• 更新日 : 2020年6月10日

社債利息とは

社債利息とは、会社の経営において社債を発行した際に、毎年の決められた期日に、社債権者に対して支払う社債利息のことである。

社債利息は、社債に対して支払う利息のことであり、営業外費用として分類し計上する。社債利息は、取引先に社債を購入してもらったことへのお礼として支払う。会社が発行した社債は株式とは異なり、借入金という形の他人資本であるため、利息を支払う必要があるのである。

通常、社債利息を通常の借入金利息と区分するために、支払利息勘定ではなく、社債利息勘定の項目で管理する。社債利息を支払う際には、社債利息の勘定項目の借方に記入して処理する。

一年間の社債利息は、社債の金額に年利率を乗じることで計算することができる。社債権者に対して支払う利息は、社債の額面金額に利率を乗ずることで算出する。

社債利息により、購入してもらう会社にもメリットがあり、社債権者にとっても利息が受け取れて、双方に利点がある。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。