剰余金

Pocket

剰余金とは、株式会社の自己資本を構成する主要な要素の一つで、日本の企業会計上では二つの異なる意味を持つ。

一つ目は、企業会計原則の場合で、会社の純資産額となる自己資本の中で、法定資本に区分される資本金以外の部分を意味する。

二つ目は、商法の計算書類規則の場合で、会社の純資産額となる自己資本の中で、法定資本に区分される資本金、法定準備金以外の部分を意味する。

また、剰余金には、資本剰余金、利益剰余金が含まれ、それぞれの定義は以下のとおりである。

・利益剰余金:損益取引の結果生じた剰余金のことで、利益の留保額のことを指す。利益剰余金には、利益準備金、その他利益剰余金、各種積立金、繰越利益剰余金などが含まれる。

・資本剰余金:新株発行、資本の修正のような資本取引の結果生じた剰余金のことを指す。資本剰余金には、資本準備金、その他資本剰余金、資本準備金減少差益、自己株式処分差益などが含まれる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。