退職給付会計

Pocket

退職給付会計とは、退職年金や退職一時金など、会社の従業員に対して退職の際に支払われる退職金に関係する会計のことである。

一般的に退職給付は、会社にとっては従業員へ支払う必要のある負債として計上される。通常、従業員の会社での在籍期間が長くなればなるほど、退職給付の支払額が増えていく。

退職給付会計では、会社の従業員が退職した時に支払うべき退職金の金額と、現時点までに生じた退職金の金額を会計上で計上することになる。

このように退職給付会計は、会社が将来支払うべき年金にかかるコストを時価評価するという制度である。

会社が退職金を支払うまでには何年もの期間がかかることがあるため、毎期の退職給付額を正確に見積もる目的で、退職給付会計が規定されている。

退職金には退職一時金や退職年金があるが、従業員が自分の都合で退職する場合と定年退職では、退職金支給の給付方法や計上方法がそれぞれ異なっている。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。