売上高経常利益率

Pocket

売上高経常利益率とは、会社が営業により利益を上げる本来の能力を判断するための指標のことを指す。

売上高経常利益率 = 経常利益 ÷ 売上

の式で計算することができる。

売上高経常利益率を分析することで、現在の営業成績を会社の過去の営業成績や、同業他社の営業成績などと比較することができる。高い水準を保った営業収益に、資産の運用などで得られる営業外収益が加わるのが、理想的な経営状態とされる。反対に営業利益が非常に低く、経常利益において営業外収益の占める割合が大きい場合には注意が必要になる。

売上高経常利益率を高く保つために、売上高総利益率を意識することが第一に考えられる。そのための方法として、売上原価をできるだけ抑え、売上を大きくするということがある。また、経理などの経営部門を調整し、商品の販売に必要な費用を低くすることで、売上高営業利益率を改善できる。こうした改善を加えることで、最終的に売上高経常利益率を改善できる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。