会計監査

Pocket

会計監査とは、企業や公益団体などの会計処理に関し、一定の独立性を持つ組織によって監査や最終的な承認を行うことを指す。

大半の大手企業では、監査法人に所属する公認会計士によって、決算書がルールに従い作成されているか、またその会社の実態を正格に表しているか等が確認されている。

一般的には企業に対して行なう監査を会計監査、行政機関などに対して行うものを会計検査と呼ぶ。

企業に対する監査は、会社法により実施が決まっており、監査役か監査役会がその業務を遂行する。会計監査の対象は会計記録であり,業務全般に関して調査する業務監査とは区別される。

会計監査は「重要な虚偽の表示」の排除を目的としており、細かい虚偽表示の排除が目的ではない。その理由は、全ての会計取引を調査することが現実的ではなく、困難なためとされている。

国への監査は会計検査院が行い、承認は国会が行う。
そのため、会計検査院は監査業務を行うが、承認を単独で行うことはできない。

行政機関の監査を行なう際の目的は、不正や不合理性の発見、その使途が予算の目的に合致したものであるかのチェックとなる。

従って、企業の会計監査が妥当性・適正性監査となるのに対し、行政機関の場合は基本的には違法性検査となる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。