繰延資産償却

Pocket

繰延資産償却とは、繰延資産を資産計上した際に、会社の本来の営業活動以外の繰延資産に関して、その効果の及ぶ期間にわたって償却処理により決済することである。

繰延資産償却によって計上された資産は、繰延資産償却の勘定項目で管理することができる。繰延資産償却は、企業会計上における損益計算書で使われる勘定項目の一つである。

繰延資産とは、会社が営業活動において支出した経費の効果が、現在だけではなく将来にも継続して及ぶ資産のことである。

こうした繰延資産を効果の及ぶ年数に応じて、経費を計上することができる。

繰延資産償却は、繰延資産償却費という名称でも呼ばれているが、繰延資産計上した資産の種類によって、区別され計上処理される。

開業費や開発費などは、それに費やした経費の影響が、将来にわたって何年にも及ぶため、償却期間の各年度に配分して管理することができる。このように合理的な期間に分散して償却し、営業外費用として計上する。

<関連記事>
開業費償却
【青色申告の書き方】必要書類の書き方について

【おすすめ】確定申告でお困りの方へ

マネーフォワード クラウド確定申告なら

  • 面倒な作業はすべて自動化
  • 万全のサポート体制で未経験者でも安心!
  • まずはお試し1ヶ月無料


マネーフォワード クラウド確定申告を無料で試してみる