株主資本

Pocket

株主資本とは、貸借対照表において純資産の項目に記載されている合計の金額のことである。

また、株主資本は、純資産や自己資本とも呼ばれ、株主に属する純資産のことを指している。

株主資本は、株主が払い込む資本金および資本準備金と、利益準備金および剰余金で構成される。

株主資本は、会社が経営を行なうために必要な資金となるため、株主資本利益率や株主資本配当率といった利益率や、株主に対する利益の還元比率を表すための指標となる。

株主資本の大きな特徴としては、返済を必要としない資金という点が挙げられ、会社が安全に経営を続けるための指標として用いられる。

株主資本は、一株ごとの株主資本として、株式を投資するための価値を計る基準としても利用されている。

株主資本は主に、資本金・資本余剰金・利益剰余金・自己株式などから構成されている。貸借対照表にある純資産の数値から、少数株主持分などに当たる金額を引いたものが、株主資本となる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。