寄付金

Pocket

寄付金とは、国や地方公共団体および組織や団体に対して、会社が金銭やその他の資産を、贈与または無償の供与をすることである。寄付金は、寄附金と表記されることもある。

寄付金とは、組織や団体に贈った金銭や資金のことであるが、反対給付を伴わない任意的な支出であるという特徴がある。

寄付金には、拠出金や見舞金など様々に異なる名目があるが、企業会計上においては、販売費および一般管理費の勘定科目で管理する。

法人税法上において寄付金は、国や地方公共団体への寄付金、財務大臣が指定する寄付金、特定公益増進法人への寄付金、一般の団体や組織への寄付金の四種類に区分することができる。

法律上において、寄付行為を奨励するために、寄付金に対して税金の一部を免除する規定が定められていることが多い。これは寄付金の種類によって異なっており、損金算入が認められながら金額に制限があるもの、または損金算入が認められていないものなどが規定されている。

税制法により一定の制限を規定することにより、告の税収が落ち込むのを防いでいるのである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。