコーンは消費税8%?10%?

【これは軽減税率?】映画館の売店のポップコーンは消費税8%?10%?

経理業務
2019年10月1日からスタートする消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
【これは軽減税率?】日本酒の原料となる米は消費税8%なのに、なぜ料理を作るためのワインは10%?

【これは軽減税率?】日本酒の原料となる米は消費税8%なのに、なぜ料理を作るためのワインは10%?

経理業務
2019年10月1日からスタートする消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
軽減税率目前!飲食料品の消費税8%と10%を見極めるポイント

軽減税率目前!飲食料品の消費税8%と10%を見極めるポイント

経理業務
いよいよ10月から、消費増税にともない軽減税率が導入されます。連日、あらゆるテレビ番組で軽減税率についての解説が行われていますが、何度聞いても覚えられません。(執筆者:元国税局職員・お笑い芸人 さんきゅう倉田) 軽減税率は「飲食料品」の判断が難解 基本的には、…
【これは軽減税率?】お好み焼きや焼きそばなど縁日の屋台。消費税は8%?10%?

【これは軽減税率?】お好み焼きや焼きそばなど縁日の屋台。消費税は8%?10%?

経理業務
2019年10月1日からスタートする消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
【これは軽減税率?】「宅配ピザ」と「UberEatsでピザ配達」で消費税は変わる?

【これは軽減税率?】「宅配ピザ」と「UberEatsでピザ配達」で消費税は変わる?

経理業務
2019年10月1日からスタートする消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
【これは軽減税率?】遊園地の売店でチュロス販売。食べ歩きは外食扱いになる?

【これは軽減税率?】遊園地の売店でチュロス販売。食べ歩きは外食扱いになる?

経理業務
2019年10月1日からスタートする消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
【これは軽減税率?】医薬部外品の栄養ドリンクは消費税10%…トクホや健康食品は?

【これは軽減税率?】医薬部外品の栄養ドリンクは消費税10%…トクホや健康食品は?

経理業務
2019年10月1日からスタートする消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
貸借対照表と損益計算書の関係まとめ

貸借対照表と損益計算書の関係まとめ

経理業務
貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)は 、期末決算において作成を求められる決算書です。B/Sはストック情報、P/Lはフロー情報を示します。両者は完全に独立したものではなく一定の関連性があり、双方を正しく作成することで財務分析の精度も向上します。 本記事で…
【これは軽減税率?】レストランで残った食事。パックに詰めて持ち帰ったら?

【これは軽減税率?】レストランで残った食事。パックに詰めて持ち帰ったら?

経理業務
2019年10月1日からスタートする消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率について少しでも理解を深…
消費税引き上げに伴う経過措置とは?

消費税引き上げに伴う経過措置とは?

経理業務
平成31年(2019年)10月1日より消費税が8%から10%に上がりますが、消費税引き上げ前に契約した商品の引き渡しが消費税引き上げ後に行われた場合、引き上げ前の税率(8%)と引き上げ後の税率(10%)のうちどちらで計算するかご存じでしょうか。 国税庁が定める…
損益計算書(P/L)を分かりやすく解説

損益計算書(P/L)を分かりやすく解説

経理業務
損益計算書(P/L)は、1年間の経営成績を示す決算書であり、構成要素を財務分析に利用するなど、経営戦略を立てる上で重要な書類です。損益計算書は、会社の経営状況を把握する決算書の中でも、一定期間における会社の収益を把握するためには欠かせません。本記事では、損益計…
現金主義と発生主義の違いを理解しよう

現金主義と発生主義の違いを理解しよう

経理業務
企業の基本的な会計ルールである企業会計原則には、「すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上し、その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない」と示されており、大原則として適正な期間損益計算が求められます。そのために理解しておきた…
軽減税率と同時に始まる「区分記載請求書」と「インボイス制度」の違い

軽減税率と同時に始まる「区分記載請求書」と「インボイス制度」の違い

経理業務
最近、フリーランサーの間で「インボイス制度」が話題です。しかし、2019年10月から導入される請求書の新ルール「区分記載請求書等保存方式」と混同している方が見受けられ、ネットでは「2019年10月から免税事業者は廃止に追い込まれるの?」といった不安の声も上がっ…
飲食業以外の事業者も確認すべき「軽減税率の3つのポイント」

飲食業以外の事業者も確認すべき「軽減税率の3つのポイント」

経理業務
軽減税率導入まで約1カ月となりました。軽減税率8%の対象が主に「飲食料品」ということもあり、飲食店やスーパー、コンビニなどが対応に追われているイメージがあります。しかし、それ以外の事業者においても軽減税率の影響は出てきます。 今回は、飲食店等に限らず全ての業種…
【業種別】軽減税率の対応・対策まとめ

【業種別】軽減税率の対応・対策まとめ

経理業務
2019年10月1日から消費税が10%になり、同時に軽減税率制度が導入されます。すべての業種は、消費税10%と、軽減税率8%へ対応することが求められます。 そこで、「どの業種が、どのように対応していったら良いか?」が気になるところです。 ポイントは、業種と消費…
持ち帰りとイートインスペース利用、軽減税率の適用基準や罰則は?

持ち帰りとイートインスペース利用、軽減税率の適用基準や罰則は?

経理業務
2019年10月、消費税が10%に上がるにともない、生活に密接にかかわる飲食物については、そのほとんどが現行の消費税のまま8%に据え置かれる、軽減税率の措置が取られることが決まっています。 しかし、同じ飲食物でもすべてが対象になる訳ではありません。例えば、いわ…
販売者は気をつけたい!軽減税率の値引きの話

販売者は気をつけたい!軽減税率の値引きの話

経理業務
2019年10月1日より、消費税が8%から10%へと引き上げられます。 これと同時に軽減税率が導入され、一部の商品は8%で据え置きとなります。そのため事業者は、取り扱う商品によって対応を変えなければいけません。また、販売時に値引きがあった場合は、消費税をどう取…
通販 ・ECサイトは軽減税率にどう対策するべき?

通販 ・ECサイトは軽減税率にどう対策するべき?

経理業務
消費税増税にともなう軽減税率の対策は、通販・ECサイトも例外ではありません。顧客とその場で直接取引をする実店舗での対策とは異なってきますが、異なる2つの消費税で運用しなければならない余波は、通販・ECサイト各々の対策にも影響します。 それでは、通販・ECサイト…
食品を含んだ一体資産は軽減税率の対象になる?判断基準は?

食品を含んだ一体資産は軽減税率の対象になる?判断基準は?

経理業務
2019年10月、8%から10%への消費税引き上げにともない、一部を現行の消費税にとどめる軽減税率の措置が実施されます。 一定の条件を満たした飲食物を中心としたものの譲渡(顧客への販売、企業との取引など)が主な対象となりますが、飲食物とそうでないものが混在する…
売掛金と買掛金の仕訳方法 未回収トラブルを避ける対策は?

売掛金と買掛金の仕訳方法 未回収トラブルを避ける対策は?

経理業務
商売をしていると、売上や仕入れについて掛取引を行っている方も多いでしょう。また売掛金が未回収となっている場合も少なくないと思われます。今回は、売掛金と買掛金の基本、仕訳方法、売掛金が未回収になってしまった場合の対処法を解説します。 売掛金・買掛金とは? 売掛金…
軽減税率対策補助金は3種類 対象者や申請期限を解説

軽減税率対策補助金は3種類 対象者や申請期限を解説

経理業務
2019年10月1日より、消費税が8%から10%に引き上げられます。そこで多くの事業者の頭を悩ませているのが増税とあわせて導入される軽減税率です。 軽減税率によって一部品目は消費税8%に据え置きされるため、これまで一律だった消費税率が8%と10%の複数に分かれ…
タピオカ店を悩ませる「軽減税率」 カフェに屋台にフードコート…消費税どうなる?

タピオカ店を悩ませる「軽減税率」 カフェに屋台にフードコート…消費税どうなる?

経理業務
空前絶後のタピオカブームが到来しています。街中のタピオカドリンク専門店がものすごい行列をなしているのを目にした方も多いでしょう。 税理士である筆者もブームに便乗してタピオカアイスティーを買いに行ったところ、ふと10月以降は「タピオカ屋さんの消費税率がメンドクサ…
起業したらいつ税理士をつける? 契約タイミングの目安は「1年間の売上」

起業したらいつ税理士をつける? 契約タイミングの目安は「1年間の売上」

経理業務
起業した方から、「どのタイミングで税理士をつけたらいいですか?」と質問されることがあります。その質問に答える前に、税理士紹介サービスを手掛ける私がまずお伝えしているのは「税理士をつける目的」です。 そもそも税理士にお願いできることとできないことを理解しておかな…
固定資産税はどう抑える?「オフィス形態別」に負担を比較解説

固定資産税はどう抑える?「オフィス形態別」に負担を比較解説

経理業務
春はなにかと出費が多い時期です。5月以降はさらに追い打ちをかけるように固定資産税や自動車税などの納税ラッシュが始まります。今回は、経営者なら知っておきたいオフィスの固定資産税に着目。自己所有か賃貸か、居住スペースがある場合など、ケース別に固定資産税の負担を比較…
軽減税率に向けた「業種別の影響と対応」 飲食や小売はどうなる?

軽減税率に向けた「業種別の影響と対応」 飲食や小売はどうなる?

経理業務
2019年10月1日の消費税増税とあわせて始まる軽減税率。高齢社会の中で消費税の引き上げがやむを得ない一方、引き上げによって生活が著しく困窮することないよう一部は消費税8%に据え置かれます。 生活の影響についてはある程度は想像しやすいですが、企業側にはどのよう…
【解説】2019年度税制改正大綱のポイントは「車と住宅」 仮想通貨にも初めて言及

【解説】2019年度税制改正大綱のポイントは「車と住宅」 仮想通貨にも初めて言及

経理業務
自民、公明両党が12月14日、2019年度(平成31年度)の税制改正大綱を発表しました。今回の改正は、2019年10月の消費税率10%への引き上げにともなう駆け込み需要と反動減を抑えることが焦点となります。 重点が置かれたのは、増税の影響が大きい自動車と住宅の…
消費税の軽減税率 調味料なのに「みりんは適用対象外」なワケ

消費税の軽減税率 調味料なのに「みりんは適用対象外」なワケ

経理業務
2019年10月1日、いよいよ消費税が10%に引き上げられます。 消費税は所得の多さに関係なく、すべての人に等しくかかる税金です。そのため低所得者の負担増の懸念から、増税と同時に、飲食料品と新聞については税率8%に据え置く「軽減税率制度」が実施されます。 そん…
タイ洞窟遭難で「奇跡の救出」 日本だったら救助経費は誰が支払う?

タイ洞窟遭難で「奇跡の救出」 日本だったら救助経費は誰が支払う?

経理業務
タイ北部チェンライ県の洞窟で起こった少年ら13人の遭難事故。一時は救出に半年かかるとも報じられましたが、遭難から18日目に無事全員が救出され、世界中が歓喜に包まれました。 日本ではあまり馴染みのない洞窟遭難。ツイッターでは「日本だったら『自己責任』や『税金の無…
税理士に聞く、2018年度の税制改正で押さえるべきポイント

税理士に聞く、2018年度の税制改正で押さえるべきポイント

経理業務
政府は2017年12月、2018年度税制改正大綱を閣議決定しました。今回の税制改正にともない、個人では基礎控除や給与所得控除等の見直し、法人では賃上げした場合の法人税の税額控除の改正、経営者にとっては事業承継税制の大幅な見直しが必要になるなど、個人・法人・経営…
創立費と開業費の会計処理について

創立費と開業費の会計処理について

経理業務
会社の創立と開業準備にかかる費用である創立費と開業費は、繰延資産として資産計上でき、償却方法としてはいつでも必要経費として償却することができる、任意償却が適用されます。創立費、開業費、繰延資産についてとその償却方法を説明します。 繰延資産とは 税務上の繰延資産…
所得税とは?専門家が10種類の所得税を分かりやすく徹底解説!

所得税とは?専門家が10種類の所得税を分かりやすく徹底解説!

