損益計算書

Pocket

損益計算書とは、財務諸表の一つ。企業のある一定期間における収益と費用の状態を表すため、複式簿記と呼ばれる手法により、貸借対照表などと同時に作成され、その企業の株主や債権者などに経営成績に関する情報を提供するものである。英語表記だと「Profit&Loss Statement」となり、一般的にはこれを略しP/Lと呼ばれている。

貸借対照表が一時点での状況を表すものに対し、損益計算書は一定期間の会社活動を全て集計したものであり、収益を売上高、営業外収益、特別利益の3つに分類。また、費用を売上原価、販売費および一般管理費、営業外費用、特別損失、法人税、住民税および事業税の5つに分類し、5段階の利益、つまり売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益を算出していくように構成されている。

勘定式と報告式があり、一般的には勘定式で行われることが多い。勘定式は右側に収益(売上高)、左側に費用(必要経費と原価)を記載し、その差額で利益を計算するものである。

会社として公表する場合には報告式が使われ、収益と費用を会社の主要な活動別に区分することで、全体の収益と費用との差額である利益だけではなく、区分ごとの利益も計算することが可能である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。