自己株式

Pocket

自己株式とは、株式会社が発行する株式のうち、自社で取得した上で保有している株式のことを指す言葉であり、「金庫株」と呼ばれることもある。

かつては、インサイダー取引や株価操縦といった悪用を防ぐために、自社株の取得は法律で原則的に禁止されており、消却やストックオプションといった特定目的に限って認められているものであったが、2001年の商法改正によって解禁され、無制限かつ無期限の保有が認められるようになった。

自己株式は再放出や消却も認められており、現在では機動的に自社株買いを行うことができるようになったが、従来懸念されていたような悪用を防ぐためのルールも明確に設けられており、一日に注文できる数量や値段などは制限されている。

自己株式を取得するメリットとしては、株式の消却などによって財務指標を改善したり、配当に充てる費用をカットする効果、ストックオプションへの活用などが挙げられる。

しっかりと特性を把握した上で活用すればデメリットはほとんどないが、自己株式は他の資産のように譲渡や売却ができないため、資金に余裕のない会社の場合は慎重に行う必要がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。