経理業務
所得税とは、個人の所得に対して課税される税金で日本の税収を支える非常に重要な基幹税です。 所得税はその年の1/1~12/31までの1年間に得た所得に対して計算します。 日本の平成29年度予算の内、約30%は所得税・住民税などの個人所得課税が占めています。それほ…
ヘッジ会計でリスク回避!メリットと仕組みを解説

ヘッジ会計でリスク回避!メリットと仕組みを解説

経理業務
企業としてリスクの少ない投資活動や安定した資産管理を望むなら、ヘッジ会計について知っておきましょう。 ここでは、企業の会計・財務担当者が知っておきたいヘッジ会計の概要や適用条件などの基本ポイントを解説します。 ヘッジ会計はどんな時に必要? 株式・債券・外国為替…
消費税における「切り捨て」とは?法人が行う消費税の計算・納税方法を解説

消費税における「切り捨て」とは?法人が行う消費税の計算・納税方法を解説

経理業務
消費税は間接税であり、納税者と担税者が異なる税金です。モノやサービスを売っている会社は、消費税をお客様から代金と一緒にいただき、年度末にまとめて納税を行わなければいけません。 消費税が8%となっている現在、国に納める国税分が6.3%、地方自治体に納める地方税分…
収入印紙を買ったときの勘定科目は何を使えばいい?

収入印紙を買ったときの勘定科目は何を使えばいい?

経理業務
この記事では、収入印紙を買ったときの会計処理で、一般的にどの勘定科目を使えばよいかについてお伝えします。 収入印紙をすぐに文書に貼って使用するのか、しばらく手元においておくのか、それによって勘定科目は変わります。また、収入印紙を買った場所によって消費税の扱いが…
美術品を減価償却するかどうかは100万円が分岐点

美術品を減価償却するかどうかは100万円が分岐点

経理業務
事務所の応接室に絵が飾られていたり、社屋のロビーに壷が飾られていたり、ビジネスの現場でも美術品を目にすることがあります。 美術品は事業に直接のかかわりはなく、使用するにつれて価値が減るものばかりとは限りません。しかし、税法では美術品に対しても一定の条件のもとで…
課税証明書とは?課税証明等請求書の書き方と役所での発行・取得方法

課税証明書とは?課税証明等請求書の書き方と役所での発行・取得方法

経理業務
課税証明書は住民税額を証明するための書類で、そこから転じて所得の証明などに利用される書類です。 そのため課税証明書が「非課税証明書」「所得証明書」という書類の役割も兼ねている自治体もあります。ここではこの課税証明書を使って証明できる内容と必要になる場面、そして…
事業に関わる税の種類を徹底解説

事業に関わる税の種類を徹底解説

経理業務
法人であっても個人であっても、事業で得た利益や、保有している資産について税金を納めなければなりません。 事業に関わる税の種類は、法人と個人では異なります。それぞれの税について、何に対して課税され、どのように申告すればよいかを中心に説明します。 事業に関わる税の…
中小企業でも社会保険(厚生年金・健康保険)に加入しなければいけない?

中小企業でも社会保険(厚生年金・健康保険)に加入しなければいけない?

経理業務
マイナンバーの導入などをはじめとして、さまざまな取り組みが見られる社会保険ですが、中小企業の中には未加入のところも見られます。 今回は、中小企業でも社会保険に加入する必要があるのか、さらには社会保険に加入した場合の納付までの流れや経理処理などについてご紹介して…
即時償却も可能!中小企業投資促進税制でかしこく節税

即時償却も可能!中小企業投資促進税制でかしこく節税

経理業務
「中小企業投資促進税制」という制度をご存知ですか?この制度は、設備投資をおこなう中小企業の利益率アップを図るために導入された減税策です。条件が合えば、より高い節税効果が期待できる即時償却をおこなうことも可能なので、ここで解説する制度の概要をチェックしておきまし…
中小企業に適した会計基準「中小会計要領」

中小企業に適した会計基準「中小会計要領」

経理業務
中小会計要領(中小企業の会計に関する基本要領)は、中小企業がより簡単に利用できる会計基準として2012年に定められました。 中小会計要領は、すべての中小企業に導入が義務づけられているわけではありません。しかし、一定の会計基準に従った決算書を作成することで、対外…
納税充当金とは?仕訳から確定申告書での表記方法まで解説

納税充当金とは?仕訳から確定申告書での表記方法まで解説

経理業務
経理に携わる方は、法人税の申告書について、会計と税務の差異を表す法人税の確定申告書の「別表4」や、納税状況を表す法人税の確定申告書の「別表5-2」については、意味がわかるようにしておいた方が良いでしょう。 そこで今回は、法人税で用いられる納税充当金について丁寧…
中小企業の税制上の優遇措置

中小企業の税制上の優遇措置

経理業務
中小企業は法人税の税率が軽減されていることは、すでにご存じのことでしょう。これ以外にも、中小企業に対するさまざまな税制上の優遇措置があります。 この記事では、中小企業の税制上の優遇措置をご紹介します。 詳しい内容や手続きについては、中小企業庁のホームページで調…
中小企業で退職金を準備する方法

中小企業で退職金を準備する方法

経理業務
退職金を支払うためには、多額の資金を準備しなければなりません。そのため、中小企業では単独で退職金制度をもつことが難しいものです。 そこで、中小企業の従業員や小規模企業の経営者の退職金を準備するための共済制度があります。 中小企業退職金共済制度は従業員向けの制度…
仕入高

仕入高

経理業務
仕入高とは、事業で販売する商品や、その商品を作るための原材料を仕入れるための費用を計上するために利用します。 今回は、仕入高を計上する際に気をつけなければいけないことや、特に間違いやすい消費税額との兼ね合いなどについて、どのように処理していけばよいかを解説して…
リース債務

リース債務

経理業務
「リース債務」は、リースした物品に対するリース料などのことを指す勘定科目です。リースを行った際には、このリース債務をはじめとしたリース会計と呼ばれる処理を行う必要があり、その際に気をつけるポイントが多数あります。 今回はリース債務を中心に、リース会計において注…
売上割戻とは?勘定科目は?意味から仕訳の方法まで解説!

売上割戻とは?勘定科目は?意味から仕訳の方法まで解説!

経理業務
「売上割戻(うりあげわりもどし)」とは、売り上げたものやサービスの量に応じて、あらかじめ取り決めておいた割合の金額を一部購入者に戻すことを指します。 一般的には、「リベート」や「キックバック」といった表現で表されることも多くなっています。 今回はこの売上割戻の…
中小企業向けの会計ルールを知っておこう

中小企業向けの会計ルールを知っておこう

経理業務
中小企業の場合、決算は法人税の申告や会社法の規定で仕方なく行うことが多いものですが、経営管理や対外的な信用の面からも、一定のルールに則った決算を行うことは大切です。 この記事では、中小企業に向けた会計ルールである「中小会計要領」と「中小指針」について、その内容…
固定資産売却損とは?仕訳方法から消費税の取り扱いまで解説

固定資産売却損とは?仕訳方法から消費税の取り扱いまで解説

経理業務
固定資産を売却した際に発生することがある固定資産売却損。どのようなケースで発生し、会計処理はどのように行えば良いのでしょうか。 ここでは、固定資産売却損の基本的な概要や仕訳方法について解説します。 固定資産売却損の基礎知識 土地や建物、車両といった会社が保有す…
販売手数料とは?仕訳の区分と消費税の計算に注意!

販売手数料とは?仕訳の区分と消費税の計算に注意!

経理業務
同じ費用であっても、性質によって処理方法が異なる勘定科目は押さえておく必要があります。特に販売手数料については、処理方法を誤ってしまうと法人税や消費税に影響がでてしまいます。 今回は、販売手数料についての具体的な処理方法や、税務的な取扱いについて丁寧に紹介して…
退職給与引当金とは?損益算入は廃止!具体例と計算方法

退職給与引当金とは?損益算入は廃止!具体例と計算方法

経理業務
今回は、退職給与引当金の意味から具体的な計算方法、さらには税務的にはどのように取扱われているのかを紹介していきます。 退職給与引当金を計上する意味は? まずは、退職給与引当金の意味について確認しましょう。退職給与引当金とは、将来支払われる退職金のうち、現在まで…
地代家賃とは?消費税法上の取り扱い・仕訳や計算方法も解説

地代家賃とは?消費税法上の取り扱い・仕訳や計算方法も解説

経理業務
地代家賃はその名のとおり「地代」「家賃」を管理するための勘定科目ですが、一見すると地代家賃に分類できそうでも、実は地代家賃ではないというケースもあります。 ここではそのような間違いを起こさないために、地代家賃の定義や実務上の注意点、具体的な仕訳方法について解説…
権利金とは?計算方法や仕訳方法、税務上の取り扱いをわかりやすく解説

権利金とは?計算方法や仕訳方法、税務上の取り扱いをわかりやすく解説

経理業務
新しい事務所や店舗などを賃貸借する場合に、敷金や保証金、さらには仲介手数料など、様々な支払い項目が発生します。その中でも特に経理として注意しておくべきなのは、権利金の処理方法ですね。 今回は、権利金とは何かという基本的な事から、権利金に関する仕訳などを具体的わ…
特別償却準備金とは?メリットから仕訳方式まで解説!

特別償却準備金とは?メリットから仕訳方式まで解説!

経理業務
特別償却準備金は特別償却をするために積み立てるお金を指します。これを理解するためには、そもそも「特別償却とはどんなものか」を理解する必要があります。 ここでは特別償却の定義や会計上の機能、種類などを解説するとともに、特別償却準備金の定義と財務諸表での位置付け、…
預け金とは?仕訳時に間違える勘定科目との違いを解説!

預け金とは?仕訳時に間違える勘定科目との違いを解説!

経理業務
預け金と預り金は対となる勘定科目です。ここでは両者の定義や具体例、会計上の取り扱いルールとともに、仕訳の具体的な方法についても解説します。 預け金・預り金の定義と使い方 預け金の定義 預け金とは企業が他者に対してお金などを一時的に預けている時に使う勘定科目です…
保険積立金とは?保険別に会計処理を解説!

保険積立金とは?保険別に会計処理を解説!

経理業務
保険積立金とは、生命保険や損害保険の保険料のうち、満期返戻金など貯蓄性がある部分の保険料を計上するための勘定科目です。貸借対照表の資産の部の投資その他資産として表示されます。 保険積立金とは 一般に、生命保険や損害保険には、死亡や傷害に備える保険部分と、契約が…
損害保険料とは?契約期間ごとの仕訳・積立保険の計上方法を解説

損害保険料とは?契約期間ごとの仕訳・積立保険の計上方法を解説

経理業務
損害保険料勘定は、主に商品や事務所などの事業用資産に対する損害保険料を計上するための勘定科目です。損益計算書の販売管理費の内訳として表示されます。 損害保険料とは 損害保険は、火災保険や自動車保険(自賠責保険・任意保険)が代表的ですが、そのほか次のようなものが…
車両運搬具の適用範囲は?仕訳方法から減価償却方法まで解説

車両運搬具の適用範囲は?仕訳方法から減価償却方法まで解説

経理業務
「車両運搬具」は、例えば日常的に使っている営業車、業務で利用している車両全般を表すための勘定科目です。 車両運搬具は、業務で利用している車両がすべて含まれるものではなく、一定の基準が存在しています。今回は、車両運搬具の分類や線引きについてと、財務諸表上における…
リース料とは?リース取引のメリット・デメリットを解説!

リース料とは?リース取引のメリット・デメリットを解説!

経理業務
購入とリースの違いなどからリース取引のメリット・デメリットについて、あるいは具体的なリース料の処理方法についてご紹介していきます。 リース取引とは?メリット・デメリットを紹介 まずは、リース取引とは何かということから見ていきましょう。 リース取引とは、機械や設…
雑給とは?給与との違いは?定義の解説から仕訳例まで紹介

雑給とは?給与との違いは?定義の解説から仕訳例まで紹介

経理業務
雑給という勘定科目は、それ自体の理解は難しくありません。しかしこれを理解するためには「給与」について理解が必要です。ここでは雑給の定義や仕訳について解説するとともに、法律における給与についても解説します。 雑給の定義と仕訳の考え方 雑給の定義 パートやアルバイ…
工具器具備品とは?金額別の減価償却方法も解説!

工具器具備品とは?金額別の減価償却方法も解説!

