キャッシュフロー計算書の分析方法

手元にキャッシュがなければ黒字でも倒産する可能性があるため、会社にとってキャッシュの状況を把握することは非常に重要です。この記事ではキャッシュフロー計算書の概念や見方、キャッシュフローの分析方法についてわかりやすくご紹介します。適切なキャッシュフロー計算書の活用法を知り、経営管理に役立てましょう。

キャッシュフロー計算書とは?

キャッシュフロー計算書は、1年間などひとつの会計期間における収入(キャッシュイン)と、支出(キャッシュアウト)を示した財務諸表のひとつです。

メモ

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書をあわせて、「財務三表」といいます。

キャッシュフロー計算書は、損益計算書と似た財務諸表ではありますが、損益計算書が「損益」を表すのに対し、キャッシュフロー計算書は「収支」を表しているという点が異なります。

営業活動によるキャッシュフローの見方

営業活動によるキャッシュフローとは、キャッシュフロー計算書のうち、企業の「営業取引」から生じた収支を表す部分です。
具体的には、次のような取引が対象となります。

・現金での売上取引
・売掛金を現金で回収した場合の収入
・現金での仕入取引
・買掛金を現金で支払った場合の支出

キャッシュフローは、現金で売り上げた場合に収入(キャッシュインフロー)として計上します。また、損益計算書とは異なり、売掛金を回収した場合にも、収入(キャッシュインフロー)として計上します。

営業活動によるキャッシュフローは、企業の資金繰りが正常である場合で、営業活動が順調に推移している場合は、プラス(+)を示します。
そのため、営業活動によるキャッシュフローがマイナス(-)を示している場合は、営業活動がうまくいっていない、または資金繰りに異常が生じていることがわかります。

投資活動によるキャッシュフローの見方

投資活動によるキャッシュフローとは、キャッシュフロー計算書のうち、企業の「投資活動」から生じた収支を表す部分です。たとえば次のような取引が対象となります。

・器具備品を現金で購入した場合の支出
・有価証券を現金で売却した場合の収入

投資活動によるキャッシュフローは、投資を行った場合にマイナス(-)を示し、投資を回収(売却)した場合にプラス(+)を示します。駆け出しのベンチャー企業など、事業活動を拡大するステージにある企業は、通常投資活動によるキャッシュフローがマイナス(-)を示します。

財務活動によるキャッシュフローの見方

財務活動によるキャッシュフローとは、キャッシュフロー計算書のうち、企業の「財務取引」から生じた収支を表す部分です。たとえば次のような取引が対象となります。

・借入金の借入れによる収入
・借入金を返済したことによる支出
・配当による支出

財務活動によるキャッシュフローは、借入などを行った場合にプラス(+)を示し、借入資金を返済した場合にマイナス(-)を示します。何らかの大規模投資を行う予定にある場合、財務活動によるキャッシュフローはマイナス(-)を示します。

キャッシュフロー計算書全体からの分析方法

キャッシュフロー計算書は、上で解説した3つの区分から構成されています。
それぞれがプラス(+)かマイナス(-)かで、企業が置かれている状況がある程度分析できます。

パターン1 企業活動がうまくいっているケース

営業活動によるキャッシュフロー (+)
投資活動によるキャッシュフロー (-)
財務活動によるキャッシュフロー (-)

営業活動によるキャッシュフローがプラス(+)の場合は、本業がうまくいっていると判断できます。また投資活動によるキャッシュフローがマイナス(-)であり、本業から生じたキャッシュインフローを投資に回し、事業領域を広げていることがわかります。
また、財務活動によるキャッシュフローがマイナス(-)であることから、残りの余剰資金を借入金の返済に充てることができていると判断できます。
資金繰りとして問題がなく、理想的な形態といえます。

パターン2  企業活動がうまくいっていないケース

営業活動によるキャッシュフロー (-)
投資活動によるキャッシュフロー (+)
財務活動によるキャッシュフロー (+)

営業活動によるキャッシュフローがマイナス(-)を示すため、本業がうまくいっていません。それ以外のキャッシュフローはプラスになっていますが、これは新規の借入および投資の売却により本業のマイナス分を補っていると判断できます。

パターン3 企業活動が窮地に陥っているケース

営業活動によるキャッシュフロー (-)
投資活動によるキャッシュフロー (+)
財務活動によるキャッシュフロー (-)

営業活動によるキャッシュフローがマイナス(-)を示すため、本業がうまくいっていません。そのうえ、財務活動によるキャッシュフローがマイナス(-)なので、銀行からの借入の返済にも追われている状況が想定できます。また、投資活動によるキャッシュフローがプラス(+)というのは、足りない資金を投資の売却で補っていると推測されます。これらのことより、何らかのテコ入れが必要な状況と分析することができます。

また、キャッシュフロー計算書を利用した分析においては、フリーキャッシュフローという概念も重要です。
フリーキャッシュフローとは、「企業が自分で自由に使えるお金」を示し、次の式により算出できます。

フリーキャッシュフロー=営業活動によるキャッシュフロー+投資活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローがプラス(+)を示し、投資活動によるキャッシュフローがマイナス(-)を示すと仮定すると、残った資金が自由に使えるお金(フリーキャッシュフロー)となります。
通常は、このフリーキャッシュフローを財務活動(資金提供者への還元)に充てる必要があります。そのため、フリーキャッシュフローがいくらあるのかを識別することは、債権者に対する返済能力を識別することに繋がります。

キャッシュフロー計算書を経営管理に役立てましょう

キャッシュフロー計算書は、「企業の資金繰り」に着目し、どのような経営状況にあるのかを知るための重要な財務諸表です。損益計算書上は黒字であっても、キャッシュフローが赤字の場合、「黒字倒産」となる危険性もあります。自社の経営状況を適時に管理し、正しいキャッシュフロー計算書を作成しましょう。

監修:藤沼 寛夫(公認会計士)

ライター 兼 公認会計士
「会計」「税務」「財務分析」について、分かりやすい記事を提供します。
https://fujinuma-write.com/