有償減資

Pocket

有償減資とは、資本金を減少させる「減資」という手続きのうち、その結果生じた剰余金を株主へ支払うことを目的として行われる減資のことをいう。

資本金を下げると会社の規模は縮小することになるが、原則的に減資は実際の事業規模を縮小させることを目的として実施されるものではなく、会社の業績が芳しくないときの一時的な対処として行われる手続きである。

減資の目的は「欠損の補填による経営立て直し」・「株主への財産の払い戻し」・「更正等その他の目的」の3種類に分類することができるが、有償減資はこのうちの「株主への財産の払い戻し」を目的とする場合に行われる減資の方法である。

株主への配当を出す意思と財産がある場合でも、金銭の財産がなければ配当金を支払うことはできず、また株主側からしても物的な配当をもらっても嬉しくはないため、資本金を下げることによって剰余金を生じさせ、株主配当の財源とするものである。

有償減資の手続きは、取締役会などで意思を決定したあと、株主総会の特別決議によって承認されることで行われる。

<関連記事>
資本金、資本準備金、資本剰余金をわかりやすく解説!
その他資本剰余金とは

【おすすめ】確定申告でお困りの方へ

マネーフォワード クラウド確定申告なら

  • 面倒な作業はすべて自動化
  • 万全のサポート体制で未経験者でも安心!
  • まずはお試し1ヶ月無料


マネーフォワード クラウド確定申告を無料で試してみる