受取配当金

Pocket

受取配当金とは、会社の経営活動において、所有する株式によって他の法人から受けられる利益の配当金のことである。

受取配当金には、株式によって受け取ることができる中間配当や剰余金の分配、投資信託における収益の配当も含まれる。通常、他の法人から得られた受取配当金は、損益計算上で営業外収益として管理されるが、自社の株式からの配当金は利益として計上できない。

受取配当金は、配当に関係する株主総会決議などで配当金額が決定した日に計上できる。

金融商品会計に関する規定では、予想配当額に基づいて計上できるが、税制法においては処理の仕方が異なる。

受取配当金には、株式や出資金に関係する利益配当や保険の配当金、みなし配当金なども含まれているが、実際に受け取る配当金は所得税が控除された後の金額になる。

受取配当金に対して法人税など二重の課税がかからないように、税引後の配当金に関しては益金不算入とされる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。