飲食業の会計・経理業務とは?

飲食業の会計・経理業務とは?

経理業務
飲食業の会計は、レジで現金を預かる形式のほか電子マネーなど複数の決済方法があり、複雑になりがちです。しかし会計を適切に仕訳して分析することで、経理を経営判断に活かせます。 この記事では飲食業界の抱える課題や売上の計上タイミング、決算などにおける経理上の注意点に…
教育・学習支援業の会計・経理業務とは?

教育・学習支援業の会計・経理業務とは?

経理業務
学習塾などの教育・学習支援事業においては、質の高い教育サービスの提供と経営の両立が必要不可欠です。そのためにも、講師などを雇う人件費などの原価と、その原資となる月謝などのバランスを上手に取り、効率的な会計管理で経営を安定させる必要があります。 そこでこの記事で…
製造業の会計・経理業務とは?

製造業の会計・経理業務とは?

経理業務
製造業とは、モノを製造し卸売を行う業務全体を指す言葉です。製造業の経理を初めて担当する場合、製造業ならではの考え方や仕組みがあり、戸惑っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、製造業の定義、製造業の経理業務で押さえておきたいポイントをご紹介します。 …
建設業の経理にはクラウド会計ソフトがおすすめ!機能から選び方まで徹底解説!

建設業の経理にはクラウド会計ソフトがおすすめ!機能から選び方まで徹底解説!

経理業務
建設業は、商品やサービスを提供する一般的な業種と異なり、特殊な受注形態を持っています。そのため、会計処理にも特殊な処理や判断が求められ、複数の工事を請け負っているとさらに処理が煩雑になってしまいます。複雑な処理に時間がかかりやすいからこそ、建設業の経理にはクラ…
美容室の会計業務を解説!おすすめの会計ソフトは?

美容室の会計業務を解説!おすすめの会計ソフトは?

経理業務
「本業が忙しく会計業務に時間をかけたくない」「毎月の仕訳入力が面倒くさい」という方向けに、この記事はクラウド型会計ソフトで会計業務を効率化するための方法を解説しています。 結論からお伝えすると、クラウド型会計ソフトの自動連携機能でほとんどの仕訳入力が無くなる可…
不動産業の会計・経理業務

不動産業の会計・経理業務

経理業務
不動産の経理業務は、言葉にすると非常にハードルが高そうに思えます。賃料はまだ良いとしても敷金や礼金、滞納や前納の仕訳のタイミング、さらには消費税が課税されるかどうかの基準など、分からないことが多数あるでしょう。 今回は不動産業の経理業務を担当することになった方…
小売業の会計・経理業務

小売業の会計・経理業務

経理業務
小売業の経理は、店舗によって決算における棚卸処理や仕訳などが異なります。また、契約によっても売上額や費用への計上時期が異なり、簿記を理解していても経理方法に戸惑う場合が少なくありません。 この記事では、小売業の概要や売上時期の考え方、決算棚卸処理方法などを小売…
情報通信業の会計・経理業務

情報通信業の会計・経理業務

経理業務
初めて情報通信業の経理を担当する方の中には、「簿記の基本は理解しているが、情報通信業の経理はよくわからない」という方もいるでしょう。 しかし、簿記の基本に立ち返り、自社の人や物の流れに沿って正しいタイミングで仕訳を行えば問題ありません。 そこで、この記事では情…
勘定残高の確認方法と決算締めの流れ

勘定残高の確認方法と決算締めの流れ

経理業務
期末になると資産の棚卸が必要だといわれますが、棚卸の方法は複数あり、どのように評価するのが適当なのかよくわからない場合も多いでしょう。 この記事では勘定残高の締め処理が必要となる背景や具体的な勘定残高の評価方法などについてご紹介します。締め処理の全体像や各残高…
決算修正のやり方と注意点

決算修正のやり方と注意点

経理業務
当年度の決算書を作成する際、すでに確定している過年度の決算書に誤りが見つかる場合があります。この記事では、決算修正の具体的なやり方と、決算修正の結果によって生じる可能性のある税務上の問題点と対処方法について解説します。過年度の決算書に誤りを見つけお困りの方は、…
支払調書とは?支払調書の目的と記載内容

