社債発行費

Pocket

社債発行費とは、企業が社債を発行する際にかかる経費全般を処理するための勘定科目であり、繰延資産の一つとして定められている。

具体的な社債発行費の例としては、社債募集時の広告宣伝費・金融機関の取扱手数料・証券会社の取扱手数料・社債申込証や社債券などの印刷費・社債の登記における登録税などを挙げることができ、社債発行の際に直接支出された必要経費全般がこれに計上されるが、社債発行差金については含まれないことに注意が必要である。

会計上の処理としては、社債発行費は費用収益対応の原則に基づいて運用期間に応じ按分されることが望ましく、繰延資産として計上されるが、この分類は任意であり一括償却(即時費用化)も認められている。

なお、社債発行費の償却期間は社債運用期間または3年間のうち、いずれか短い方とされており、按分する際にはこの規定に則って焼却処理が行われることとなる。

類似した概念には新株発行費があり、いずれも資金調達を目的とした支出であるという共通点を持つが、新株発行費の場合には償還期限のない支出であるという差がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。