財務諸表

Pocket

財務諸表とは、会計期間中の企業の経営状況や財務状態などを、利害関係者に対して明らかにすることを目的に作成する書類のことを指す。

複式簿記により作成され、一般的には決算書と呼ばれることが多い。

会社法や金融商品取引法などで財務諸表の作成が義務付けられており、一般的に妥当とされる会計基準で作成する必要がある。

財務諸表は、大きく分けて以下の3つの決算書により構成されている。

・貸借対照表
貸借対照表はバランスシート(B/S)とも呼ばれ、会計期間中の企業の資産、負債、純資産の状態を表すことを目的として作成する。

・損益計算書
損益計算書(P/L)は、会計期間中の企業の経営成績を表すことを目的に作成される。企業の収益と費用を記し、一定期間にどれだけの利益を生み出せたかを表すもの。収益力や成長性を図る際に用いられる。

・キャッシュフロー計算書
キャッシュフロー計算書は、会計期間における資金の増減(キャッシュフローの状況)を表すことを目的に作成される。営業活動、投資活動、財務活動での区分により表示され、貸借対照表と損益計算書をベースにして作られる。

関連記事

決算書の見方を正しく理解していますか?理解しておきたい決算書の見方の基礎
関連会社と関係会社の違いとは?
一文字違うだけで全然違う!税務会計と財務会計の違い
財務会計と管理会計の違い、ちゃんと説明できますか?基礎から学ぶ企業会計
キャッシュフロー計算書は、間接法と直説法どちらが良いか?



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。