経理業務
工具器具備品勘定は、工具や家具、事務機器などを資産として計上する勘定科目です。貸借対照表の資産の部の固定資産の内訳として表示されます。 工具器具備品は資産として計上する 1個または1組の取得価額が10万円以上の工具、器具、備品については、工具器具備品勘定で有形…
繰り越しヘッジ損益とは?デリバティブの定義から解説!

繰り越しヘッジ損益とは?デリバティブの定義から解説!

経理業務
繰延ヘッジ損益勘定は、先物取引やオプション取引といったデリバティブについて、期末時点での時価評価による差額を翌期以降に繰り延べるときに使用する勘定科目です。 財務諸表では、貸借対照表の純資産の部の評価・換算差額等として表示されます。 デリバティブとは デリバテ…
償却債権取立益とは?貸倒引当金戻入益との違いに注意!

償却債権取立益とは?貸倒引当金戻入益との違いに注意!

経理業務
償却債権取立益勘定は、前期以前に回収不能であるとして貸倒処理した債権が当期に回収できた場合に、その金額を収益として計上するための勘定科目です。財務諸表では、損益計算書の営業外収益として表示されます。 償却債権取立益とは 貸倒処理とは、得意先の倒産などの理由で回…
割引手当とは?種類や不渡手形になるまでのプロセスを解説

割引手当とは?種類や不渡手形になるまでのプロセスを解説

経理業務
販売代金を現金ではなく約束手形で受け取った場合に「受取手形」で仕訳を起こすことは良く知られていますが、「割引手形」や「裏書手形」、「不渡手形」がどういった種類の手形であるのか意外と知らない人が多いのではないでしょうか? ここでは、 ・割引手形と裏書手形はどうい…
開業償却費とは?償却方法や確定申告との関係まで解説!

開業償却費とは?償却方法や確定申告との関係まで解説!

経理業務
開業費償却勘定は、開業時に繰延資産として計上した開業費を取り崩して費用にするときに使用する勘定科目です。財務諸表では、損益計算書の営業外費用として表示されます。 開業費・開業費償却とは 開業費とは、開業準備にかかった費用を繰延資産として計上するものです。 法人…
未収入金とは?売掛金・未収収益との違いに注意

未収入金とは?売掛金・未収収益との違いに注意

経理業務
未収入金は、営業活動以外の取引による未回収の金額を計上するための勘定科目です。財務諸表では、貸借対照表の資産の部に表示されます。 未収入金は営業活動以外の取引による未回収の金額を計上 未収入金は、固定資産や有価証券の譲渡のほか、不動産の貸付など、営業活動以外の…
減損損失とは?定義や仕訳、減損会計のプロセスを解説!

減損損失とは?定義や仕訳、減損会計のプロセスを解説!

経理業務
投資に見合った金額の回収が見込めない資産の価値を切り下げる会計処理を、減損会計といいます。 減損損失は、減損会計で計上された損失を示す勘定科目です。財務諸表では、原則として損益計算書の特別損失として表示されます。 減損損失は投資額の回収が見込めない資産の価値を…
繰延税金負債とは?税効果会計での仕訳例とともに解説

繰延税金負債とは?税効果会計での仕訳例とともに解説

経理業務
繰延税金負債は、税効果会計を適用している場合に使用する勘定科目で、会計上の損益と税務上の所得の差を調整するためのものです。財務諸表では、貸借対照表の負債の部に表示されます。 繰延税金負債は税効果会計で使用 会計上の利益と税金計算上の所得の差を調整する会計処理を…
一括償却資産とは?条件と実際の会計処理を解説!

一括償却資産とは?条件と実際の会計処理を解説!

経理業務
一括償却資産勘定は、減価償却資産のうち一括償却できる資産を取りまとめて計上するための勘定科目です。 財務諸表では、貸借対照表の資産の部の固定資産として表示されます。 一括償却資産にできるのは取得価額20万円未満の減価償却資産 減価償却は、年月の経過によって資産…
投資有価証券は保有目的で仕訳が変わる?

投資有価証券は保有目的で仕訳が変わる?

経理業務
一般的に「投資有価証券」と呼ばれる金融機関が提供する商品には、社債や国債、株式などさまざまな性質の商品がありますが、「保有目的」によって「有価証券」か「投資有価証券」に区別され、起こすべき仕訳も変わってきます。 ここでは、有価証券の保有目的にはどういった種類が…
会社法から読み解く、利益準備金を計上しなければならない理由

会社法から読み解く、利益準備金を計上しなければならない理由

経理業務
利益準備金とは法定準備金の1つであり、会社法によって規定されているものです。 剰余金を株主に配当する場合に、法務省令の会社計算規則で規定された計算方法で求めた額を利益準備金に回すことが義務化されています。 ここでは、 ・利益準備金を計上が必要とされる理由 ・会…
仮受金の仕訳はどうする?財務諸表での位置付けと取り扱い

仮受金の仕訳はどうする?財務諸表での位置付けと取り扱い

経理業務
仮受金は誰から支払われたのか、あるいはどうして支払われたのかが不明な入金や送金を振り分けられる勘定科目です。 ここではこの勘定科目の定義や財務諸表での位置付け、そしてどのように扱うべきかという考え方を解説します。また例を挙げて具体的な仕訳の方法についても解説し…
原材料に関する意外と知らない簿記のルール3選

原材料に関する意外と知らない簿記のルール3選

経理業務
原材料は仕入れて加工し、製品となったものを販売することによって初めて利益を上げることができます。 そのため原材料を仕入れただけでは利益を上げることができず、原材料ならではの簿記のルールに従って資産計上していくことになります。 ここでは原材料に関する簿記のルール…
差入保証金の仕訳を理解しよう!具体例と考え方を解説

差入保証金の仕訳を理解しよう!具体例と考え方を解説

経理業務
差入保証金とは敷金や営業保証金などを処理するための勘定科目です。以下では差入保証金の基本的な考え方と会計上・税務上の取扱ルール、敷金をはじめとする主な差入保証金について解説します。 またセットで知っておきたい勘定科目「長期前払費用」についても解説します。 差入…
貯蔵品はこんなに便利!知って得する貯蔵品に関する知識まとめ

貯蔵品はこんなに便利!知って得する貯蔵品に関する知識まとめ

経理業務
利益を生み出すために必要な費用は、基本的にすぐに消費することを前提に経理処理を行なうものです。 とは言え、購入したけれど例年通りに消費することができず、期末にたくさん余ってしまった消耗品や収入印紙は消費していない状態であるため、費用計上することは費用収益対応の…
のれん償却とは?

のれん償却とは?

経理業務
「のれん」や「のれん償却」は企業の連結決算書などで目にする勘定科目です。 ここではよく知られていない、 ・のれんとは何か ・のれん償却とは何か ・のれん償却の具体的な仕訳例 の3つのポイントについて解説していきます。 そもそも「のれん」とは何か 「のれん」とは…
減価償却累計額はどんな勘定科目?考え方と仕訳のルールを解説

減価償却累計額はどんな勘定科目?考え方と仕訳のルールを解説

経理業務
減価償却は建物や機械装置、ソフトウェアなどの有形・無形固定資産に特有の費用配分処理です。減価償却累計額とはこの減価償却をする際に使う勘定科目で、これを理解するためには減価償却の基本を理解しておく必要があります。 以下では減価償却の基本的な考え方から始め、どのよ…
現金過不足の基本を学ぼう!定義と仕訳の方法を解説

現金過不足の基本を学ぼう!定義と仕訳の方法を解説

経理業務
現金過不足は本来起こってはいけないものですが、商売をしている以上ある程度は発生してしまうものでもあります。 ここではこの現金過不足の基本的な考え方と仕訳の方法を解説します。また現金過不足が計上される、雑損失及び雑収入の他の例についても紹介します。 現金過不足の…
研究開発費にはどんな費用が含まれる?定義と会計上の処理を解説

研究開発費にはどんな費用が含まれる?定義と会計上の処理を解説

経理業務
研究開発費の会計処理するときに重要となるのは、どんなものが「研究」や「開発」に含まれるのかという点です。 ここでは研究開発費の研究・開発の定義や具体的な例について解説するとともに、それを踏まえたうえでどのような会計処理をすればいいのかを解説します。 研究開発費…
繰越利益剰余金とは?貸借対照表での位置付けと仕訳のルール

繰越利益剰余金とは?貸借対照表での位置付けと仕訳のルール

経理業務
貸借対照表の純資産の部に区分される繰越利益剰余金は、株主への配当額にも関わる勘定科目です。 ここではこの繰越利益剰余金が貸借対照表でどのような位置付けがされているのかを通じて、その性質や仕訳の具体例を解説します。 貸借対照表と繰越利益剰余金 繰越利益剰余金とは…
締め日がポイント|退職時に損をしないための税金と社会保険料

締め日がポイント|退職時に損をしないための税金と社会保険料

経理業務
退職してすぐに再就職しない場合、それまで自動で給与から天引きされていた税金や社会保険料は自分で支払わなければなりません。 税金や社会保険料は退職日を基準にそれぞれの締め日が決定するため、退職日によっては損をすることが考えられます。 そこで今回は締め日が税金と社…
仮払金の仕訳はどうする?財務諸表での位置付けと取り扱い

仮払金の仕訳はどうする?財務諸表での位置付けと取り扱い

経理業務
交通費や旅費、内容不明分の仮処理など様々な支払いを振り分けられる仮払金。 ここではこの勘定科目の基本的な考え方をはじめ、財務諸表での位置付けや仕訳の方法など、実務に必要な知識について例を挙げながら解説します。 仮払金の財務諸表での位置付け 仮払金とは? 仮払金…
法人税の実効税率の引き下げ始まる!「平成 28 年度税制改正」の概要を解説

法人税の実効税率の引き下げ始まる!「平成 28 年度税制改正」の概要を解説

経理業務
平成28年3月31日に公布された平成 28 年度税制改正には、法人税の実効税率の引き下げが盛り込まれたほか、外形標準課税や減価償却制度、欠損金繰越控除制度などについても改正されています。 ここではそれぞれの改正内容の要点を解説します。 法人税の実効税率と外形標…
役員報酬を変更する時に知っておくべき手順と注意点

役員報酬を変更する時に知っておくべき手順と注意点

経理業務
役員報酬は支給額や支給方法によっては企業の納税額を大きく左右します。一度決めてしまっても業績などによって役員報酬を調整すれば、節税することも十分可能です。 しかし節税効果を悪用して脱税する企業がでないように、役員報酬の変更をするには正しい手順を踏む必要がありま…
資金収支計算書とは何か?おさえておくべき3つのポイント

資金収支計算書とは何か?おさえておくべき3つのポイント

経理業務
「資金収支計算書」とは、社会福祉法人や学校法人が作成しなければならない財務諸表の1つです。 ここでは社会福祉法人に関する、 ・資金収支計算書の法的根拠 ・資金収支計算書の記載内容 ・新会計基準導入で変更した点 の3つのポイントについて解説していきます。 資金収…
外交員報酬の税法上の扱いは?源泉徴収の方法について解説

外交員報酬の税法上の扱いは?源泉徴収の方法について解説

経理業務
保険の外交員や集金人、または電力計の検針人などを指す「外交員」に支払う外交員報酬は、税法上「給与」とは違う扱いを受けます。 ここでは外交員及び外交員報酬の定義を解説するとともに、税法上の「給与」との違いを明らかにし、外交員報酬に関する源泉徴収での注意点について…
定額法の償却率は耐用年数がポイント|国税庁の質疑応答事例を用いて解説

定額法の償却率は耐用年数がポイント|国税庁の質疑応答事例を用いて解説

経理業務
定額法とは減価償却における償却方法の1つであり、減価償却によって購入した減価償却資産を費用化することで節税効果を期待することが可能となります。 減価償却方法を定額法とした場合は原則として、耐用年数表から「耐用年数」を割り出し、耐用年数に対応した「償却率」で毎年…
公課証明書とは?記載内容と取得方法について解説

公課証明書とは?記載内容と取得方法について解説

経理業務
公課証明書は固定資産の所有権の移転に伴う固定資産税の按分などに使用する書類です。 ここでは公課証明書にどのような情報が書かれているのか、どのようにすれば取得できるのかについて解説します。また公課証明書と混同しがちな書類との違いや、取得に必要な書類の書き方につい…
国保計算を基本から理解するための3つのポイント

