会社の健康状態を表す「貸借対照表」の見方

読了まで約 4
賃借対照表

書店に行くと決算書の読み方に関する初心者向けのノウハウ本が数多くあります。しかし、それらの本は難解な用語が多用されており、最後まで読み切ることができず、途中で挫折したという経験を持つ方は少なくないはずです。

ここでは、難しい専門用語は極力用いずに、経理や会計の初学者でもすらすら読めるように、貸借対照表の読み方を3つのポイントに絞って解説していきます。

貸借対照表とは?

貸借対照表
参照:中小企業庁

貸借対照表を作成する目的

貸借対照表は、ある一時点における会社の健康状態(財政状態)を利害関係者に報告するための書類です。ここでのある一時点とは、基本的には決算日のことを指します。

例えば、3月末日を決算日とする法人の場合は、3月31日付で貸借対照表を作成し、この貸借対照表を作成する基準日を貸借対照表日といいます。

財政状態とは、会社にどれくらい財産(お金や建物等の固定資産)があるのか、どのくらい借金があるのか債務超過となっていないか、というような会社の資産・負債・純資産(資本金や剰余金)の状態を表します。

また、利害関係者とは、株主、経営者、債権者(会社の仕入先や銀行)、債務者(会社の得意先)、その他、会社で働く従業員など、当該会社にかかわる全ての者を指します。

貸借対照表から読み取ることができること

貸借対照表を大きく分けると、右側と左側となります。

左側は資産の部で構成され、資産の部はさらに、流動資産の部、固定資産の部、繰延資産の部に分けられます。対する右側は、負債の部純資産の部により構成され、負債の部はさらに流動負債と固定負債に分けられます。

この右側と左側の最終的な数字が釣り合うことになるため、貸借対照表はバランスシート(B/S)ともよばれます。

貸借対照表からは、会社がどのようにして企業活動に必要な資金を調達しているか、調達した資金をどのように運用しているか、ということを読み取ることができます。

それでは、実際に貸借対照表を読み取るためのポイントを紹介していきます。

貸借対照表を読み取る3つのポイント

貸借対照表

Photo by i_yudai

貸借対照表を読み解くポイントは以下の3つです。この3つのポイントをおさえれば、基本的にはどの大企業の貸借対照表でも読み取ることができるようになります。

1.負債・純資産の部を見れば、会社の資金調達の方法が分かる!

貸借対照表の右側、すなわち負債の部、純資産の部には会社がどのようにして企業活動に必要となる資金を調達したか、という情報が記載されます。

例えば、負債の部に借入金100万円、純資産の部に資本金100万円と記載されているとしたら、会社は200万円の活動資金のうち100万円分は銀行などから借り入れて調達し、100万円分は株主(中小企業においては、株主=経営者であることが多い)から調達した、ということが読み取れます。

2.資産の部を見れば、調達した資金の使い道が分かる!

貸借対照表の左側、すなわち資産の部には会社が調達した資金をどのように使っているか、という情報が記録されます。

例えば、流動資産の部に現金100万円、固定資産の部に建物100万円と記載されているとしたら、200万円の活動資金のうち100万円は建物を購入して使ったが、100万円は手元に現金として保有している、ということを読み取ることができます。

3.資産や負債の分類先が流動、固定のどちらになっているかを考えよう!

資産の部が流動資産・固定資産・繰延資産に、負債の部が流動負債・固定負債に分かれるということを上述してきました。このように資産や負債が流動と固定に分類される基準はどこにあるのでしょうか?

基本的には、貸借対照表日から1年を超えるかどうかがポイントです(一般的にワンイヤールールとよばれます)。1年以内に支払いを行なう、もしくは受けるものは流動に、それ以外のものは固定に分類します。

例えば、流動負債に50万円借入金が計上され、固定負債に50万円借入金が計上されているとしたら、会社には1年以内に返済しなければならない借金が50万円あり、返済日まで1年以上猶予がある借入金が50万円あるということを貸借対照表は示していることになります。

最後に

上記で貸借対照表とは何か、その作成目的、読み取るポイントを解説してきました。
その中でも特にポイントとなるのは以下の2点です。

・貸借対照表は、ある一時点において、会社がどのように資金調達を行ったか、調達資金をどのように使っているか、という情報を示した書類である

・貸借対照表の左側を見れば、資金の使い道が分かり、右側を見れば、どのように資金調達を行ったかが分かる

今はインターネットを通じて、様々な会社の貸借対照表を入手することができます。ぜひ今回の内容を参考に、様々な貸借対照表を読み解いてみてください。

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

監修:三井 啓介 (公認会計士 / 税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。



【おすすめ】会計・経理業務でお困りの方へ

マネーフォワード クラウド会計なら

  • 面倒な作業はすべて自動化
  • 会計情報をリアルタイムで経営に反映
  • 他の会計ソフトからの乗り換えも簡単!
マネーフォワード クラウド会計を無料で試してみる

「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料