支払利息

Pocket

支払利息とは、会社の取引経営において、銀行など、金融機関からの借入金や取引先からの社債などに対して支払う必要がある利息のことである。

支払利息は、借入金額に年利率と借入期間を乗じて、365日あるいは12ヶ月で割ることにより計算できる。

支払利息は、借入金の元金と利息の金額を返済する際に、支払利息勘定を私用して管理することができる。

利息を前払いしている時には、決算をする際に前払費用に振り替えを行ない、前払利息の勘定科目で管理することができる。

とはいえ、金額的に重要でない費用の場合には、毎期継続することを条件にして、前払利息として管理しないこともできる。

支払い日がまだ来ていない利息がある時には、未払費用として計上でき、未払利息の勘定科目で管理できる。支払日が来ているにも関わらず、未払いの利息がある時には、未払金として管理することができる。

銀行などから融資を受ける場合の保証料も、支払利息として管理することができるのである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。