新聞図書費

Pocket

新聞図書費とは、会社の経営や営業に必要とされる、研究や調査、統計などを目的に購入される新聞や書籍、定期購読雑誌など図書に要する経費のことである。

新聞図書費に含まれる経費には、新聞や書籍、参考書や雑誌などが含まれている。雑誌にも様々な種類があるが、専門誌や業界誌だけでなく定期購読の雑誌やマンガなども新聞図書費に入る。とはいえ全ては業務に関係があるか、従業員のために購入する経費である必要がある。

定期購読の場合は、まとめて費用を払うことも多いが、その場合は購読料を支払った時点で経費として計上することができる。

会社の経営に必要とされる書籍購入費や雑誌購読料などの経費は、新聞図書費の勘定科目で管理することができる。会社として安定した営業を行ない、将来に向けて成長するためには、絶えず新しい情報や業界の動向を知っておくため、新聞代や地図購入代を支払って社会情報を得る必要がある。そのため新聞図書費は、会社や従業員が成長するために必要な経費である。

<関連記事>
起業を考えているなら!知っておきたい開業費の節税ポイント10選
【青色申告の経費】青色申告で認められる経費の内容

会計ソフト乗り換えで、Amazonギフト券5万円分プレゼント!