【財務諸表の基礎知識】経営者が知っておきたい3つの書類

読了まで約 5
この記事は1年以上前に公開されたものです。法律・制度などに関して、現在とは異なる内容が含まれている可能性があります。

企業の業績や経営状況を数字で理解するために必須の財務諸表。経営者であれば税務署に対して、毎年決算期に作成・提出しなければなりません。

ここでは「財務諸表」と呼ばれる書類のうち、中心となる3種類の書類(財務三表とも呼ばれる)を紹介します。その名も「損益計算書」「貸借対照表」「キャッシュフロー計算書」です。

「利益を見る財務諸表」損益計算書

損益計算書の概要

財務諸表のうち損益計算書は収益から費用を差し引いた「利益」を見るための書類で、英語では「Profit&Loss Statement」と言うので「P/L」とも呼ばれるものです。

5つの段階に分けて計算し、最終的な「当期純利益」を求める構造になっています。

損益計算書の見方

損益計算書

5つの段階は以下の通りです。

(1)売上高−売上原価=売上総利益
(2)売上総利益−販売費及び一般管理費=営業利益
(3)営業利益+営業外収益−営業外費用=経常利益
(4)経常利益+特別利益−特別損失=税引き前当期純利益
(5)税引き前当期純利益−法人税等=当期純利益

(1)の計算結果を(2)の計算で使い、(2)の計算結果を(3)で使い……というように最初の売上高から色々なものを差し引いて最終的な「儲け」である当期純利益を求めます。

売上原価とは仕入れにかかる費用、販売費及び一般管理費とは人件費や旅費交通費、消耗品費等です。営業外収益や営業外費用というのは利息や配当金、あるいは雑収入・雑損失を指します。言わば中心となるビジネス以外で発生した利益や費用です。特別利益は投資有価証券を売却して得た利益などを指し、特別損失は固定資産を売却した時に生じる損失などを指します。

損益計算書で何がわかる?

この損益計算書でわかるのは端的に「企業がどこで・どれだけ儲けているか」です。

例えば(1)では企業の中心的な事業でどれだけ儲けているかがわかりますし、(3)では中心的な事業以外でどれだけ儲けているかがわかります。利益の大きさを元に、企業の経営状況を分析できるのが損益計算書という財務諸表なのです。

「経営の健全性を見る財務諸表」貸借対照表

貸借対照表の概要

貸借対照表は企業の財政状態を見るための書類で、英語では「Balance Sheet」と言うので「B/S」とも呼ばれる財務諸表の1つです。大きく左右に分かれ、さらに右側が2つのパートに分かれる構造になっています。

貸借対照表の見方

貸借対照表概念図

こちらが貸借対照表の概念図です。資産の運用状況を示す「資産」パートの数値は、「負債+純資産」パートで示される資金の調達状況と常にイコールの関係にあります。

資産パートは集めたお金を何に使っているのかを示し、企業の資金調達源がどれだけ他人から借り受けたお金で成り立っているのかを示しているのが負債パートで、どれだけ自前のお金で経営をしているのかを示すのが純資産パートです。

それぞれのパートの具体的な内容は下図のようになっています。

貸借対照表

貸借対照表で何がわかる?

損益計算書は利益の大きさで企業の経営状況を分析するツールでした。対して貸借対照表は「どんなふうに儲けているか」という利益の「質」を分析するためのツールです。言わば貸借対照表は経営の健全性を示す財務諸表と言えます。

「お金の流れを見る財務諸表」キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書の概要

キャッシュフロー計算書は「お金の流れ」に着目して、「営業活動」「投資活動」「財務活動」の3つの分類で企業の経営を分析するための財務諸表の1つです。

キャッシュフロー計算書の見方

キャッシュフロー計算書とは
こちらがキャッシュフロー計算書の概念図。

「(1)営業活動によるキャッシュフロー」とは企業が中心に据えている事業によって生じたお金のことです。このパートはプラスになるのが基本ですが、プラスの値が大きいほど企業の運転資金が豊富であるという証明になります。逆にマイナスであればその企業はかなり不安定な状況にあると言えるでしょう。

「(2)投資活動によるキャッシュフロー」は企業の投資資金の流れを指します。ここがプラスであるほど固定資産や有価証券の売却を積極的に進めて資産効率を再検討していることがわかり、マイナスであれば設備投資に積極的であるという判断が可能です。

営業・投資以外の資金調達と返済の流れを示すのが「(3)財務活動によるキャッシュフロー」。ここがプラスの場合は借り入れによって調達しているお金が返済しているお金よりも多いことを示し、マイナスの場合は返済がしっかりと行われていることを示します。

具体的な項目については以下の様式例を見てください。

キャッシュフロー計算書で何がわかる?

キャッシュフロー計算書

ボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役であり日経ビジネススクールの講師も務める國貞克則氏によれば、

「キャッシュフロー計算書からは、会社の状態、戦略、経営者の意思などいろんなことが読み解けます」

損益計算書や貸借対照表とともに、うまく使いこなして経営分析の武器にしましょう。

まとめ

損益計算書は「儲け」を、貸借対照表は「経営の質」を、キャッシュフロー計算書は「企業の状態・戦略・意思」を読み取ることができます。これは自分の企業でも同じこと。

財務三表の基本をよく理解して、財務諸表の作成・提出だけ終わらず、自社の経営状況を自分で分析してみてはいかがでしょうか。

関連記事

財務分析を3+1つの視点で分類すると、使いどころが分かる。
キャッシュフロー計算書は、間接法と直説法どちらが良いか?
売上の計上基準の種類とは?

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

監修:加地 延行 (公認会計士 / 税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。



会計業務を自動化! マネーフォワード クラウド会計

「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料