預り金

Pocket

預り金とは、取引先や自社の役員、従業員などから、その者に対して後日返金する。もしくはその者に代わって第三者へ支払うために、一時的に預かった金銭を管理するための勘定科目になる。

預り金として処理できる対象項目として、税金預り金や社会保険料預り金、役員従業員預り金に預り保証金、財形貯蓄などがある。

営業上、他社より預った金銭および報酬・給料・賃金などから天引きした税金(特別徴収住民税・源泉徴収所得税など)や社会保険料(厚生年金保険料・健康保険料など)が含まれ、原則として1年以内に返却、国・地方公共団体・健康保険組合などに対して納付することをもって流動負債として処理されます。

預り金は現金として保管されることもあるのですが、通常の場合は当座預金などに預金して保管されることが多くある。

預り金として処理された金銭は、返却・納付するまでの期間が空いてしまうことが多いため、企業の運転資金として流用してしまい、問題になることもある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。