キャッシュ・フロー計算書

Pocket

キャッシュ・フロー計算書とは、企業の一会計期間におけるキャッシュ・フローの状況を利害関係者に報告するために作成される財務諸表のことを指す。

C/Fと表記されることもあり、会計期間における資金の増減、つまり収入と支出を営業活動、投資活動、財務活動ごとに区分して記載される。

企業会計において、損益は必ずしも現金などの収支とは一致せず、損益計算書上は多額の利益があっても現金が不足すれば企業は倒産(黒字倒産)する。

キャッシュ・フロー計算書の作成目的は、損益計算書とは別の観点から企業の資金状況を開示、すなわち企業の現金創出能力と支払い能力を査定するのに役立つ情報を提供すること、また利益の質を評価するのに役立つ情報を提供することにあるとされていて、上場企業では2000年3月期から作成が義務付けられている。

明確になるのは「キャッシュを生み出す現金創出力」「資本の活用方針」「借入金に掛かる支払利息の負担能力」「外部からの資金調達への依存度」「収益の質と量」といった利害関係者にとって有意義な情報である。

21世紀初頭現在では、主要な先進国の企業会計制度において、貸借対照表と損益計算書に次ぐ第3の財務諸表として位置づけられている。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。