総資産

Pocket

総資産とは、会社が経営を行なうために保有している、全ての資産の総額のことである。総資産は、他人資本と自己資本を足して計算できるのだ。

総資産とは、会社が保有する資産の総額であるが、具体的には流動資産・固定資産・繰延資産を合計したものである。流動資産は、すぐに現金化できる資産のことで、短期保有の有価証券や売却予定の土地などが含まれているのである。固定資産は、土地や建物、機械設備などの固定の資産を表している。繰延資産は、新しい株式や社債の発行など、支払い効果が将来に長続きする費用のことである。総資産はこれら資産の総額であり、会社がいかに安定した財政状態を保持して経営しているかを表す非常に重要な指標となるのである。

会社は株式の発行などにより資金を調達しますが、その集めた資金の合計が総資産として貸借対照表にも記載されます。会社は資金が調達できると、それを元にして、経営に必要な機械設備を購入したり、販売に必要な費用を賄ったりするわけである。とはいえ、総資産を全て使ってしまっては、緊急な必要が生じた時に財政難に陥ってしまうため、ある程度の金額は現金の形で置いておく必要があるのである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。