国保計算を基本から理解するための3つのポイント

経理業務
職場で社会保険に加入していない人や生活保護を受給していない人であれば加入が義務付けられている国民健康保険(以下、国保)。 ここではこの国保の保険料計算(以下、国保計算)の基本と、保険料がどんなもので構成されていて、どうして支払わなくてはならないかについて3つの…
エコカー減税は制度改正でどう変わった?制度概要と税額の計算方法

エコカー減税は制度改正でどう変わった?制度概要と税額の計算方法

経理業務
営業などに使う社用車を運用する際にネックとなるのがコストです。ガソリン代やメンテナンスにかかるコストも懸案事項ですが、最も悩ましいのは使わなくても支払わなくてはいけない税金コストではないでしょうか。 この税金コストを軽減するために知っておきたいのがエコカー減税…
修繕費の経理処理には要注意

修繕費の経理処理には要注意

経理業務
事業のために使っている資産の修繕費は毎期の費用で計上します。しかし、修繕の内容によっては、税金を計算するうえで、一時の費用にならないものがあります。一般に修繕費は高額であることから、税金を計算するうえで、一時の費用になるかならないかによって、税金の額に影響しま…
慶弔費の経理処理の方法

慶弔費の経理処理の方法

経理業務
事業を行ううえで、祝儀や香典など慶弔費の支出は欠かせないものです。このような慶弔費は、取引先など社外に対するものと従業員や役員に対するものの二通りがありますが、それぞれ経理処理の方法に違いがあります。 ここでは、慶弔費の経理処理の方法について、取引先に対するも…
郵便代について知っておきたいポイント3選

郵便代について知っておきたいポイント3選

経理業務
郵便代と一口に言っても、切手代やメール便、送料など、用途の異なるものが含まれています。そのため郵便代について仕訳を起こす際には、内容に応じた科目を選択する必要があります。 また郵便代として購入した切手の消費税に関する知識や郵便代の法的根拠など、郵便代について知…
借り上げ社宅、税法上のメリット・デメリットは?

借り上げ社宅、税法上のメリット・デメリットは?

経理業務
会社が提供する住宅に関する福利厚生の一環として、借り上げ社宅があります。 これは一般賃貸を不動産業者から会社が借り入れて、その借り入れた賃貸物件を社員に貸し出す制度のことを指します。一方で、自社が所有する物件を自社寮にして社員に住まわせる場合もあります。 今回…
その他資本剰余金とは

その他資本剰余金とは

経理業務
「その他資本剰余金」とは、企業の財産のうち、事業の元手である株主資本の一部を表すものです。 ここでは、その他資本剰余金とはどのような場合に計上されるか、財務諸表ではどのように表示されるかについてご紹介します。 その他資本剰余金とは 事業の元手となる財産の金額は…
決算日はいつがオススメ?押さえておきたいポイント3選

決算日はいつがオススメ?押さえておきたいポイント3選

経理業務
決算日をいつにするのかという問題は、これから会社を設立する人にとって頭を悩ませる問題なのではないでしょうか。 多くの会社が採用している3月決算や12月決算に倣ったほうがいいのか、それとも自社の事業内容に合わせた決算日を設定すべきか、個人事業主だったときと同じ1…
外国税額控除制度とは?二重課税されないために知っておくべきこと

外国税額控除制度とは?二重課税されないために知っておくべきこと

経理業務
外国でビジネスをしている人や外国証券に投資をしている人は各国の法令で所得税に相当する税金を支払うことがあります。 このような場合、日本では二重課税にならないように所定の金額を所得税額から差し引く「外国税額控除制度」を設けています。 ここでは外国税額控除制度の目…
残業代計算、正しくできていますか?基本的な考え方を解説

残業代計算、正しくできていますか?基本的な考え方を解説

経理業務
残業代の計算は事業主なら誰もが頭を悩ませる問題です。支払う残業代が少ないに越したことはありませんが、計算を間違えて支払うべき残業代を支払っていないと、法的なトラブルにも発展しかねません。 ここでは正確に残業代を計算するための基礎的な知識から、休日残業や深夜残業…
収入印紙を金券ショップで買うことのメリット・デメリット

収入印紙を金券ショップで買うことのメリット・デメリット

経理業務
契約書や領収書に貼る収入印紙は郵便局や印紙売りさばき所で売られていますが、金券ショップで売られていることもあります。金券ショップでは額面より低い金額で売られているため、経費削減に役立てているケースも多いことでしょう。 しかし、収入印紙を金券ショップで買うことに…
固定資産評価証明書はどのようなときに必要?

固定資産評価証明書はどのようなときに必要?

経理業務
固定資産税の課税のために土地や家屋などの資産につけられる価格を、固定資産税評価額といいます。 固定資産税評価額は固定資産税の納税通知書に添付されている課税明細書で確認できますが、公的機関への届け出には固定資産評価証明書が必要になる場合があります。課税明細書は固…
定額法と旧定額法の違いを理解しよう

定額法と旧定額法の違いを理解しよう

経理業務
定額法による減価償却方法は、税制改正前の「旧定額法」と、税制改正後の「定額法」の2種類があります。税制改正の影響を受けて、それぞれ償却率や計算方法が変更しています。 今回は定額法と旧定額法の違いについて解説するとともに、実際に償却額を計算した結果を旧定額法と定…
所得割額と均等割額との合計で算出される住民税 その意味や計算方法を解説

所得割額と均等割額との合計で算出される住民税 その意味や計算方法を解説

経理業務
会社に勤める方なら通常、「特別徴収」といって毎月給与から天引きされている住民税。住民税を特別徴収されていない方は、自治体から届く納税通知書で原則として年4回(6月、8月、10月、翌1月)の納付期限までに自分で納税していることでしょう。 この住民税、その内訳は「…
【定率法の償却率】旧定率法と250%と200%の違いを徹底解説

【定率法の償却率】旧定率法と250%と200%の違いを徹底解説

経理業務
平成19年度税制改正によって定率法の償却率が250%に引き上げられ、平成23年度税制改正によって200%に引き下げられました。 税制改正の影響を受けて、定率法による減価償却率がどのように変化していったのかを解説します。 旧定率法による減価償却方法とは 平成19…
コンビニでも買える収入印紙についての知識

コンビニでも買える収入印紙についての知識

経理業務
マイホームなどの高額なものを購入した時に収入印紙を貼った領収書をもらったことなどあるかと思います。収入印紙はもっと様々な場面で必要になります。 どんな場合に収入印紙を貼らなければいけないのか、どこで収入印紙を買えば良いのかわからないという方も多いかと思います。…
収入印紙を購入するうえで知っておくと便利な知識3選

収入印紙を購入するうえで知っておくと便利な知識3選

経理業務
契約書や領収書に貼られる収入印紙は、印紙税法という法的根拠に基づき、印紙税を納めるために使用するものです。 収入印紙と契約書がどのように関わっているのかを明らかにするためには、印紙税法を読み解くことが不可欠となります。 収入印紙を貼付しなければならない書類に関…
財団法人とは?設立前に知っておくべきポイント

財団法人とは?設立前に知っておくべきポイント

経理業務
一般財団法人△△会、公益財団法人○○財団など世の中には多くの「財団法人」と名のつく団体があります。 そもそも財団法人とはどういった性質の団体なのか、あるいは「一般」財団法人「公益」財団法人とは何を意味する名称なのか。 ここでは「一般」と「公益」の違い、それぞれ…
地方法人税はなぜ創立された?その理由と申告・納付方法について

地方法人税はなぜ創立された?その理由と申告・納付方法について

経理業務
地方法人税とは、平成26年施行された税制度です。 この税制度の創設の理由と申告方法、納付の仕方について、基礎知識をご紹介します。 地方法人税はどんな税制度? 地方法人税と聞くと、地方に納める税金のように聞こえますが、この税金は国に納めるものです。これまでは、地…
固定資産税はいくらかかるもの?知っておきたい課税額の計算方法

固定資産税はいくらかかるもの?知っておきたい課税額の計算方法

経理業務
家や土地などの資産を所有している人にかけられる固定資産税。所有している人なら、実際にいくらかかるのか、知っておきたいところです。 ここでは固定資産税の計算方法を土地、家屋など、具体例を挙げて、実際の課税額がいくらになるのかを解説します。現在不動産資産を持ってい…
リバースチャージ方式とは?消費税法改正で課税方式が変わった!

リバースチャージ方式とは?消費税法改正で課税方式が変わった!

経理業務
平成27年(2015年)4月の消費税法改正では新しく「リバースチャージ方式」という課税方式が一部の取引に適用されることになりました。 ここではこのリバースチャージ方式の仕組みを解説するとともに、今回の消費税法改正の他の内容についても簡単に説明します。 リバース…
電子書籍に消費税が上乗せされるってほんと?事業者が知っておくべきことまとめ

電子書籍に消費税が上乗せされるってほんと?事業者が知っておくべきことまとめ

経理業務
平成27年度税制改正に盛り込まれた「国境を越えた役務の提供に対する消費税制度の見直し」は「電子書籍に消費税が課せられる」ことを意味します。 これだけを聞くと電子書籍に課税されたところでビジネスに大きな影響は出ない、と思うかもしれません。しかし実はこの税制改正に…
法人税の申告期限は決算日の2か月後

法人税の申告期限は決算日の2か月後

経理業務
法人税の申告期限は決算日の2か月後と定められています。決算日から2か月を過ぎているのに、株主総会を待ってから法人税の申告をする会社も多くみられますが、これは特例を適用していることによるものです。 ここでは、法人税の申告期限の原則と、申告期限を延長できる特例につ…
固定資産税の支払い方法と概要

固定資産税の支払い方法と概要

経理業務
固定資産税とは、毎年1月1日の時点で土地や家屋等を所有していた場合に、市町村や都道府県などに支払う税金のことです。 また、機械装置や備品など、減価償却できるような資産であっても、固定資産税がかかります。ここでは、固定資産税の支払い方法と、その概要をご紹介します…
固定資産税も軽減措置で減税!納期は?課税資産や納税義務者は?

固定資産税も軽減措置で減税!納期は?課税資産や納税義務者は?

経理業務
税金には、所得に課税される税金(所得税、法人税など)や消費に課税される税金(消費税、酒税など)のほか、資産の所有に課税される税金もあります。この代表的な税金が固定資産税です。 本稿ではこの固定資産税について解説します。納期や減税となる軽減措置についても説明しま…
地方法人税の創設で一体誰が得をするの?

地方法人税の創設で一体誰が得をするの?

経理業務
平成26年度の税制改正により「地方法人税」が創設されています。 「法人税」という名のとおり法人が主体となって納める税金となりますが、 ・また増税されるのか? ・どこに納付するのか? ・誰が得をするのか? といった疑問を感じるのではないでしょうか。 「地方法人税…
減価償却費の計算に必要な3つのポイント

減価償却費の計算に必要な3つのポイント

経理業務
「減価償却」という単語を見ただけで難しそう…と感じてしまうことがあるかもしれませんが、実は減価償却費を求めるために必要なポイントの3つさえ押さえてしまえば、とても簡単なのです。 ここでは減価償却費の計算に必要な3つのポイントを紹介し、実際に計算をしてみたいと思…
固定資産の修繕費は資本的支出に該当する場合も?修繕費と資本的支出の違い

固定資産の修繕費は資本的支出に該当する場合も?修繕費と資本的支出の違い

経理業務
固定資産を修繕したのであれば、修繕費として費用計上することになります。しかし修繕した内容によっては修繕費とは認められず固定資産の資本的支出となり、経費計上が認められない場合があります。 固定資産の修繕費と資本的支出の違いを正しく理解するとともに、修繕費とはなら…
有形固定資産と無形固定資産の違いと間違えやすいポイントを解説

有形固定資産と無形固定資産の違いと間違えやすいポイントを解説

経理業務
固定資産には有形固定資産と無形固定資産の2種類があります。 ここでは ・有形固定資産と無形固定資産の違い ・無形固定資産に類似した間違えやすい資産 を紹介していきます。 有形固定資産と無形固定資産の違い 固定資産は「有形固定資産」と「無形固定資産」、「投資その…
公益法人協会とは何か?気になる活動内容や公益法人の税制メリットを解説

公益法人協会とは何か?気になる活動内容や公益法人の税制メリットを解説

経理業務
「公益法人協会」という団体をご存じですか? 公益法人協会は公益法人をサポートする団体として、さまざまな活動を展開しています。また、公益法人協会そのものも「公益財団法人」という公益法人として社会の一翼を担っています。 ここでは公益法人協会の具体的な活動内容と、「…
未償却残高はどのように算出するのか

未償却残高はどのように算出するのか

経理業務
みなさんは未償却残高という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 一言で言えばその資産に現在どれくらいの価値が残っているかを表している金額となります。 それでは試算表をみたときにどの数字が未償却残高を意味しているのでしょうか。また、減価償却をしていた場合としていな…
法人税申告書の書き方をわかりやすく解説!

