営業外収益

Pocket

営業外収益とは、企業が本業以外の活動により経常的に得ている収入のことを指す。場合によっては、営業外利益ともよばれる。営業外収益に営業利益を加算することで会社の事業活動全体のよる利益を表している経常利益を算出することができる。

営業外収益は、基本的には財務活動の結果として得られるもののことを指し、預金などから得られる利子のことを指す受取利息、保有している株式などから得ることができる配当金のような金融上の収益の他に、保有している有価証券の売却を行なったときに発生する利益のことを表す有価証券売却益や保有している不動産を賃貸に出した場合に得ることができる不動産賃貸収入などが含まれる。

一方で注意が必要な点として、投資有価証券売却益や子会社株式売却益のようなものが、営業活動以外で、臨時的なものや突発的に生じた利益のことを指す特別収益に含まれるという点がある。

なお、営業外収益は、損益計算書上では営業外費用とともに営業外損益を構成している。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。