支払調書とは?支払調書の目的と記載内容

経理業務
年末になると企業では支払調書を作成します。支払調書の作成手順自体はそれほど難しいものではありませんが、なぜ年末の繁忙期にこの調書を提出する必要があるのかわからない方も多いでしょう。 この記事では支払調書の概要、記載項目や計算方法についてご紹介します。支払調書の…
複式簿記を成り立ちから理解しよう

複式簿記を成り立ちから理解しよう

経理業務
簿記の技術は何世紀にもわたって世界中で普及してきました。 一見すると複雑なようにも思えるこの技術が会計に役立つのはなぜなのでしょうか。 この記事では複式簿記と単式簿記の違いをはじめ、簿記の歴史、そして複式簿記と会計との関係について解説します。財務諸表の全体像を…
連結損益計算書の作り方

連結損益計算書の作り方

経理業務
グループ企業全体の経営状況を知るためには連結損益計算書が必要です。 しかし個別の損益計算書なら作成できたとしても、連結損益計算書となると記載方法がわかりにくいという人も多いのではないでしょうか? この記事では日々の連結取引が管理できるよう、連結損益計算書の概要…
会計業務におけるエクセルの位置づけ

会計業務におけるエクセルの位置づけ

経理業務
エクセルは非常に操作しやすい表計算ソフトであるため、会計業務に最適だと思う経理担当者も多いでしょう。しかし、真にエクセルの良さを活かすためには、実はエクセルが高いリスクを持つソフトであることも理解する必要があります。 そこで今回は、会計業務にエクセルを使う時の…
摘要欄の有効利用と科目登録のすすめ

摘要欄の有効利用と科目登録のすすめ

経理業務
新しいIT関連サービスの利用料など、これまでにない経費を会計仕訳する際、勘定科目の選択に迷うことはありませんか? 今回は、通信費を例として取り上げ、今までになかった支出があったときの勘定科目の考え方を解説します。必要に応じて補助科目を新規追加するなど、仕訳のし…
電子的に保存する「電子帳簿保存法」と「e-文書法」とは?

電子的に保存する「電子帳簿保存法」と「e-文書法」とは?

経理業務
経理担当として扱う書類は非常に多く、管理の仕方について不安に感じる方も多いでしょう。電子帳簿保存法やe-文書法により一部の文書は電子的に保存することも可能で、紙保管に比べると簡便に取り扱えます。この記事では法人税法や消費税法において保存が義務付けられている帳簿…
貸借対照表の書き方を具体例とともに解説

貸借対照表の書き方を具体例とともに解説

経理業務
会社は確定申告の際に「貸借対照表」を税務署に提出します。 この「貸借対照表」にはその時点での会社の財政状態が表されており、記載事項には会社の純資産(資本)、そして、それを導き出すための資産や負債などがあります。一見すると、書き方が分からない人には煩雑に思えます…
キャッシュフロー計算書は、直説法と間接法どちらが良いか?

キャッシュフロー計算書は、直説法と間接法どちらが良いか?

経理業務
会社の財務において重要な「資金の流れ」のことを「キャッシュフロー」といいます。そのキャッシュフローを把握することが、健全な会社経営には欠かせません。そこで必要になるのが「キャッシュフロー計算書」です。 キャッシュフロー計算書の営業活動によるキャッシュフローの表…
減価償却を正しく理解するための3つのポイント

減価償却を正しく理解するための3つのポイント

経理業務
企業経営者の方や個人事業主の方が、会計処理をする際に大切となることのひとつに減価償却があります。減価償却に関して、ルールが多く、理解するのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか? 今回は、減価償却を正しく理解するために重要となるポイントを3つに絞って解説…
減価償却費の計算方法と償却方法の選び方

減価償却費の計算方法と償却方法の選び方

経理業務
法人税を計算する場合、「減価償却費」は「支出」、つまり損金となります。そのため、減価償却の仕組みを理解してうまく利用することにより、節税につなげることができます。 ここでは、定率法や定額法などの償却方法や、節税できる償却方法の選び方、償却資産の耐用年数を考慮し…
現金出納帳の書き方の基礎知識