法人税申告書の書き方をわかりやすく解説!

経理業務
法人税申告書に苦手意識を持っている方は多いのではないでしょうか? なぜ難しく感じるのか?法人税申告書の別表それぞれの意味を理解して書き方を身に付けましょう! 法人税申告書をわかりづらくしている点とは? 法人税申告書の作成をするにあたって、まず理解しておくべきこ…
農業法人設立の流れとメリット 白色申告の農家が受けられる税金面の優遇措置とは

農業法人設立の流れとメリット 白色申告の農家が受けられる税金面の優遇措置とは

経理業務
農業を営んでいるといっても個人事業主や農業法人など事業形態はさまざまですが、家族経営している農家が多いのではないでしょうか。 家族経営している白色申告の農家であったとしても農業法人を設立することによって、税金面などで優遇されるメリットを受けることができます。 …
減価償却資産の耐用年数等に関する省令で耐用年数の疑問を解決!

減価償却資産の耐用年数等に関する省令で耐用年数の疑問を解決!

経理業務
「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」は固定資産についての耐用年数を定めた省令です。耐用年数とは資産の寿命、すなわちその資産がどれくらいの期間にわたって利用できるかを表すものです。 固定資産は「減価償却」という手法によって、この耐用年数にわたって少しずつ費用…
「e-Gov」って何?その全容と活用法を知っておこう!

「e-Gov」って何?その全容と活用法を知っておこう!

経理業務
e-Gov(イーガブ「電子政府の総合窓口」)とは、政府が運営する行政情報のポータルサイトをいいます。 このe-Govを使えば、オンライン上で行政手続きを行うことができたり、政府の試みなどの情報を簡単に共有・活用することができます。私たちの政府のことをよく知って…
一人経理はリスクが高すぎる?経営者が知っておきたい2つの相談先

一人経理はリスクが高すぎる?経営者が知っておきたい2つの相談先

経理業務
経理にまつわる全ての業務とその責任をたった一人で背負う一人経理。経験者ならともかく、はじめて経理を担当するにも関わらずそんな状況に立たされれば誰もが暗い気持ちになってしまいます。 ここでは経理担当者はもちろん、経営者も知っておくべき経理業務の相談先を紹介します…
中小企業は軽減税率が適用できる

中小企業は軽減税率が適用できる

経理業務
税法では、中小企業の法人税に軽減税率を適用する特例が認められています。この軽減税率について解説します。 中小企業の軽減率の特例 現在の税法には、中小企業の法人税率を軽減する特例があります。リーマンショックの影響を受けたことで景気が悪くなり、中小企業の経営に大き…
所得拡大促進税制の意図とは?

所得拡大促進税制の意図とは?

経理業務
日本がデフレからの脱却を果たすためには、給与水準を上げることが不可欠であることから、税制上の優遇措置として「所得拡大促進税制」という措置がとられています。 今回は、所得拡大促進税制の内容や適用を受けるための要件について解説します。 所得拡大促進税制とは? これ…
関連会社と関係会社の違いとは?

関連会社と関係会社の違いとは?

経理業務
よく「A社はB社の関連会社だよ」とか「C社とD社は関係会社だよ」とか言われますが、「関連会社」と「関係会社」の違いとはなんなのでしょうか?今回は、金融商品取引法及び財務諸表等規則という法令に基づく規定を参照しながら、この違いについて解説していきます。 関連会社…
連結納税は得か損か?

連結納税は得か損か?

経理業務
連結納税とは、一企業ではなく、その企業が属するグループ全体に対して、法人税が課税される制度です。この制度を用いると、企業グループ内の各企業の黒字と赤字を通算して、「企業グループ=ひとつの法人(納税単位)」として扱うことができます。ここでは、連結納税の基本的な事…
非課税取引とは?消費税の非課税取引を徹底解説

非課税取引とは?消費税の非課税取引を徹底解説

経理業務
消費一般に公正に負担をかけるという消費税の性格上、消費にあたらないものや配慮されるべきものは「非課税取引」となります。非課税取引は、土地の譲渡や貸付、有価証券の譲渡など、多岐にわたります。ここでは、主な非課税取引について紹介します。 消費税の非課税取引とは 多…
みなし配当の課税関係

みなし配当の課税関係

経理業務
みなし配当とは、会社法上は剰余金の配当または分配等にあたらないものの、その実態が利益配当であるとみなされるものをいいます。そのため、税務上は配当金と同様に取り扱い、法人の場合は益金不算入の規定が適用されます。 今回はみなし配当について、課税関係を中心に解説しま…
グループ法人税制の注意点

グループ法人税制の注意点

経理業務
2010年度に行われた税制改正の目玉として、新たに誕生した「グループ法人税制」があります。これは、会社の規模や資本金の大小を問わず、100%支配グループ内の場合強制的にすべての法人に対して適用される税制です。 そのためグループ法人税制の影響はとても大きなものと…
振替伝票の役割と書き方

振替伝票の役割と書き方

経理業務
業務で発生した金銭のやりとりは、すべて帳簿に記載しなければなりません。一般的に、こうした取引のすべてを日付の順番に従って記載した帳簿を仕訳帳と言います。 仕訳帳に記載されたすべての金銭取引は、仕訳に従って総勘定元帳に転記されます。しかし、仕訳帳は日付の順番とい…
源泉分離課税とは?源泉分離課税の基礎を解説

源泉分離課税とは?源泉分離課税の基礎を解説

経理業務
分離課税制度(ある種類の所得を他の所得と分けて課税する制度)には申告分離課税と源泉分離課税があり、所得の種類によってどちらを適用するかが決定されています。その結果、確定申告が必要か必要でないかも判断できます。 ここでは、申告分離課税と源泉分離課税の違いをふまえ…
国民年金基金の節税効果やデメリットについて

国民年金基金の節税効果やデメリットについて

経理業務
国民年金は、日本に住所がある20歳以上~60歳未満の方全員に加入が義務づけられている公的年金であり、老後の生活を支えるための大切な制度です。万一のための障害基礎年金・遺族基金年金もありますし、保険料の全額が控除の対象となる社会保険料控除もあります。 さまざまな…
税務調査のために抑えておきたいポイント

税務調査のために抑えておきたいポイント

経理業務
税務調査が来るとなると誰でも緊張もしますし、嫌な気持ちにもなるものです。しかし、日頃からきちっと会計・税務処理をしていればとくにおそれる必要はありません。今回は、税務調査とはどういうものか、税務調査で見られるポイントなどについて解説していきます。 税務調査の概…
売上の計上基準の種類とは?

売上の計上基準の種類とは?

経理業務
商売をしていく上で最初に決断しなければならないことのひとつに、どの時点で売上を計上するか、つまり、「売上の計上基準」をどれにするかというものがあります。 売上の計上基準をいったん採用すると、正当な理由がない限り変更は認められていません。ここでは、売上の計上基準…
売掛金を回収するために知っておくべきこととは

売掛金を回収するために知っておくべきこととは

経理業務
「売掛金はきちんと回収できている」「売掛金は取り扱ってないから」と、根拠なく安心していませんか? 世間では「売掛金未回収」はよくあるトラブルで、対岸の火事ではありません。また、現在は売掛金を取り扱っていないとしても、事業を行っていれば状況は変わる可能性がありま…
土地や建物にかかる固定資産税の計算方法

土地や建物にかかる固定資産税の計算方法

経理業務
固定資産税とは、土地・建物などの所有者に課される税金で、市町村(東京23区だけは東京都)から送られてくる納税通知書に書かれた金額を4回に分けて支払います。ここでは、固定資産の概要や価格の決め方、計算方法を紹介します。 固定資産税とは 固定資産税とは、土地や建物…
決算月にもう一度見直したい決算対策とは?

決算月にもう一度見直したい決算対策とは?

経理業務
決算月に思ったより利益が出てしまい、もっと経費を増やせないかと検討することがあります。 決算月にもできる節税対策とは 決算月にもできる節税対策の代表的なものには、以下の6つがあります。 1.30万円未満の少額減価償却資産の購入 2.小規模企業共済(個人事業主の…
会社解散における税務処理とは

会社解散における税務処理とは

経理業務
業績が悪化し事業閉鎖に追い込まれてしまったり、会社を存続するメリットがなくなったり、事業の後継者がおらず、事業そのものが継続できなくなったなどの理由から、会社の業務を終了させること、すなわち、会社の解散を選択する場合があります。 一般的に会社の解散は、株主総会…
間接税と直接税との違いとは

間接税と直接税との違いとは

経理業務
税金の徴収方法には2種類あります。直接税と呼ばれる方法と、間接税と呼ばれる方法です。 直接税はその言葉どおり、納税者が直接税金を支払います。所得税や住民税、法人税や事業税、固定資産税、相続税、贈与税、自動車税などが直接税に当たります。「買い物の時に支払っている…
貸倒損失が適用される状況とは

貸倒損失が適用される状況とは

経理業務
回収が不能である金銭債権が発生した時は、会計上では「貸倒損失」という処理をします。しかし、この「貸倒損失」については、税務上で決まった定めがあるわけではありません。 原則として、「一般に公正妥当と認められる会計処理の基準」に従って算入されることになります。貸倒…
工事進行基準の会計処理方法について

工事進行基準の会計処理方法について

経理業務
工事進行基準の会計処理方法について 工事進行基準は、請け負った仕事の進み具合に合わせて段階的に収益を会計処理していく方法です。 商品・サービスと対価の提供がほぼ同時に行われる小売業やサービス業などでは、売上の計上時期に迷うことはありません。買い掛けや売り掛けが…
役員賞与は税金が高くつく!?

役員賞与は税金が高くつく!?

経理業務
ボーナスと呼ばれる賞与は、もらう側にとって仕事が評価された喜びを高め、モチベーション・アップにもつながります。一方で、支払う側にとっては、そのモチベーション・アップを業績に反映させ、雇用環境をさらによくするための投資にもなります。 さらに、社員への賞与は経費と…
事業承継について考えていますか?知っておきたい税制や評価方法

事業承継について考えていますか?知っておきたい税制や評価方法

経理業務
事業承継は、いつかは訪れるものです。まだ先の話だからと思っていてはいざというときに間に合いません。早い時期から考えておくことが大切です。世代交代の時期を迎えた企業の現経営者にとっても、後継者にとっても、相続税や贈与税などの問題は事業をスムーズに受け継ぎ、より発…
棚卸資産の評価方法の選択は慎重に!

棚卸資産の評価方法の選択は慎重に!

経理業務
棚卸資産については評価方法がいくつかあります。届出をすることで評価方法を選択することができますので、自分の事業にもっとも合う評価方法を選択するのがよいでしょう。 ここでは棚卸資産とはどういう資産であるかを確認し、いくつかある棚卸資産の評価方法について、それぞれ…
引当金の会計処理はどう考えればいいのか?

引当金の会計処理はどう考えればいいのか?

経理業務
「引当金」についてご存知でしょうか? 引当金とは、将来に発生するであろう特定の費用又は損失に備えてあらかじめ準備しておく見積金額のことをいいます。 なお、発生する可能性が低い場合は、その金額を引当金として計上できません。会計上は、役員引当金や退職給付引当金、賞…
中小企業経営者が知っておくべき節税対策とは?

中小企業経営者が知っておくべき節税対策とは?

