勘定科目

Pocket

勘定科目とは、取引された金額の性質のことを指し、単純に「勘定」と呼ばれることもある。

また勘定科目は、簿記上では日付と金額とを併せて、具体的に「交際費」や「消耗品費」といった勘定科目を明記することが一般的である。

各勘定科目はその性質から大枠で資産、負債、資本、費用、収益といった分類に分けることが出来る。各分類の一覧を以下の通り。

・資産:現金、預金、売掛金、受取手形、商品(製品)、原材料、仮払金、前払費用、固定資産、有価証券
・負債:買掛金、未払金、借入金、預り金、支払手形
・資本:利益、元入金(資本金)、事業主借
・費用:給与手当、福利厚生費、通信費、水道光熱費、広告宣伝費、交際費、仕入れ、外注費、消耗品費、修繕費、接待交際費、荷造運賃、租税公課
・収益:売上、雑収入

勘定科目は決算や試算表などにも用いられるため、広く一般的に使用されるものを選定することが推奨される。なお、会計科目は法律上の厳格な定義は無い。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。