会計原則

Pocket

会計原則とは、企業会計におけるルールを定めたものであり、すべての企業が従うべき基準であると考えられ、企業会計における憲法ともいわれる存在である。

第2次世界大戦以前、日本においては企業会計の統一的なルールがあったわけではなく、慣習として発達してきたものであったため企業によって記録内容にはばらつきがあったが、1949年に企業会計制度対策調査会がその中から公正妥当かつ重要な部分を要約して基準として公表したものが、この会計原則である。

会計原則の一般原則には7つの原則が規定されており、真実性の原則・正規の簿記の原則・資本利益の区分の原則・明瞭性の原則・継続性の原則・保守主義の原則・単一性の原則がある。

会計原則に法的拘束力はないが、大企業・中小企業・個人事業主のいずれも、会計処理を行う際には従うべき会計基準とされており、公認会計士が会計監査を行う場合にも会計原則に則っているかどうかが問われる。

現在では会計ビッグバンが進み、新たな会計基準とはそぐわない部分もあるが、依然として重要な原則であることに違いはない。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。