経理業務
法人という形態はとっているものの、実体としては個人事業主と変わらない規模の小さな中小企業や、起業して間もなく資金繰りに余裕がない中小企業にとって、税金の負担は死活問題といえます。 会計士や税理士まかせで、税金対策を何もとっていないという場合もあるでしょう。また…
中小企業をサポートするための税制について

中小企業をサポートするための税制について

経理業務
我が国の雇用や経済は中小企業によって支えられていますが、その中小企業の活動はさまざまな措置によってサポートされています。 法人税の税率は23.2%ですが、中小法人で軽減税率の適用対象法人の場合は15%に引き下げられています。 ただし、適用は平成31年3月31日…
【法人税申告書の作成方法】明細書(別表)の概要と注意点

【法人税申告書の作成方法】明細書(別表)の概要と注意点

経理業務
法人税法は申告納税制度といわれるシステムで、法人自らが税額を申告・納税しなければなりません。法人税を申告するときは「法人税申告書」を提出します。その際、「貸借対照表」「損益計算書」「事業概況書」などの添付書類、さらに法人税申告書には多くの明細書を添付しなければ…
自動車重量税はだれがいつ納付しているのか?

自動車重量税はだれがいつ納付しているのか?

経理業務
「自動車重量税」についてご存じでしょうか。自動車を所有している方なら、購入時や車検のときに請求書等で目にしたことくらいはあるかも知れませんが、「どのみち支払わなければいけないもの」として見過ごしている場合が多く、その詳細については案外知られていないようです。 …
消費税は輸入と輸出では扱いが違う?

消費税は輸入と輸出では扱いが違う?

経理業務
グローバル社会の進展により、国際取引が頻繁に行われるようになりましたが、輸入や輸出をした場合、消費税はどうなるのか悩まれる方もいるかと思います。そこで、今回は、輸入や輸出をする際の消費税の処理に関する解説をします。 消費税の課税対象 消費税の課税対象となるもの…
消費税で認められる特例の数々

消費税で認められる特例の数々

経理業務
消費税で認められる特例の数々 消費税は平成26年4月1日からついに8%になり、今後は10%になる予定です。 消費税は国の財源として重要なものですが、数々の特例があり、事業者として知っておくと節税や経営のヒントになります。 ここでは、消費者だけでなく、事業者にと…
決算賞与による節税対策|要件とメリット・デメリット

決算賞与による節税対策|要件とメリット・デメリット

経理業務
「利益が大幅に上がり、それに伴って税金も増えそうだ」といった場合に、決算賞与という節税方法があります。決算時に賞与が未払いであっても今期に損金と認められる決算賞与の要件、メリット、デメリットについて説明します。 決算賞与とは 決算賞与は通常の賞与と異なり、決算…
同族会社とは?判定要件を正しく理解するための基礎知識

同族会社とは?判定要件を正しく理解するための基礎知識

経理業務
ここでは、同族会社の定義、同族会社に対する3つの制限について説明いたします。 同族会社とは何か 会社の株主の3人以下、並びにこれらと特殊な関係にある個人や法人が議決権の50%超を保有している会社をいいます。具体的には、保有している株式や出資金の合計が、その会社…
平均課税を正しく理解して節税対策に役立てよう!

平均課税を正しく理解して節税対策に役立てよう!

経理業務
所得税は、所得の種類によって固定の税率または超累進税率を乗じた税額の合計となっています。 固定税率とは、例えば、利子所得や株の譲渡などで得た所得に対するもので、それぞれ固定の税率が適用されます。 課税総所得は、金額に応じて税率が変わる累進課税が適用されます。 …
簡易課税は事業区分で決まる!節税対策として知っておきたい基礎知識

簡易課税は事業区分で決まる!節税対策として知っておきたい基礎知識

経理業務
消費税の計算方法には、「簡易課税方式」と「原則(一般)課税方式」の2種類があります。 売上に伴い預かった消費税から納税額を計算する計算方法が簡易課税方式になります。決められた期間の課税売上高が5,000万円を超えない中小事業者だけに認められています。 また、お…
総合課税で損益通算するには?

総合課税で損益通算するには?

経理業務
税制上、収入は性質ごと区分されています。そして、その区分ごとに課税の方法も異なります。 例えば、会社員が受け取る給料は「給与所得」に分類されます。収入が給与所得だけの場合には区分を意識することはないでしょう。 一方、いくつかの区分から収入を得ているなら、ひとつ…
【公益法人会計基準とは】法人税が非課税になるのには理由があった

【公益法人会計基準とは】法人税が非課税になるのには理由があった

経理業務
公益法人は税制面で優遇されています。法人なら支払うべき法人税がなぜ非課税になるのでしょうか? 公益法人は税制面で優遇されるため財務状況が厳しく審査されています。(これを公益法人会計基準といいます) 税制優遇の光と影について解説します。 公益法人とは?特色と特典…
消耗品費と雑費はどうやって線引きするか

消耗品費と雑費はどうやって線引きするか

経理業務
消耗品費と雑費の違いについてご存知でしょうか。 消耗品費と雑費は使い分けを迷う方が多い科目です。 それぞれの科目の特徴、実務上の注意点をお伝えします。 消耗品費として経理処理する場合 消耗品費は文字通り様々な消耗性の費用の総称になります。 その厳密な定義は税法…
減価償却を理解して節税につなげよう

減価償却を理解して節税につなげよう

経理業務
法人税を計算する場合、「減価償却費」は「支出」、つまり損金となります。そのため、減価償却の仕組みを理解してうまく利用することにより、節税の効果を上げることができます。 ここでは、定率法や定額法などの償却方法や、節税できる償却方法の選び方、償却資産の耐用年数を考…
逓増定期保険を節税の強い味方にする!

逓増定期保険を節税の強い味方にする!

経理業務
多くの法人が活用する逓増(ていぞう)定期保険は、一定期間を超えると死亡保障金額が徐々に増えていくタイプの定期生命保険です。 保険料の一部が損金として計上できるため、条件を満たせば節税対策にも利用できます。解約すると支払った保険料相当額が戻ってくる一方、今まで経…
事業税の計算方法を正しく理解していますか?個人事業税と法人事業税の計算方法を解説

事業税の計算方法を正しく理解していますか?個人事業税と法人事業税の計算方法を解説

経理業務
事業主が知っておくべき税金のひとつに「事業税」があります。 所得税は国に納める税金ですが、事業税は管轄する行政に納める地方税です。そして、事業税には「個人事業税」と「法人事業税」があります。 名前のごとく、個人が営む事業に対して課せられるものと、法人が営む事業…
寄付金控除は法人も受けられるか?

寄付金控除は法人も受けられるか?

経理業務
個人が国や地方公共団体、特定公益増進法人などに寄附をした場合には、所得控除を受けることができます。これを、寄附金控除と呼びます。また、政治活動関連への寄附金や認定NPO(特定非営利活動法人)などなどへの寄附金のうち一定のものについては、所得控除と税額控除のどち…
留保金課税で特定同族会社がとるべき対策は?

留保金課税で特定同族会社がとるべき対策は?

経理業務
留保金課税制度は、特定同族会社が利益を留保することによる過剰な租税回避を防止するために制定されました。 本来、会社であれば、利益が出ればそれを配当という形で株主に分配しなければなりません。しかし、オーナー会社など特定の株主に支配されている会社の場合、配当が大き…
中古車の方がお得?社用車の節税対策とは

中古車の方がお得?社用車の節税対策とは

経理業務
会社の資金繰りは、事業を運営する上で重要な要素のひとつです。 固定資産の購入は、会社の事業の運営・将来的な収益に結び付く投資であるため、減価償却による費用処理が認められています。社用車を購入する場合、購入条件によっては減価償却を使用した節税対策が可能です。 節…
貸借対照表の書き方をマスターしよう!

貸借対照表の書き方をマスターしよう!

経理業務
会社は確定申告の際に「貸借対照表」を税務署に提出します。 この「貸借対照表」にはその時点での会社の財政状態が表されており、記載事項には会社の純資産(資本)、そして、それを導き出すための資産や負債などがあります。一見すると、書き方が分からない人には煩雑に思えます…
寄附金控除・損金算入の基礎知識

寄附金控除・損金算入の基礎知識

経理業務
個人や会社などが寄附を行った場合、控除や一定限度額までの損金算入などを受けられます。 寄附金控除を受けることができたり損金に算入できたりする寄附金とはどのようなものを指すのか、寄附金控除や損金算入はどのぐらいの金額までみとめられるのかなどをみていきましょう。 …
法人税法で認められる貸倒引当金限度額は?

法人税法で認められる貸倒引当金限度額は?

経理業務
中小企業者は会社が持つ売掛金や受取手形などの再建において、将来的に貸倒の発生が見込まれる損失額を法人税では損金として算入できます。 ただし、参入することができる金額はある一定の算式から計算される繰入限度額に達するまでという上限があります。 法人税法で損金算入が…
法人税で「繰延資産」を節税に活用できていますか?

法人税で「繰延資産」を節税に活用できていますか?

経理業務
法人税を確定申告するときに、繰延資産を上手く利用すると節税効果があることをご存知でしょうか。 繰延資産には、会社法上や税法特有のものなどさまざまな費用があり、支出の効果が及ぶ期間にわたって繰り延べることができるのです。 そうすると、法人税の軽減につながります。…
法人税を節税するために押さえておきたい3つのポイント

法人税を節税するために押さえておきたい3つのポイント

経理業務
なるべくなら払う法人税は節約したい、と思うのはどの事業主にとっても当然のことです。 少しでも多くの資金を会社に残すことは、財務状況や経営の維持と発展、また投資などをするうえでさまざまな影響を与えます。 法人税を減額するには、税率を掛ける基となる所得金額を減らす…
法人税等調整額とは?仕訳事例でわかりやすく解説

法人税等調整額とは?仕訳事例でわかりやすく解説

経理業務
法人税は、法人の各事業年度の所得に課される税金です。ここでいう法人の所得とは、会計上の利益(収益-費用)とは異なります。 法人が一般的に妥当とされる企業会計で計算した利益は、必ずしも法人税法に定める方法で計算されていないためです。そのため、会計上の利益に法人税…
固定資産税の税率が下がる?知っておきたい軽減税率や優遇措置の基礎

固定資産税の税率が下がる?知っておきたい軽減税率や優遇措置の基礎

経理業務
固定資産税の税率は全国どこでも一律ですが、住宅用地としての土地使用の場合には軽減税率が適用されるなど、優遇措置が認められています。そこで、今回は、主な税制の優遇措置の内容とそれを受けるための要件について解説していきます。 固定資産税の税率 固定資産税の税率は全…
固定資産税(償却資産)の減価償却を正しく理解していますか?減価償却の国税と地方税の違いとは

固定資産税(償却資産)の減価償却を正しく理解していますか?減価償却の国税と地方税の違いとは

経理業務
10万円以上の資産を購入すると、減価償却により購入価額を期間按分します。 ただし、国税(法人税等)と地方税(固定資産税)では償却額に差が生じることをご存知でしたか? 今回は、それぞれの計算方法や償却方法について、解説していきます。 固定資産税(償却資産)の対象…
法人税で中間納付方法は3種類?理解しておきたい中間申告・納付のポイント

法人税で中間納付方法は3種類?理解しておきたい中間申告・納付のポイント

経理業務
法人税の支払いに関しては、事業年度開始から6ヵ月経過時点を「中間」とし、事業年度の始めから「中間」点までの法人税を先に納めることとなっています。 納付期限は「中間」日より2か月以内ですが、今事業年度に創業した会社や前事業年度の法人税額が20万円以下の場合には中…
福利厚生費として経費計上が可能な項目9選

福利厚生費として経費計上が可能な項目9選

経理業務
福利厚生費は、一定の要件を満たすと経費として計上できるので、節税効果があります。 ここでは主な福利厚生費を、その経費計上の要件とともに紹介します。 1.社宅 会社が賃貸物件を借り、それを役員や社員に社宅として貸し出すことで、会社側は社員から受け取る賃料と社宅と…
仕入税額控除の対象とその計算方法

仕入税額控除の対象とその計算方法

経理業務
仕入税額控除は、課税事業者にとって納税額を大きく左右するポイントです。 計算方法を間違うとキャッシュフローが悪化し、経営に支障をきたす場合もありますので注意が必要です。 そもそも、仕入税額控除とは何なのでしょうか。また、仕入税額控除の対象となる項目とは何か、そ…
補助元帳と補助記入帳の役割とは?

補助元帳と補助記入帳の役割とは?

