• 更新日 : 2020年6月10日

車両費とは

車両費とは、会社の経営において使用する、自動車などの車両運搬具を維持管理するために必要な、ガソリン代や車検費用などの経費のことである。

また、車両費には会社の営業に必要とされる自動車などの車両にかかる、強制保険や任意保険などの保険料やオイル料金、自動車税や修繕費などの経費も含まれる。自動車などの車両の維持管理にかかる車両費は、車両費の勘定科目で計上処理することができる。

会計処理をする際には、保険料や修繕費などの補助科目を設けておくと、より管理がしやすくなるという特徴がある。

自動車の使用に欠かせないガソリン代であるが、車両費や旅費交通費消耗品費などの勘定科目を使用して処理することもできる。

とはいえ車両費の管理をする際には、会計処理が複雑にならないように注意が必要である。自動車に係る費用の分類方法としては、自動車保険を損害保険料として、自動車税を租税公課として処理する方法などがある。

<関連記事>
雑費の取り扱いについて
事業主貸と事業主借の違いとは?個人事業主の勘定科目を解説


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。