• 更新日 : 2020年6月10日

業務委託費とは

業務委託費とは、企業が本来は自ら行なうべき業務の一部を、他の会社へ依頼した場合の費用のことである。

業務委託費は、支払手数料・支払い報酬・業務委託料などに分けられる。

支払い手数料には、振込手数料や振替手数料などがあり、支払報酬は、税理士報酬のような勘定科目になり、業務委託料は、いわゆる一般的な外注費にあたる人材派遣に関する科目に使われる。

また、業務委託費には仕入れに含まれる税額もあり、給料が不課税取引となる一方で、業務委託費は消費税が課税される課税取引となる。

<関連記事>
会計個人事業主に対する業務委託の正しいあり方|偽装請負とならないためには
知っておくべき外注費と給与の違い
個人事業者が行うべきマイナンバー制度への対応


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。