経理業務
複式簿記における補助簿併用制は、「主要簿」と「補助簿」で構成されています。また、補助簿には、「補助元帳」と「補助記入帳」があります。 どちらも任意帳簿で義務付けられているものではなく、必要に応じて作成するものです。 ここでは、補助元帳や補助記入帳にはどのような…
決算書の見方を正しく理解していますか?理解しておきたい決算書の見方の基礎

決算書の見方を正しく理解していますか?理解しておきたい決算書の見方の基礎

経理業務
決算書とは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表のことです。 財務諸表は、企業の経営や財務の状態を正確に把握するために作られる書類ですが、慣れないうちは見方がわかりづらいかもしれません。 コツさえつかめば会社の経営状況が把握できるように…
預金出納帳の書き方について

預金出納帳の書き方について

経理業務
複式簿記において重要な「預金出納帳」とは、金融機関の口座別に入金・出金のすべてを記録していくための帳簿です。 ここでは、預金出納帳の役割、預金出納帳の書き方について解説します。特に、預金出納帳の書き方については、金融機関別や預金種類別など複数あるため、その点に…
株主資本等変動計算書の書き方の基礎

株主資本等変動計算書の書き方の基礎

経理業務
新会社法の施行により、株主資本等変動計算書が使われるようになりました。ここでは、株主資本等変動計算書の位置づけや、導入のいきさつについて説明します。また、株主資本等変動計算書の書き方について、例を使いながら解説します。 株主資本等変動計算書とは 株主資本等変動…
固定資産台帳の書き方を項目別に解説

固定資産台帳の書き方を項目別に解説

経理業務
固定資産を購入した場合に減価償却の経緯を記入する固定資産台帳について、その役割や記入方法を解説します。 固定資産台帳とは 建物や車などの固定資産を購入した際に、一度に経費にしてしまうとその額が大きく、正確な損益を計算できません。そのため、固定資産台帳を用いてそ…
事業所得と雑所得との区分はどこにある?

事業所得と雑所得との区分はどこにある?

経理業務
所得税法では所得を10種類に分類しています。確定申告でたびたび問題になるのが、申告する所得が事業所得か、あるいは雑所得になるのか、分かりにくい場合があるということです。もちろん、個人事業主の届け出を出している場合や手広く商売をしている場合には迷う必要はないでし…
生産性向上設備投資促進税制|リース品は使える?生産性向上設備投資促進税制で最先端の設備を手に入れよう!

生産性向上設備投資促進税制|リース品は使える?生産性向上設備投資促進税制で最先端の設備を手に入れよう!

経理業務
すべての経営者にとって、設備の老朽化は常につきまとう問題です。しかし、買い換えられるだけの予算がない、という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そんなときに活用したいのが、2014年1月からはじまった生産性向上設備投資促進税制です。 実はこの生産性…
外形標準課税の対象法人になるとどうなる?

外形標準課税の対象法人になるとどうなる?

経理業務
外形標準課税は、行政サービスを受けている以上、黒字の企業も赤字の企業も費用を平等に負担すべきだという指摘に対応する形で生まれた法人事業税です。 外形標準課税は、企業間の不公平感をなくして負担をならす効果があると同時に、税収の安定をもたらすといわれています。外形…
損金の処理をマスターしよう!

損金の処理をマスターしよう!

経理業務
企業が営業活動を行なう際には、広告費や光熱費といった「費用・経費」が必ず発生します。法人税の計算で使われる「損金」も、企業の営業活動で生じた支出のことですが、「費用・経費」と「損金」の額は一致しないことが多く、決算時に調整が必要です。ここでは、「費用・経費」と…
借方と貸方|損益計算書の借方と貸方の違いを初心者向けに解説!

借方と貸方|損益計算書の借方と貸方の違いを初心者向けに解説!

経理業務
簿記について勉強する時に、ごく初歩的な借方と貸方の違いがわからないことが理由で挫折してしまうことがあります。ですが、借方と貸方のルールさえ理解してしまえば、あとは少しずつ学んでいけば必ず簿記はマスターできます。 簿記をマスターすると、決算書を理解する力が飛躍的…
借方と貸方|貸借対照表の借方と貸方の違いをわかりやすく解説!

借方と貸方|貸借対照表の借方と貸方の違いをわかりやすく解説!

経理業務
貸借対照表や借方、貸方と聞いただけで考えるのも嫌になってしまう方、簿記アレルギーの方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、そんな簿記アレルギーの方向けに、貸方と借方の違いを解説します。 貸借対照表とは 貸借対照表の基本形 貸借対照表とは、下記の図のような…
法人税の資本金には超えられない壁がある?

法人税の資本金には超えられない壁がある?

経理業務
法人税には資本金によって大きな壁があるといわれています。資本金がその壁を超えるか超えないかによって、毎年支払う法人税等に多額の差が出てくることもあります。「1,000万円の壁」と「1億円の壁」について、また、それを利用した減資による節税対策について考えます。 …
合併の基礎知識|負債がある会社と合併したら、どうなるの?

合併の基礎知識|負債がある会社と合併したら、どうなるの?

経理業務
会社活動の選択肢のひとつに、合併や会社を分割することで組織を再編するというものがあります。この中の、合併という方法は会社法によって規定されています。では具体的に合併するとはどういうことなのでしょうか。 今回は、合併に関する法律的な側面や会計上の手続きなどを、わ…
特定支出控除の改正でサラリーマンの自腹出費が削減に!

特定支出控除の改正でサラリーマンの自腹出費が削減に!

経理業務
サラリーマンであっても経費が控除される、特定支出控除という制度があります。その控除の範囲や条件が平成24年度に改正され、使いやすいものになりました。特定支出控除について、改正後における要件の変化や改正による対象範囲の拡大を含め、解説します。 特定支出控除とは …
手形と小切手の違いを正しく理解していますか?手形と小切手の特徴を解説

手形と小切手の違いを正しく理解していますか?手形と小切手の特徴を解説

経理業務
お金の代わりとして使えるものに、手形と小切手があります。似たようなもの、と解釈している人が多くいるかもしれませんが、その性質は異なります。ここでは、手形と小切手の違いについて解説します。 手形と小切手の違い 手形と小切手は、用紙に金額、日付等の必要事項を記入し…
簡易課税の改正で事業区分やみなし仕入率が一部変更に

簡易課税の改正で事業区分やみなし仕入率が一部変更に

経理業務
平成26年3月の消費税法令改正により、簡易課税制度のみなし仕入率の見直しが行われました。 消費税納税額の計算方式のひとつである簡易課税制度とは、仕入れや設備投資、経費といった支払いの際に実際に支払った消費税の額をもって納税額を計算せず、事業を行う上でお客様から…
正しく理解していますか?事業税と事業所税の違いとは

正しく理解していますか?事業税と事業所税の違いとは

経理業務
事業税と事業所税は、言葉は似ているものの全く別の税金です。 事業税は、事業を営む個人には個人事業税として、法人には法人事業税として、所得や収入に応じて課せられる地方税のことです。個人事業税の場合は法定業種別に税率が違います。法人事業税は資本金や所得によって税率…
地方拠点強化税制の【拡充型】と【移転型】の違いを理解して最大25%の特別償却を得よう!

地方拠点強化税制の【拡充型】と【移転型】の違いを理解して最大25%の特別償却を得よう!

経理業務
オフィスの拠点を地方にすると得をする地方拠点強化税制という制度が創設されます。 これは、大企業のほとんどが首都圏に集中している状態を是正し、地方の雇用を促進することを目的として創設されます。企業の側としても、美しい景色や自然環境の中で仕事をすることで効率化をは…
中小企業に大きな優遇!研究開発税制を活用して研究開発を促進せよ

中小企業に大きな優遇!研究開発税制を活用して研究開発を促進せよ

経理業務
「研究開発税制」という言葉を耳にしたことはありませんか? これは、国が成長力と国際競争力を高めていくことを目的に、研究・開発にかかった費用を法人税から控除するという制度です。つまり、研究や開発に多くの投資をすればするほど税金がお得になるというわけです。 この機…
分割基準を正しく理解していますか?事業税の分割基準の基礎

分割基準を正しく理解していますか?事業税の分割基準の基礎

経理業務
事業税を払っている法人はたくさんあります。また、各地に事業所を展開している法人も多いでしょう。では、法人事業税はどこで払うのでしょう? 事業所のある各地に納めているのでしょうか? また、法人事業税の分割基準という言葉は聞いたことがありますか? 分割基準とは 法…
法人税で寄付金とみなされる行為にはどのようなものがあるか?

法人税で寄付金とみなされる行為にはどのようなものがあるか?

経理業務
損金の予定が寄付金と扱われてしまうことがある 売掛金や貸付金などの債権が回収不能になった場合や、債権者が融資先である債務者に対する債権を放棄した場合などは、法人税計算の際に貸倒損失として損金算入できます。 上記の貸倒損失は、経営状態や債権放棄の事情から判断し、…
法人税の法定実効税率を徹底解説!

法人税の法定実効税率を徹底解説!

経理業務
会社がもうけた所得について支払う税金は、法人税だけではありません。地方法人税や地方税である法人住民税と法人事業税も支払う必要があります。つまり、これら4つの税金を支払った後の、税引後の利益が企業の実際のもうけとなります。そこで、法人税、地方法人税、法人住民税、…
法人税とは?法人税の基礎知識

法人税とは?法人税の基礎知識

経理業務
法人税とは、主に株式会社や協同組合などの法人が事業活動を通じて得た各事業年度の所得にかかる税金です。個人が利益を得たら所得税を税務署に申告・納税しますが、法人の場合は法人税を税務署に申告・納税します。ここでは法人税について、どんなしくみで課税されるのか、そのあ…
経費は領収書なしで認められるか?領収書がない場合の対処法

経費は領収書なしで認められるか?領収書がない場合の対処法

経理業務
事業に関係する支出であれば、確定申告をする際に税務上の費用として処理することができます。費用として処理するために必要となるのが、その支出を証明する証拠。一般的に領収書と呼ばれるものがこれにあたります。レシートと呼ばれる会計明細がプリントされたものも同様です。 …
通勤手当の非課税限度額の引き上げを解説

通勤手当の非課税限度額の引き上げを解説

経理業務
平成26年や平成28年度の税制改正により、交通用具に関する通勤費の非課税限度額が改正されました。平成26年改正は2014年4月より既に支給した通勤手当に対しても、遡って適用されることとなっています。 この、非課税限度額が引き上げられることによって、該当する社員…
法人税減税による4つのメリットまとめ

法人税減税による4つのメリットまとめ

経理業務
日本経済の長期的な成長を目指す政策とされるアベノミクスのなかでも、法人税の減税は抜本的な税制改正のひとつとして注目を集めています。 国内における投資の活性化や企業の成長促進を目的として、日本政府は法定実効税率の引き下げの具体的な実施を始めています。欧州諸国を中…
簡易課税の計算方法には基本と特例がある!

簡易課税の計算方法には基本と特例がある!

経理業務
消費税の納税額は、簡易課税という方式と原則課税という方式のいずれかの方法で計算します。その1つである簡易課税方式は、仕入れや設備投資、経費など仕入れの際に支払った消費税の金額を計算する必要はありません。 売上時にもらった消費税に対して、みなし仕入れ率と呼ばれる…
法人税の課税対象と時価会計の関係

法人税の課税対象と時価会計の関係

経理業務
近年、法人会社による金融投資が増加する傾向にあります。そこで金融取引の実体を財務諸表に色濃く反映させるために、金融商品を時価で会計処理する時価会計が採用されました。 しかし、会計上の処理と法人税法上の課税対象の評価が異なる金融商品があるため、企業側は決算時に法…
法人税減税の影響とは?日本の国際競争力と減税の関係

法人税減税の影響とは?日本の国際競争力と減税の関係

経理業務
近年、法人税減税実施とその効果について、さまざまな論議がされています。法人税減税の主な目的は、海外企業の日本誘致を促進し、日本企業の国際競争力を高めることです。 この効果によって日本経済全体の活性化を図ることが期待されています。 ではなぜ、法人税を減税すると国…
法人税の計算方法を正しく理解していますか?意外とシンプルな法人税の計算

法人税の計算方法を正しく理解していますか?意外とシンプルな法人税の計算

経理業務
法人税は、株式会社や協同組合などの法人が各事業年度に得た課税所得に、一定の税率を乗じて計算します。 法人税の税率は、累進課税の所得税と違い、比例税率(固定税率)ですが、法人の種類や資本、所得金額によって各種の優遇措置がとられています。 ここでは具体的な法人税の…
使途不明金に要注意!注意すべきポイントと使途不明金の税務処理方法とは?

