受取利息

Pocket

受取利息とは、会社が金融機関に預けた貸付金や預金に対して受け取ることができる利子や利息のことである。金融機関に貸し付けた金銭に対して受け取った利子や利息は、受取利息という勘定科目で管理することができる。

受取利息は会計処理場においては、営業外収益に含めて管理する。

受取利息と支払利息の両方が同時に生じている場合には、相殺するのではなく別々に分けて計上する必要がある。

銀行への普通預金や定期預金などの預貯金、あるいは国債や社債などに関係する受取利息には、所得税がかかる。

受取利息のみを勘定科目として管理するのが一般的ではあるが、受取利息を受取配当金とまとめて、受取利息配当金という勘定科目で区別することも可能である。

有価証券利息を独立した科目で区別することがあるが、企業会計原則においては、受取利息と有価証券利息を区分しなくてもよい。

会社の経営上、証券取引法の対象となるような業種の場合は、規定に合わせて区別して管理する必要が生じる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。