現金出納帳の書き方の基礎知識

経理業務
現金出納帳は、現金取引の収入と支出の金額とその内容を記録するものです。事業上、現金の管理において、重要な帳簿になります。今回は現金出納帳の書き方について解説していきます。 現金出納帳とは 現金出納帳は、帳簿の分類では補助簿に該当します。補助簿とは、仕訳帳や総勘…
出納簿ってどんなもの?帳簿の役割と書き方まとめ

出納簿ってどんなもの?帳簿の役割と書き方まとめ

経理業務
出納簿とは事業活動で発生した取引について、勘定科目ごとに記録した帳簿のことです。科目ごとに帳簿が異なり、「現金出納帳」「預金出納帳」「売掛帳」「買掛帳」などがあります。 それぞれの帳簿の役割と書き方をご説明しましょう。 帳簿の重要性 たくさんの帳簿記入は、慣れ…
法定調書とは?知っておきたい法定調書の基礎知識

法定調書とは?知っておきたい法定調書の基礎知識

経理業務
「法定調書」と聞いてどのようなものをイメージするでしょうか。 法律に定められた書面だということは言葉からわかると思いますが、どのような書面なのかといわれるとピンとこない方も多いはず。 しかし、実は意外と目にしている書類です。今回は、法定調書とは何かについて解説…
貸借対照表でよく使われる勘定科目まとめ

貸借対照表でよく使われる勘定科目まとめ

経理業務
貸借対照表は財務三表の一つで、決済日現在の自社の財産や負債が分かる表です。その基本的な構造は、以下の3部で成り立っています。 資産の部:決算日現在の財産 負債の部:決算日現在の負債 純資産の部:決算日現在の資産と負債の差額(正味財産) 本記事では上記の3部ごと…
総勘定元帳を正しく理解していますか?理解しておきたい総勘定元帳の基礎と作り方

総勘定元帳を正しく理解していますか?理解しておきたい総勘定元帳の基礎と作り方

経理業務
仕訳帳とならんで主要簿である総勘定元帳とは、すべての取引を勘定科目ごとに記録するための帳簿です。 総勘定元帳とは何のためにあるのか、勘定ごとに記帳することで何がわかるのかなどを明らかにした上で、仕訳帳から転記して、総勘定元帳を作成する手順について説明します。 …
法人の決算準備のためにしておくべきことまとめ

法人の決算準備のためにしておくべきことまとめ

経理業務
年度末が近づいてくると、やはり気になる決算処理。ただでさえ忙しい年度末に、決算手続きをして確定申告に納税…と毎年頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。 法人決算のために準備しておくべきことについて、今回は会計処理的側面を中心にまとめてご説明します。 そ…
決算月はいつにする?決算月の決め方とポイント

決算月はいつにする?決算月の決め方とポイント

経理業務
日本では決算月を3月と定めている会社が多いですが、これは国や市区町村の会計年度が4月から3月までであることにならったものです。会社の決算月について、何月にしなければならないという決まりがあるわけではありません。 決算月は、会社の実情に応じて無理のないように決め…
決算報告書の書き方をわかりやすく解説

決算報告書の書き方をわかりやすく解説

経理業務
1年間の事業年度が終わると決算を行います。決算の結果は決算報告書にまとめますが、決算報告書は用途に応じてさまざまな種類があります。 ここでは、中小企業が決算報告書を作成するとき、どのようなものを作成すればよいかをご紹介します。 決算報告書の種類はさまざま 決算…
貸借対照表と損益計算書の関係まとめ

貸借対照表と損益計算書の関係まとめ

経理業務
貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)は 、期末決算において作成を求められる決算書です。B/Sはストック情報、P/Lはフロー情報を示します。両者は完全に独立したものではなく一定の関連性があり、双方を正しく作成することで財務分析の精度も向上します。 本記事で…
経理の仕事内容とは?経理業務のスケジュールまとめ