使途不明金に要注意!注意すべきポイントと使途不明金の税務処理方法とは?

経理業務
勘定科目には、給与賃金や水道光熱費はもちろん、旅費交通費のほか、さまざまな経費項目がありますが、曖昧でわかりにくい項目のひとつに、「接待交際費」があります。実際はどこまでが接待交際費として認められるものなのでしょうか? そして、接待交際費として認められず、使途…
知っておきたい支払調書の提出義務者・期限・提出先

知っておきたい支払調書の提出義務者・期限・提出先

経理業務
事業者は、所得税法で源泉徴収が必要とされている報酬等を支払った場合、原則的には支払いをした翌月に徴収した源泉所得税等を国に納付します。この報酬等について、1年間の支払金額・源泉徴収税額等をまとめたものが支払調書です。 今回は、支払調書にはどのようなものがあるの…
法人税の節税対策まとめ!あなたは全部知っていますか?

法人税の節税対策まとめ!あなたは全部知っていますか?

経理業務
法人税は、会社の規模・形態は違っても、法人が営利目的で得た利益に課される国税です。悪意をもって納税の義務を怠る脱税は違法ですが、税金を合法的に節税することは禁じられていません。計画的に節税することは、事業の継続と向上・発展につながります。 法人税とは 個人が事…
計算したら税額が違った?法定実効税率と表面税率の違い

計算したら税額が違った?法定実効税率と表面税率の違い

経理業務
法定実効税率とは所得に対して課税される法人税、住民税、事業税の表面税率を使って所定の方法で計算される総合的な税率のことを指します。表面税率(もしくは合計税率)とは、法律が定めている税率のことを指します。 税金の納付や申告の際には表面税率が、税効果会計の会計処理…
10%増税に備えよう!消費税転嫁対策特別措置法まとめ

10%増税に備えよう!消費税転嫁対策特別措置法まとめ

経理業務
消費税が5%から8%に上がってから、間もなく1年が経過しようとしています。さらに、平成31年10月には10%に引き上げられる予定です。今回は、増税に備えて特に関連性の高い「消費税転嫁対策特別措置法(通称:消費税転嫁法)」に関する知識を改めて復習しておきましょう…
法人税が所得控除されるのはどんな場合?

法人税が所得控除されるのはどんな場合?

経理業務
会社の所得がマイナスになった場合、当該事業年度と、一定の要件の下、次期事業年度以降の所得が控除され、事実上、法人税を納めなくてよくなります。例えば、青色申告書を提出している事業年度の欠損金は、翌年度以降に繰越控除することができるのです。 ここでは、そのような青…
法人税で損金に算入できないものとは?

法人税で損金に算入できないものとは?

経理業務
会計と税務の違い 会計と税務の考え方には、稼いだ儲け(もうけ)の額を計算するという共通点はありますが、儲けを計算する目的において違いがあります。そのため会計上では費用として扱える場合でも、税務上は費用にはならないものもあります。 まずは、会計と税務それぞれの目…
法人税で交際費を処理するときには?

法人税で交際費を処理するときには?

経理業務
企業が営業活動を行う上で、得意先や取引先との飲食などは重要です。ただし、交際費の支出を上限なく認め、接待などの経費を計上していけば、法人税がどんどんと軽減されることになってしまいます。そこで、税法上においては、交際費の損金算入は一部のみ可能という形で限定されて…
源泉徴収票を退職者に渡す際の注意点

源泉徴収票を退職者に渡す際の注意点

経理業務
退職手当や退職一時金などを支払った会社は、 退職者に対し、退職後1ヵ月以内に「退職所得の源泉徴収票」と「特別徴収票」を交付します。税法上、退職所得は給与とは別の方法で算出され、「退職所得の受給に関する申告書」の提出を受けている場合と受けていない場合とでは、源泉…
支払調書の発行義務はあるのか?

支払調書の発行義務はあるのか?

経理業務
書籍等の通販で有名な企業、Amazonが支払調書の送付を停止しました。「企業は必ず支払調書を発行するものだ」、「みんなが発行しているから必要なものだ」と思っていませんか? 結論からいうと、支払調書を報酬等の支払い先に発行する義務はありません。 支払調書とは? …
正しく理解できていますか?支払調書と源泉徴収票の違いとは

正しく理解できていますか?支払調書と源泉徴収票の違いとは

経理業務
支払調書と源泉徴収票とはどう違うのでしょうか。いずれも所得金額とこれに対応する税額を示す法定調書の一種です。 支払調書と源泉徴収票の仕組みについてご紹介します。 法定調書について 報酬や給与等を支払う事業者は、支払の確定した日の属する年の翌年1月31日までに、…
税金を滞納するとどうなる?

税金を滞納するとどうなる?

経理業務
日本に住んでいるかぎり、法律の定めるところにより私たちには納税をしなければならないという義務があります。税金を納付期限までに支払わなかった場合、どのようなことが起きるのでしょうか。今回は、国税(所得税や相続税など)を中心に、税金を滞納したときに課せられる延滞税…
税金の種類にはどのようなものがある?

税金の種類にはどのようなものがある?

経理業務
日本の税金にはさまざまな種類がありますが、税金の分類や体系などはあまり知られていません。個人や法人が支払うべき税金の正しい知識を得ることは、適切な節税にもつながります。今回は、直接税と間接税などの税体系、主な税金の種類についてご紹介します。 直接税と間接税の仕…
知っておくべき外注費と給与の違い

知っておくべき外注費と給与の違い

経理業務
支払った経費が外注費と給与のどちらになるのか、税務調査でよく問題となる点です。 これは、外部の業者への委託や、フリーランスに仕事を依頼するような、建設業やソフトウェア業などでよく見られる事例です。外注費と給与は同じ経費ですが、税務上の取り扱いで大きな違いがあり…
契約書の収入印紙を節約する「第7号文書」に関する節税術

契約書の収入印紙を節約する「第7号文書」に関する節税術

経理業務
収入印紙の節約方法については、前回の『プロが教える!簡単に契約書の「収入印紙代」を節約できる3つの方法』の記事でもご紹介しました。 今回は更なる応用編として「第7号文書」という書類に関する節約術をご紹介します。 業務委託契約書や代理店契約書などの第7号文書はち…
会計初心者に捧ぐ!基礎から学べる目的別「会計本」まとめ

会計初心者に捧ぐ!基礎から学べる目的別「会計本」まとめ

経理業務
書店に行くと会計コーナーや税務コーナーにはたくさんの関連書籍が並んでいます。 とりあえず手に取ってみますが、 「なにを説明しているのかさっぱりわからない…」 「こういう内容の本は持っていた気がする…」 「POPに騙された!」 というのはよくある話です。そこで今…
納税の期限と方法まとめ!法人ならチェック必須の10の税金

納税の期限と方法まとめ!法人ならチェック必須の10の税金

経理業務
起業したときに必ず頭に入れないといけないのが「法人における税金」について。責任ある企業として活動していくためには納税の義務は避けて通ることはできません。みなさんは納税の期限や方法について正しく理解できていますでしょうか? 今回は、法人が納める必要のある税金に関…
領収書のオリジナルデザイン作成におすすめの2つのサービス

領収書のオリジナルデザイン作成におすすめの2つのサービス

経理業務
日々の企業活動の中で、頻繁に発行する機会がある書類の一つに領収書があります。みなさんの会社の領収書は市販のものでしょうか?それともオリジナルデザインによるものでしょうか? こちらのオリジナルデザインの領収書をご覧ください。 参照:ナイスなデザイン領収証 ご紹介…
プロが教える!契約書の「収入印紙代」を簡単に節約できる3つの方法

プロが教える!契約書の「収入印紙代」を簡単に節約できる3つの方法

経理業務
「この契約書にはこの金額の収入印紙」普段、何気なく契約書に決まった額の収入印紙を貼っていませんか? 契約金額が高額であったり、同一の契約書を大量に作成したりする場合、収入印紙の額は馬鹿になりません。しかし、これらの収入印紙はちょっとした工夫で実はかなりの金額を…
契約書に収入印紙が貼られていない場合は無効なの?

契約書に収入印紙が貼られていない場合は無効なの?

経理業務
ビジネスの場において契約書はとても重要です。せっかく成立した商談も無効な契約書を作ってしまっては水の泡となってしまいます。 一方、契約書の種類によって必要な収入印紙の額も200円~60万円まで変わるため正確な金額の収入印紙を貼る必要があります。 今回はどんな種…
役員報酬の決め方の注意点と知っておくべき3つの制度

役員報酬の決め方の注意点と知っておくべき3つの制度

経理業務
例えばあなたが起業した場合、自らが経営者となり、会社の役員となります。特にこれまで会社員だった方は、自分の適正なお給料はいくらにすれば良いのだろうか?と悩んでしまう方も少なくないのではないでしょうか。 また、役員報酬は社長の一存で決めることができてしまうため、…
消費税の中間納付・中間申告が必要なのは前年の納税額が〇〇万円以上の人?!

消費税の中間納付・中間申告が必要なのは前年の納税額が〇〇万円以上の人?!

経理業務
一般的に納税シーズンというと、3月15日が期限となる所得税の確定申告の時期が思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。 もちろんそれに間違いはないのですが、意外に知られていないのが年度の途中に消費税を申告するタイミングがあるということです。 しかし、条件によって…
役員報酬を確実に損金扱いするための3つの注意点

役員報酬を確実に損金扱いするための3つの注意点

経理業務
法人会計において、金額の大きさからも特に重要度が高いものの1つとして「役員報酬」と「役員退職金」が挙げられます。 いずれも金額が決して少なくない額であるため、きちんと手続きを踏まなかったばかりに、経費として認められない(=損金不算入)といった事態は避けなければ…
【法人税まとめ】法人事業税と法人住民税の違いを正しく理解していますか?

【法人税まとめ】法人事業税と法人住民税の違いを正しく理解していますか?

経理業務
会社で納める税金の中でも、特に比重が高いのは何税でしょうか? 例えば、あなたが株式会社として法人登記を行い、ビジネスを始めたとしましょう。そのビジネスで儲けがでたら儲けに対して税金を納めることになります。 この税金を一般に「法人税」と言います。また、法人を経営…
収入印紙の取り扱いに注意!印紙税を納める際に気をつけたい3つのこと

収入印紙の取り扱いに注意!印紙税を納める際に気をつけたい3つのこと

経理業務
「印紙税」や「収入印紙」と聞いて、すぐにピンとくる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか? 「領収書で必要になるもの」くらいしか思い当たらない方も少なくないのではないでしょうか。たしかに印紙税は、日常生活では領収書発行の際に目にすることがほとんどだとは思いますが…
最大1.4倍!?知らなかったでは済まない追徴課税と加算税

最大1.4倍!?知らなかったでは済まない追徴課税と加算税

経理業務
追徴課税という言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。しかし、追徴課税に関して、具体的にどういう状況のときに課税されるかまでご存知の方は少ないのではないでしょうか? 追徴課税は正しい税額を納付していなかったり、税務申告書を提出しなかった場合には課されてしま…
源泉徴収を正しく理解できていますか?フリーランスが理解しておきたい3つのポイント

源泉徴収を正しく理解できていますか?フリーランスが理解しておきたい3つのポイント

経理業務
みなさんは、源泉徴収に関してどのくらいご存知でしょうか? 「会社員の人が給与をもらうときに差し引かれるあれでしょ?」というくらいしか知らないという方も少なくないのではないでしょうか? 実は、源泉徴収は給与所得以外のケースにも該当するため、会社員だけではなく、フ…
売掛金のトラブルを未然に防ぐ!貸し倒れを避けるための正しい対処法とは?

売掛金のトラブルを未然に防ぐ!貸し倒れを避けるための正しい対処法とは?

経理業務
はじめに 企業規模を問わず、事業を行う上でキャッシュフローの管理は、財務面で最も重要な活動の1つと言えるでしょう。損益計算書の売上高、純利益は実際のお金の流れを表しておらず、自社の資金の流れは別に管理する必要があります。 特に、掛取引が多い昨今、代金の回収まで…