経理の仕事内容とは?経理業務のスケジュールまとめ

経理業務
会社の中には営業部、総務部、法務部、経理部、人事部といった部署がありますが、みなさんはどの部署に属していますか? 中には人事部と総務部が合体していたり、総務部と経理部が合体していたりする会社もあるかと思います。 しかし、そのように経理部と他の部をひとくくりにし…
仕訳帳の書き方の基礎知識

仕訳帳の書き方の基礎知識

経理業務
複式簿記を利用する場合、取引の正確な記録として、まず「仕訳」を行い、仕訳帳に記載していきます。 ここでは、勘定科目を使う仕訳とはどのようにして行うか、そして、それぞれの勘定科目が他の財務諸表上で分類されるどのグループに属するのか(例えば「資産」や「収益」など)…
複式簿記の書き方を正しく理解していますか?複式簿記の基礎知識と書き方まとめ

複式簿記の書き方を正しく理解していますか?複式簿記の基礎知識と書き方まとめ

経理業務
複式簿記の書き方、ご存知ですか? 個人事業主はもちろん、たとえ小規模にしても経営者であれば、また、社会人であれば、複式簿記の書き方の基本は知っておきたいものです。 ここでは、複式簿記の大原則と書き方について、最小限の基本をわかりやすく説明します。 複式簿記の「…
経営には避けられない会計帳簿!経営初心者必見の基本知識

経営には避けられない会計帳簿!経営初心者必見の基本知識

経理業務
会計帳簿は決算書作成の基礎になる! 経営者であればご存知かもしれませんが、会社経営にはたくさんの義務やルールがあります。日本国内で会社を経営するからには、会社法の規定をしっかりと守らなければいけません。 そんなルールのひとつが、「会計帳簿」の記帳です。「会計帳…
簿記の基本をおさえよう!複式簿記と単式簿記の違い

簿記の基本をおさえよう!複式簿記と単式簿記の違い

経理業務
今回は簿記について説明します。簿記には「単式簿記」と「複式簿記」があります。 会計や簿記は難しいところもありますが、知っておくと業績を把握する力や決算書を読み取る力が上がります。ぜひ、これを機に正しい知識を身に付けましょう。 会計と簿記の違い 「会計」という言…
帳簿の種類とそのつけ方

帳簿の種類とそのつけ方

経理業務
帳簿には、主要簿と補助簿という区分があります。ここでは、それぞれの主な帳簿の紹介と、記入のポイントについて解説します。 主要簿と補助簿について 帳簿とは、取引の内容を記録するためのものです。その帳簿は、主要簿と補助簿とに区分されます。主要簿とは、どの会社におい…
試算表の種類と作成方法

試算表の種類と作成方法

経理業務
仕訳や転記などの間違いを見つけるのに役立つのが試算表です。3種類ある試算表について、それぞれの作成方法やメリットを解説します。 試算表とは 試算表は総勘定元帳から数字を転記して作るもので、仕訳や転記、計算上のミスなどがないかを確かめるために使われます。試算表に…
消耗品費と雑費はどうやって仕訳する?

消耗品費と雑費はどうやって仕訳する?

経理業務
消耗品費と雑費の違いについてご存知でしょうか。 消耗品費と雑費は使い分けを迷う方が多い科目です。 それぞれの科目の特徴、実務上の注意点をお伝えします。 消耗品費として経理処理する場合 消耗品費は文字通り様々な消耗性の費用の総称になります。 その厳密な定義は税法…
税効果会計のための法定実効税率の計算方法

税効果会計のための法定実効税率の計算方法

経理業務
税効果会計とは、会計上の費用・収益と税務上の費用(借金)・収益(益金)の額に相違がある場合に、法人税やその他の所得にかかる税金(法人住民税、所得を課税標準とする法人事業税および地方法人特別税)を期間配分することにより、税引前当期純利益と法人税等の税金費用を合理…
国際会計基準の概要と導入のメリット・デメリット

国際会計基準の概要と導入のメリット・デメリット

経理業務
現在、EU(欧州連合)では、連結財務諸表におけるIFRS(International Financial Reporting Standards)の適用を上場企業に義務付けています。また、EU域内ではなくても、EU企業と取引をするかぎりはIFRSやこれに類する…